(・ε・)ムー  花見…。

【本】”どうしてコレが選ばれた!?日本三大〇〇調査隊” まあ、本じゃなくてマンガですケドね。(笑)

読書

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

※本が題材の時はしばらくこの文章を書きます。

ましゅーはリアル書店を応援しています。また、紙媒体の本を応援しています。

電子媒体を否定しているわけではアリマセン。電子媒体もとても便利で、これからの読者のため、また、活字好きな人の為に大活躍するツールだと思っています。

ですが、電子媒体が便利だからと言って、紙媒体が失われてゆくのはとても惜しいコトだと思っています。

紙媒体に触りながら読む本は、電子媒体とはまた違った味わいがあってよいと思うのです。

例えばコーヒーで汚れてしまったり、古くなって黄色くなってしまったり、紙媒体の本は時が経つにつれ、汚れ、風化し、朽ちてしまいます。しかし、それらすべてはその本の年輪となり、持ち主と共に成長してゆくのだと思います。

何十年か後…、貴方は大きくなり、幼き頃に読んだあの本を、自分が尊敬する人から頂いた本を、母が呼んでくれたあの本を、そっと手に取り、ゆっくりと読み返してゆく。

その贅沢を想像するだけで身が焦がれる気持ちになれると思うのです。

ましゅーは勝手にリアル書店を応援してゆきます。

僕も応援してゆきますよ。

ねこーん

ここから本編

今回の話題は【本】です。

( ゚д゚)ウム 始めるか。

始めましょうか。

ねこーん

本の紹介

人は常に何かを評価してしまう。

自分と誰かを…、勤めている会社を、自分の彼女を…自分の持ち物を…。

ランキングが好きだということは、安心したい欲求の裏返しでもある。自分はこの位置にいる。一番下ではない。だから自分は恵まれている。

本当は自分が決めるコトであり、ランキングなど必要ない。

しかし、物や物事を選ぶ指標としてランキングが必要な場面もある。そのランキングの中でも、ずば抜けて輝きを放つ商品がある。その素晴らしいもの達は畏怖の念を込めてこう呼ばれている。

日本三大〇〇と!

今回はそんな三大〇〇を集めた本です。

どうしてコレが選ばれた!?日本三大〇〇調査隊!」 もぐら著

完全に題名やられました。(笑)

内容について

包装されていたので中身の確認もできなかったのですが、まさかの漫画でした。うん、うっすらは気付いていましたが。

こういう本は面白いですね~。

内容的には、”日本の三大美人”であったり、”日本の三大ブス”であったり…。最後には三大と名前さえつけば…と誇大解釈で紹介されています。

面白いですよ~。会社でも雑学として使えるんじゃないかな?僕はこの本を読んで、何となく大阪人が好きになりましたよ。好きになった理由は本を読んでください。

ましゅーの感想

僕の感想は、

面白い。

ですね。

しかし、日本人はランキング好きですよね。僕もですケド。最終的には自分で決めるんですケド、集まっている情報は有効に利用しないと勿体ないですもん。

(゚д゚)(。_。)ウン データやからな。

統計学ですもんね。

ねこーん

日本人の改良が得意なスキルはこんな処にも垣間見えるのかもですね。僕も商品購入の際や旅行に行くホテル、観光地等は評価やレビューをよく読んでいます。もちろん、ランキングサイトも。

ランキング好きなあなたなら、きっと気になっているハズですよ。興味がある人はお試しください。

それではでは…、

「無知の知」

「自分が知らない事を自覚する。」自分が無知であると気付いた時、人は安易な自己満足ではなく、物事を深く知ろうとします。知識欲は人間が人間たる所以なのかも知れません。

本を読むというコトはその知識欲を大いに刺激してくれます。自分の知識を満足させ、更なる高みを目指すために、今宵は本を広げてみては如何ですか? それでは、また次回にお会いしましょう。

(。・ω・)ノ゙ し~ゆ~。

ゆ~

ねこーん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください