( 'ω')ŧ‹"ŧ‹" 栗の季節だよね。

【映画】”今宵、ほろ酔い酒場で” 吉田類さん。うん、こういうの嫌いじゃない。

映画

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(・ε・)ムー  沖縄病発症中。

飲んでいるビールもオリオンですもんね。

ねこーん

ええ、僕でもごくごく飲めます。スッキリとした口当たりは…うまし。

ここから本編

今回の話題は【映画】です。

( ^ω^ )ニコニコ 良いお酒なら楽し。

少しだけ楽しめればね。

ねこーん

作品について

イロイロな酒がある。楽しい酒、辛い酒。忘れたい酒、何となくな酒。ソレをどう感じるかはその人次第だが、喜怒哀楽と酒は切っても切れない関係だ。

貴方は最近、酒を飲みましたか?その酒はどんな酒でしたか?貴方はそれをどう感じましたか?

ゆっくり酒をかたむけましょう。その酒は貴方にとって人生が変わるものかも知れないのだから…。

今回、紹介する作品はコチラです。

今宵、ほろ酔い酒場で。

( ゚д゚)ウム 嫌いじゃない。

面白いですよね。

ねこーん

出演者

監督 長尾直樹
森本勝也 吉田類
日暮義男 伊藤淳史
岩永翼 津田寛治

酒場のアイドル”吉田類”がプレゼンする酒場を舞台とした様々な人間の哀愁劇。

( ゚д゚)ウム まったり感が良いんですよね。

ギスギスしてないのが良いですよね。

ねこーん

作品内容

様々なチャンスを逃してきた人が集う酒場”チャンス”。そこに逃げ込んできた人気アイドル、山下絵里子(松本妃代)そして、そこで繰り広げられるささやかな宴会。集った人たちの想いとは…。

「チャンスを待っている時が、人間、一番幸せなんだぜ。」

雑居ビルの行き止まりで営業する、”どつぼ酒場”。そんな酒場にフとした拍子に迷い込んだ、日暮義男(伊藤淳史)やる気のない店主、癖のおおい常連達。

帰りたくなる酒場だが、何だかそのどつぼさが癖になってしまう。

「人間、どつぼを知っていれば、何を経験しても幾らかマシと思えるさ…。」

旧友と語りながら、犯した罪の重さに最悪な解決を考える、森本勝也(吉田類)人生最後に選んだ酒場は、ふるさと酒場”土佐っ子”。

そこで飲んだ酒は郷愁を呼び起こす。こんなハズではなかった。大海に立ち向かう人生であるはずだった。

「最後の一献を飲み干した男が選んだ人生の道とは…。」

みたいな話です。

ましゅーの評価

( ゚д゚)ウム 評価してみるか。

作品評価
演出
(2.5)
ストーリ
(3.0)
役者
(2.5)
総合
(2.5)

( ^ω^ )ニコニコ 悪くはないよ

ですね。

ねこーん

僕の感想

(`・ω・´)シャキーン では、感想を。

よろしくお願いします。

ねこーん

お酒が飲めるようになりたいなぁ…。と思わせてくれます。あと、”吉田類”さんは演技下手。(笑)

これが感想ですかね。

3話のオムニバス方式で話が展開されます。でも、どのお話も感動するワケでもない。深く人生を考えるワケでもない。しかし、なんだか良いなぁ…。と思える話です。あと、何度でも書きますが”吉田類”さんの演技は下手。でも、憎めない人ですよね。さすが酒場のアイドル。

観た後にお酒が飲みたくなる映画です。興味がある人はぜひ。

ではでは…。

映画って本当に楽しいですね。また次回の映画紹介でお会いしましょう。さよなら×3

(。・ω・)ノ゙ し~ゆ~。

ゆ~。

ねこーん

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください