ヾ(*´∀`*)ノ 新しいのって楽しい。

【本】”新年初!本屋の日” やはり楽しい。ツカレタけど…。

読書

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

※本が題材の時はしばらくこの文章を書きます。

ましゅーはリアル書店を応援しています。また、紙媒体の本を応援しています。

電子媒体を否定しているわけではアリマセン。電子媒体はとても便利で、これからの読者のため、また、活字好きな人の為に大活躍するツールだと思っています。ですが、電子媒体が便利だからと言って、紙媒体が失われてゆくのはとても惜しいコトだと思っています。

紙媒体に触れながら読む本は、電子媒体とまた違った味わいがあってよいと思うのです。

例えばコーヒーで汚れてしまったり、古くなって黄色くなってしまったり…。紙媒体の本は時が経つにつれ、汚れ、風化し、朽ちてしまいます。しかし、それらすべてがその本の年輪となり、持ち主と共に成長してゆくのだと思います。

何十年か後…、貴方は大きくなり、幼き頃に読んだあの本を、自分が尊敬する人から頂いた本を、母が呼んでくれたあの本を、そっと手に取りゆっくりと読み返してゆく。

その贅沢を想像するだけで身が焦がれる気持ちになれると思うのです。

ましゅーは勝手にリアル書店を応援してゆきます。

僕も応援してゆきますよ。

ねこーん

ここから本編

今回の話題は【本】です。

イマ、ナニカを求めてみよう。

欲しいもの、欲しくないもの、手に入るもの、手に入らないもの。

今、全てに手を伸ばしてみよう。

欲しくても手に入らないもの。欲しくなくても手に入るもの。それらに抗うことなく、”縁”を感じられたら、僕はひとつ、自分のステージを上げることが出来る。自分が欲しがる答えはすぐそばにある。

…ただ、気付いていないだけ。それならば、求めることから始めることだ。考えすぎず、動き始めることが大切なんだ。

(^ω^)… ナンテコトヲカイテミル。

いやー、今回は本の紹介ではアリマセン。今回は”本屋の日”の紹介です。

本屋の日開催

(∩´∀`)∩ 行ってきた。

それでニコニコしていたんですね。

ねこーん

明けまして本屋の日

いやいや、行ってまいりました。やっとです。

そうそう、”本屋の日”とは、「僕が定めているストレス発散の日。」です。ええ、そんなに難しいことはしていません。ルールに則って、転々と本屋を回るのが”本屋の日”です。時間がない時は、”プチ本屋の日”になります。

そのルールとは、「本の購入は10,000円まで。10,000円以上になるときは要相談。」というルールです。いつもは時間がなくて、
”プチ本屋の日”になってしまうのですが、今回はフルバージョン版の8時間バージョンで楽しんできました。

回った本屋さんは全4軒。

久しぶりに訪れられた本屋さんもあって楽しかったです。しかし、時間の都合で、ホームともいうべき2軒のうちのひとつに行けなかったのが残念。でも、楽しかったです。

見に行った時に行われていたのが”乃木坂文庫”。去年の夏から始まっていたみたいですね。

乃木坂文庫

乃木坂46っていうのと、講談社46周年が重なったとかで、46人がおススメの本を紹介しています。それがデカデカと宣伝されています。

(・ε・)ムー  うん、もう去年の話だけどね。

まあ、売れるからいいんじゃないですか。

ねこーん

去年記事にしようと思っていたんですが、ここで記事を書くことが出来てヨカッタです。こういう取り組みは楽しいですよね。乃木坂46の人達が表紙になって並んでいるので、1スパン全部がこれだと迫力があります。

また、欲しかった本を見つけたので購入。

騙し絵の牙」 塩田武士

うん、購入が遅くなりました。著者が”罪の声”とかも書いている、”塩田武士”さんで、俳優の”大泉洋”さんが小説の人物とリンクする…。”塩田”さんの圧倒的なリアリティさと”大泉”さんの話術。そして、それらの融合。どんな内容かはまだわかりませんが、いやはや楽しみです。

まとめ

そんなこんなで8冊の本を購入しました。値段は9,504円。どう?この金銭感覚。(褒めてくれてもいいよ。)何とか冬休み中に読み進めたいと思います。

いやー、やっぱり本屋、サイコ~。楽しい時間を過ごすことが出来ました。でも、ひとつだけ心残りが。回った4軒のうち、明らかに2軒の人出が少ない。今までより減っている感じです。

もちろん、正月ですし、時間帯もあるんでしょうが、売り上げが落ちていないかと心配しています。

皆さん!もっとリアル本屋に出かけましょ!本屋にはあなたが必要としていた”知”がありますよ。

それではでは…、

「無知の知」

「自分が知らない事を自覚する。」自分が無知であると気付いた時、人は安易な自己満足ではなく、物事を深く知ろうとします。知識欲は人間が人間たる所以なのかも知れません。

本を読むというコトはその知識欲を大いに刺激してくれます。自分の知識を満足させ、更なる高みを目指すために、今宵は本を広げてみては如何ですか? それでは、また次回にお会いしましょう。

(。・ω・)ノ゙ し~ゆ~。

ゆ~

ねこーん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください