(・ε・)ムー  ムシムシする。

【雑談】”62番札所 宝寿寺問題” ひとつだけ言いたい。主人公はお遍路さんだと思う。

雑談

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(  ̄っ ̄)ムゥ こりゃぁ、マイッタぜ…。

どうしたんですか?

ねこーん

新しいテレビを買うと、今までよりテレビを見る時間が増えました。それは大きな問題ではないんです。でも、何気にテレビを見ていると、”葉加瀬太郎”さんが沖縄を紹介してたんです。

(ノ・ω・)ノオオオォォォ- 行きたい~。

なるほど。

ねこーん

沖縄病発症。

本当は11月に行く予定だったんですが、仕事の関係でどーしても休みが取れず。そのお陰で不満が溜まってるわけです。沖縄へいきたい~。

ここから本編

今回の話題は【雑談】です。

困りましたね。

ねこーん

(-ω-;)ウーン 困った問題だよね。

前から書きたかった話題です。双方の言い分があると思うので、事実と僕の想いをメインに書きます。あくまでも第三者としてね。問題はコチラのニュースです。

宝寿寺問題

(  ̄っ ̄)ムゥ どうなる。

どうなるんでしょうね。

ねこーん

62番札所”宝寿寺”四国霊場会から脱退

62番札所”宝寿寺”が四国霊場会から脱退することが裁判所にて認められた。宝寿寺は兼ねてより納経時間を変更したり、昼の休憩時間に納経所を閉鎖していた。これを重くみた四国霊場会は、「納経時間の順守と霊場会への未払い会費を収めることを求めて裁判を起こした。」しかしながら、裁判所は宝寿寺側の主張を認め、先の判決を出しました。

その後、四国霊場会は特殊な納経時間に対応できないお遍路の為に、61札所の駐車場に62札所の納経所を設けました。宝寿寺はこれに対し文句を言っています。62札所の納経所が別に設けられたことで、僅かばかりの浄財が貰えなくなった。というコトになっています。

主役は誰か

ちなみに四国霊場会というのは、八十八ヵ所のお寺で結成されている組合みたいなものです。細かい決まり事を定めたり、ホームページ作成やメディアへの露出をおこない、八十八ヵ所を宣伝したりしています。

どちらにも言い分はあると思います。しかし、僕が思うのは、「どっちも、お遍路のことを一番に考えていませんよね。」です。

宝寿寺さんへ言わせてもらうと、

定められている納経時間を変更されると、お遍路は困るに決まってるでしょう!しかも、遠くから来ている人がお寺に来てみたら休憩時間だった…。なんて事になったら、言語道断じゃないの。その時間にしか来られない人もいると思いますし。

お住職さんも休憩をしたいとは思いますが、八十八ヵ所に参加している以上、公共機関に近いものだと考えるべきです。役所だって昼時間だろうと開いてるんだし。海外にはそんなお店や公共機関もあるかもしれませんが、ここは日本です。

霊場会へ言わせてもらうと、

各お寺が抱えている問題を聞いて、手を差し伸べられるなら助けるべきです。例えば、人数が少なすぎて納経時間に対応できないのかも知れません。各問題はお寺が対応するに任せて、「霊場会が決めたことは順守しろ!会費は必ず払いなさい!」では、厳しいと思います。

コレは想像になりますが、霊場会って元は助け合いの互助だったのでは?某相撲の協会のように、協会が威張りすぎると纏まらない気がします。

双方に言わせてもらうと、

八十八か所の主人公はお遍路さんです。皆、イロイロな思いを持って八十八ヵ所を回っています。スタンプラリーのように気楽な人も居れば、自分を見つめ直すために回る人も居ます。贖罪を求めて、弘法大師さまの影を探す人も居ます。

四国を回り、四国の人と触れ、お接待の文化を受けて彼らは感動するのです。こんな素晴らしい文化、なかなか作れるものではないし、四国が世界に誇れる文化なのです。

  • お遍路さんが納経所に行き、休憩時間だから…と、閉まっていたらどう感じますか?
  • 62番の札所があるのに、そのお寺を回らず、駐車場で御朱印を頂くときにどう感じますか?

八十八ヵ所の文化は、お接待、相手をおもう思いやりの文化です。その当事者であるあなたたちが、お遍路さんを思えないのは如何なものかと…。

まとめ

ε=( ̄。 ̄;A フゥ… 熱く語り過ぎました。

双方とも、「まずはお遍路さんのコトを考えて頂きたい。」と切に願います。これ以上、問題が大きくならないように祈っています。

双方、反省してくれると良いですね。

ねこーん

(゚д゚)(。_。)ウン そう思うよ。

それでは、今回はココまでにして置きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください