(*- -)(*_ _)ペコリ 良い年になると良いね。

【映画】”ねこあつめの家” 伊藤淳史さん作品。猫好きならぜひ。

映画

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(;゚Д゚) 愛媛も雪がすげぇ…。

驚きますよね。

ねこーん

僕の近くでは積もることはありませんでしたが、それでもスゲェ…。明日の朝、大丈夫かな?という位です。皆様も雪の災害に気を付けてください。

ここから本編

今回の話題は【映画】です。

(-ω-;)ウーン 飼いたいけどねぇ…。

まだ、飼えませんよね。

ねこーん

作品について

一生懸命に頑張る。誰だってそう思ってやっているんだよ。頑張らずに生きられる人生は、意外と楽で幸せでツマラナイ人生さ。みんなそれをわかってる。だから前を向いて頑張っているんだ。

でも、時に休みたいんだ…。何かに寄り添って欲しいんだ。ムダだと思う事に全力投球してみたいんだ。それは…癒しになるモノだから。

一生懸命に頑張っている。でも、皆そんなに強くはないんだよ…。

今回紹介する作品はコチラです。

ねこあつめの家

僕が主役です。

ねこーん

(´・ω・)エッ? 違うんじゃない?

原作について

知っている人は知っている。僕も遊んでいるスマホゲーム”ねこあつめ”が原作です。ちなみにこのゲーム、大人気ですので攻略本も出ています。

ねこあつめ ねこだらけ図鑑


( ゚д゚)ウム 大人気やから。

僕が主役です。

ねこーん

出演者

監督 蔵方政俊
佐久本勝 伊藤淳史
十和田ミチル 忽那汐里
猿渡めぐみ 大久保佳代子
寺内洋子 木村多江

( ゚д゚)ウム 無難にマトメてる。

豪華さはないかも知れませんが。

ねこーん

こういうほのぼのした映画には大御所も鳴り物入りな人も不要かな。まったり、ゆっくり見られる人選だと思います。

作品内容

落ち目の作家、”佐久本”。(伊藤淳史)

同期の作家が売れてゆく中で、何を書いてよいかもワカラナクなっていた。そんなある日、ひょんなことから、引っ越しをして気分転換を図る”佐久本”。

しかし、その家は近所ののら猫が集まる家だった。

猫たちと触れ合うたびに”佐久本”の心は平穏を取り戻し、やがて…。みたいな感じです。

ましゅーの評価

( ゚д゚)ウム 評価してみるか。

作品評価
演出
(2.0)
ストーリ
(3.0)
役者
(3.5)
総合
(3.0)

( ^ω^ )ニコニコ 悪くはないよ

ですね。

ねこーん

僕の感想

(`・ω・´)シャキーン では、感想を。

よろしくお願いします。

ねこーん

アリだね。

これですね。感想。

猫好きには良い映画です。また、”ねこあつめ”をプレイしている人はお馴染みのグッズとか出てきますので、ニヤリとしちゃいますよ。僕もニヤリとしましたし。

まあ、内容は有って無い様なものだからそこは気にしちゃダメです。ちゃんと基本は抑えてくれてますし。映画的にはひたすら猫を愛でる映画です。

しかも、出演猫は、”シナモン(CHOYA梅酒CM)”や”りんご(猫なんかよんでもこない)”といった、ニャカデミー賞を受賞してもおかしくない猫たちなので演技力は抜群です。

( ゚д゚)ウム 人よりうまいかも知れん。

それは失礼かもしれませんよ。

ねこーん

企画担当は”猫侍”の永森さんなので、猫好きのポイントは十分に抑えてます。猫好きな人は観て下さいね~。と言える映画です。

チャンスがあれば是非に。

ではでは…。

映画って本当に楽しいですね。また次回の映画紹介でお会いしましょう。さよなら×3

(。・ω・)ノ゙ し~ゆ~。

ゆ~。

ねこーん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください