( 'ω')ŧ‹"ŧ‹" 栗の季節だよね。

【映画】”ブレードランナー ファイナルカット” 復習が必要だと思うんだ、存分に楽しむためには。

映画

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

( ゚д゚)ウム また、始まってるよ。

掘り出し物、探しですね。

ねこーん

”楽天マラソン”が始まりました。でも、今回の買い物は少な目かな。もうすぐ、デカい買い物をする予定ですからね。何を買うかははまだ秘密ですが、ちょっとお金を置いとかないと。

ここから本編

今回の話題は【映画】です。

( ̄。 ̄)ホーーォ そう来た。

面白いですね。

ねこーん

リメイクではなく、続編。そう来たか…との思いの方が強いです。とりあえず、観にいくけど。

そんな作品が、”ブレードランナー 2049”です。

しかし、作品を存分に楽しむためには、復習が必要だと思っちゃったんです。

作品について

(゚д゚)(。_。)ウン 面白かったよな~。

名作ですよね。

ねこーん

今回、紹介する作品はコチラです。

ブレードランナー ファイナルカット

原作について

言わずもがな、アメリカのSF小説の大家”フィリップ・K・ディック”氏の「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」が原作となっています。1968年に書かれた小説なんですけど、人間とアンドロイドの関わりを中心に書かれており、アンドロイドが苦悩する様は、現代のAI論争にも通ずるものがあります。

「人間が想像できることは人間が必ず実現できる。」

と言うのは、フランスの作家”ジュール・ヴェルヌ”氏の言葉ですが、ブレードランナーなんかを見てるとその通りだな…なんて思います。

出演者

監督 リドリー・スコット
リック・デッカード ハリソン・フォード
ロイ・バティー ルトガー・ハウアー
レーチェル ショーン・ヤング
ガフ エドワード・ジェームス・オルモス

(゚д゚)(。_。)ウン ハリソン・フォードがカッコ良いのよ。

この頃から大活躍だったんですね。

ねこーん

作品内容

時は2019年、退廃した世界は人間とアンドロイドが共存する世界となっていた。

レプリカント(人造人間)は、知識や身体能力において人間以上であり、労働力として必要不可欠な存在だった。しかしながら、彼らは致命的な問題を有していた。それは、製造されて幾許かの年月が流れると、自我を持ち始めてしまうコトであった。

自我を持ち、暴走してしまうコトへの対策として、彼らには4年間の寿命しか与えられていなかった。しかしある日、5人のレプリカントが脱走し、地球へ舞い降りた。

自分たちの創造主を探し、生き延びるために。

そのレプリカント達を抹殺するために、ブレードランナー(リック・デッカード)が地球へ派遣されたのであった。

ましゅーの評価

( ゚д゚)ウム 評価してみるか。

作品評価
演出
(3.0)
ストーリ
(3.5)
役者
(3.5)
総合
(3.5)

(゚д゚)(。_。)ウン 名作だね。

色褪せないですよね。

ねこーん

僕の感想

(`・ω・´)シャキーン では、感想を。

よろしくお願いします。

ねこーん

映画好きとSF好きな人は観て下さい。

「退廃した未来観やどこまでも続く人間のエゴ。」ソレだけでも見ごたえがあります。また、最後に魅せるデッカードとバッティ(ルドガー・ハウアー)との激闘を必ず観て下さい。バッティの最後のセリフは涙ながらにしか観れません。

本当の人間らしさとは?

人間が人間である意味とは?

レプリカントと人間の違いとは?

すべてのSF作品に脈々と流れる考えだと思います。僕が好きなアニメ”攻殻機動隊”もそうだと思いますし、playstationのゲーム”デトロイト”なんかはモロだと思います。

ファイナルカットでは、デッカードもひょっとしたら自我を持った…。なんて描写が描かれています。なので、オリジナルと見比べてみるのも面白いかも。(ちなみに、”ブレードランナー2049”には、デッカード役の”ハリソン・フォード”も出演しています。)

SF好きなアナタ!ブレードランナー2049を観に行くなら、復習しておかないとダメですよ!

ではでは…。

映画って本当に楽しいですね。また次回の映画紹介でお会いしましょう。さよなら×3

(。・ω・)ノ゙ し~ゆ~。

ゆ~。

ねこーん

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください