(・ε・)ムー  ムシムシする。

【映画】”本能寺ホテル” 綾瀬はるかさん出演。ありがちですが、面白い。

映画

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(/・ω・)/ この週末も歩いたよ!

頑張りましたね。

ねこーん

うん、前回と同じく7km歩きました。何とか1時間をきりたいんですケド、今回は1h20mの結果となりました。(前回より10m早いというコトで。)あまり無理せず、速度を上げてゆきたいと思います。

もうちょっと慣れてきたら、あると便利なモノとか記事にしてみます。

ここから本編

今回の話題は【映画】です。

(・ε・)ムー  不思議な人だね。

独特なリズムがありますよね。

ねこーん

作品について

(´・ω・`) お腹が空きました。

なんか食べましょうか?

ねこーん

”綾瀬はるか”さんって不思議ですよね。綺麗ですし、ホンワカ具合が可愛いですし。でも、横顔を見ると顎がカイジなんですよね。しかし、観ているうちにあの顎が良いようにも感じます。なんだろ、痘痕も靨みたいな感じですかね。不思議な人です。でも、近くで見ると驚くほど美人なんだろうな。

そんなこんなで、今回紹介する作品はコチラです。

本能寺ホテル

( ゚д゚)ウム 面白そう。

いいですね。

ねこーん

原作について

原作はないみたいです。一応。しかし、事の真意はわかりませんが、盗作疑惑があったとか無かったとか。”プリンセス・トヨトミ”で有名な万城目さんの企画をパクったとかパクらなかったとか。

盗作疑惑のソースは万城目さん本人のツイートが始まりなので、「さもありなん。」と言ったトコロ。まあ、真相は闇の中ですので、「思いっきり黒に近いグレー。」な気もしますけど。

出演者

監督 鈴木雅之
倉本繭子 綾瀬はるか
織田信長 堤真一
吉岡恭一 平山浩行

( ‘ω’)ŧ‹”ŧ‹” 悪くはない。

何を食べてるんですか?

ねこーん

作品内容

勤めていた会社が倒産し、やるべきことが見つからなくなった”倉本繭子”(綾瀬はるか)。付き合っていた彼にプロポーズされ、やりたいことが見つからないなら…と永久就職である結婚を考える。

結婚の話はずんずん進み、繭子は彼の両親へ会いに京都を訪れる事に。

京都では”本能寺ホテル”に泊まることになったが、エレベーターを降りると、そこには本能寺の変が起きる前日だった…。

みたいなストーリです。

ましゅーの評価

( ゚д゚)ウム 評価してみるか。

作品評価
演出
(3.0)
ストーリ
(3.0)
役者
(3.5)
総合
(3.0)

(-ω-;)ウーン 悪くないんだけどな。

ですね。

ねこーん

僕の感想

(`・ω・´)シャキーン では、感想を。

よろしくお願いします。

ねこーん

時代劇&タイムスリップ…ありがち。でも、エンターテイメントとしてはアリ。

みたいな感じです。

内容についてはあまり特筆するコトもないんですが、少し気になることを書いておきます。いやいや、何も考えずに見れば面白いんだけど。

織田信長って映画によってイロイロと変わりますよね。

例えば、

  • 縛られることを嫌い、独力で日の本を収めようとした豪傑。
  • うつけと呼ばれたがその考え方はまさに自由。
  • その合理的な考え方で、古い考えを駆逐し、日本を大きく発展させた男。

という、スゴイ漢、信長。このタイプの信長は悪童だけど憎めず、その豪快さによって皆に慕われる信長です。

と思えば、

神をも恐れぬ悪徳ぶりで、比叡山を無慈悲に焼き落とした”第六天魔王信長”。(ちなみに書物では、信長自らがこう名乗ったと残っています。)こちらの信長は魔王として描かれます。

( ゚д゚)ウム 確かに本能寺の変での業火は…

地獄の業火にも通ずるのかも知れませんね。

ねこーん

今回の信長はどちらなのか?信長と出会い、繭子は何を感じるのか?に楽しさを求めたんですが…。うーんって感じ。ちょっと中途半端なような、そうでないような。

あと気になると言えば、やはり盗作問題。面白い作品でも盗作はアカンし、ひょっとしたら、元ネタを作った人の方がもっと面白いストーリを考えられるかも知れんし。そう考えると…。

そういう事をあまり気にせず、楽しんだら、良いエンタメ作品だと思います。興味がある人は観て下さいね。

ではでは…。

映画って本当に楽しいですね。また次回の映画紹介でお会いしましょう。さよなら×3

(。・ω・)ノ゙ し~ゆ~。

ゆ~。

ねこーん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください