( 'ω')ŧ‹"ŧ‹" 栗の季節だよね。

【レビュー】”ハイレゾ音源対応ヘッドフォンONKYO E700MB” ゾクゾクする…は嘘じゃねぇかも。

レビュー

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(ノシ ‘ω’)ノシ バンガン 猛烈に秋空を所望している。

ですね。

ねこーん

全然、紅葉を撮りに行けていない。雨に台風…10月だぞ?わかってんの?来週こそ行くぞ!

ここから本編

今回の話題は【レビュー】です。

(゚д゚)(。_。)ウン ゾクゾクするらしい。

怖いんですか?

ねこーん

今回の商品について、音楽に詳しい後輩へ意見を収集。「今まで、どんなヤツを使っていたんですか?」と、完全に上から目線で質問をする後輩。

(`・ω・´)ゞ 「出張先で見つけた、980円のヤツを使ってます。」

安上がりですね。

ねこーん

そうやって素直に答えて見たんです。「それなら、ましゅーさんでも分かるかもしれません。」。

(。´・ω・)? …でも?

少し引っかかる所もありましたが、後輩曰く、違いは分かるだろうとのお答え。ならば…買ってみよう!

紹介商品” ONKYO E700M-B マイク付きインナーイヤーヘッドフォン

今回紹介する商品はマイク付きインナーイヤーヘッドフォン” ONKYO E700M-B”です。

ONKYO E700M-B マイク付きインナーイヤーヘッドフォン

「ハイレゾとはどうなのか?そして、なんなん?」って感じで購入。ゾクゾクするらしい。でも、試してみないとわからんもんね。

商品紹介

( ゚д゚)ウム それでは、早速ドゾ。

ですね。

ねこーん

外観

うん、高価になると、イヤフォンは豪華な箱に入るらしい。(笑) 箱に書いてある”Hi-Res”の字が輝いてますなぁ。

( ゚д゚)ウム 期待できるよね。

そうですね。

ねこーん

内容物

豪華です!こうやられると、尚更、気分が盛り上がります。

フルオープン

大きさが違うラバーも入っており、必要十分な感じ。

アップ

マイク…まだ使ってないな。

話し相手も居ませんもんね。

ねこーん

(  ̄っ ̄)ムゥ そんな事はないぞ。

取り出し

専用のケースもついています。あと、線が太いですね。意外と身に着けているときはコレが邪魔かな。という感じです。イヤフォンがハイレゾでも、再生機がハイレゾ対応でないと意味がない。

でも、僕の場合は、スマホがXperiaなので問題なし。Sonyが発売しているだけあって、ハイレゾの再生が可能となっています。また、Sonyのスマホになりますので、”DSEE-HX”の技術も搭載。

DSEE-HXとは?

MP3等の圧縮された音源をハイレゾ音源級までアップスケーリングする技術。 この技術のおかげで、今までの音源もハイレゾ並みの高品質にて聞くことが可能となる。

ちなみに、他メーカーさんも同じような技術を開発していますが、アップスケーリングとしては、 ”DSEE-HX” が有名ですね。

感想&まとめ

そんな知識を入れて、音源を聞いてみました。

すげぇ…。確かにゾクゾクする!

ちなみに、僕が聞いたのはハイレゾ音源のクラシック。正直ね、そこまで変わらんだろうと思ってた。でも、ソレは大きな誤りでしたね。いやいや、マッタクの別物だった。

(;^_^A 今まで聞いてたのって…。

技術の進歩ってスゴイデスネ。

ねこーん

例えば、「管楽器のブレス音だったり、パーカスを軽く摩る音だったり…。」目の前にオーケストラがいるんじゃなくて、オーケストラの中に自分がいるカンジ。これがハイレゾ音源の情報量なんでしょうね。

また、音が耳の奥ではなく、頭のてっぺんで再生されているカンジ。本当に3Dな感じに聞こえます。

Σ(・ω・ノ)ノ! すげぇな!おい!

驚いてばかりですね。

ねこーん

また、過去の音源をDSEE-HXで聞いてみたんですが、確かに良くなります。しかし、「これから購入する音源はハイレゾ対応の方がぜったい良いです!」感動を知ったら戻れなくなる。この臨場感はタマリマセン。

いやいや、良い買い物をした。

これからは、このイヤフォンで音を聞きながらブログを書きます。

( ̄ー ̄)ニヤリ いや、はかどっちゃうね。

そうだと良いですね。

ねこーん

そこのアナタ!チャンスがあれば、ハイレゾ音源試してくださいね。

( ゚д゚)ウム 今回はこのくらいかな。

し~ゆ~。

ねこーん

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください