(☼ Д ☼) クワッッ!!! 俺の背後に立つな…

【映画】”スターウォーズ” スペシャルな日を作らないと。

映画

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

((((;゚Д゚))))ガクブル 本気で寒いです。

凍えそうですよね。

ねこーん

今年はホワイトクリスマスになるかもしれん。うん、愛媛はね。

ここから本編

今回の話題は【映画】です。

今回は趣向を変えて、有名シリーズである”スターウォーズ”を紹介したいと思います。

( ゚д゚)ウム たまにはこんなのも。

良いかも知れませんね。

ねこーん

スターウォーズシリーズ

(゚д゚)(。_。)ウン 今さらだよね。

SF映画のマスターピースですよね。

ねこーん

遠い昔、遥か彼方の銀河で…

幼き頃に感じていた。僕は騎士になるんだと。

悪しきものを駆逐し、弱きものの光となる。歪み始めた世界に秩序を取り戻せるのは自分だと感じていた。

いつからだろう、自分の行為が間違っていると感じたのは。

いつからだろう、心の闇に気付いたのは。

いつからだろう、誤っていると思いながら、後に引けなくなった自分に恐怖を感じたのは。

しかし、行くしかないのだ。私は私の正義を貫くために…。

( ^ω^)…ナンテコトヲカイテミル。

いや、ストーリとは全く違うんですが、何となくこんなことを感じちゃうんです。

今回は作品を紹介するのではなく、計画している事を書きます。

壮大なる計画

その計画とは、「休み中にスターウォーズDayを作ろう!」というコトです。

(゚д゚)(。_。)ウン エピソード8も上映されたしね。

楽しみですよね。

ねこーん

いま一度、再勉強するためにも、ゆっくり全シリーズを見たいなぁ…と思っています。(エピソードⅠ~エピソードⅦまでね。)

ちなみに、僕がスターウォーズシリーズと言われて思い出すのがコレ。

スターウォーズ オリジナルトリロジー エピソードⅣ~エピソードⅥ

(゚д゚)(。_。)ウン 始まりにして。

傑作ですよね。

ねこーん

スターウォーズシリーズと言えば、「エピソードの途中から劇場上映が始まったのは有名な話。」人気がなければ残りを撮影できなくなるので、いちばん面白い章から映画化したとか。仮にお蔵入りになるにしても、エピソードⅣだけは撮りたかった。とか、イロイロな噂があります。

内容については超有名ですので、ここでは割愛。知らない人の為に言えば、「ある銀河系の壮大な叙事詩。」とだけ言っておきます。

その練り込まれた世界観と、わかり易くも複雑に絡み合うストーリーで爆発的な人気となりました。まさにSF映画のマスターピース、金字塔です。

映画の原作を考えた人は、エピソードⅣの監督でもある”ジョージ・ルーカス”氏。この映画の他、”インディジョーンズシリーズ”とかの撮影でも有名な監督さんですね。

すべてに絡んでいる訳ではない

”ジョージ・ルーカス”氏が生み出したスターウォーズですが、すべての制作に絡んでいる訳ではアリマセン。氏が制作に絡んでいるのはエピソードⅣ~Ⅵ。

そして、

スターウォーズ プリクエルトリロジー エピソードⅠ~エピソードⅢ

までとなります。

ですので、スターウォーズもエピソードⅢの上映を持って、一度は終了しました。しかし、スターウォーズを作成していた”ルーカスフィルム”が、某ネズミの国に買収されることになります。(2012年のコトです。)

そして、このシリーズには充分な興業が見込めると思ったのか、スターウォーズ新エピソード作成が高らかに宣言され、現在に至ります。

まとめ

ルーカスが離れてからのスターウォーズは趣が変わったとも言われます。娯楽色が更に増した作品と言われています。

とは書いたものの、エピソードⅧをまで観ていないので、冬休み中に勉強し直してその噂の真意を確かめて来ます。皆さんも、壮大な叙事詩を楽しんでは如何ですか?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください