(υ´Д`)アツー  初夏ですよ。

【映画】”アフタースクール” 懐かしい…面白いですよ。

映画

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(-ω-;)ウーン 春だと何が思い出されますかねぇ。

なんでしょうね。

ねこーん

つくし…かな?花見…かな?あっ団子かな?とにかく、春ですね。

ここから本編

今回の話題は【映画】です。

(゚д゚)(。_。)ウン 決まったね。

ですね。

ねこーん

日本アカデミーが発表されましたね。”三度目の殺人が作品賞を受賞です。

あと、主演男優賞に僕が好きな俳優”の大泉洋”さんがノミネートされましたが、残念ながら最優秀賞とはなりませんでした。過去に最優秀は取ったことない様な?優秀賞は何度も獲っていますが。

そういえば、もうすぐ、本場のアカデミーも発表したっけ?商業要素が強くなっていますが、やはり、受賞すると俳優としてはハクが付きますよね。

作品について

(゚д゚)(。_。)ウン 豪華な作品だよね。

ですよね。

ねこーん

今回はちょっと古い作品ですね。でも、改めてみると、とても豪華な布陣です。今回は先ほど紹介した、”大泉”さんも出ている、この作品の紹介です。

アフタースクール

(゚д゚)(。_。)ウン 面白いです。

良い作品ですよね。

ねこーん

原作について

監督である”内田けんじ”さんのオリジナル脚本となります。

出演

監督 内田けんじ
神野良太郎 大泉洋
北沢雅之 佐々木蔵之介
木村一樹 堺雅人

(゚д゚)(。_。)ウン 豪華なんだよ。

演技派ばかりですもんね。

ねこーん

この他にも”常盤貴子”さんや”ムロツヨシ”さんとかも出ていて、豪華なメンツですよ。

作品内容

ある日、良太郎の親友、木村一樹(堺雅人)が姿を消す。

美紀(常盤貴子)を置いての失踪であり、神野(大泉洋)は途方に暮れる…。そこへ、一樹の消息を追って、1人の探偵が神野の前に表れる。

彼の名前は、北沢雅之(佐々木蔵之介)。

一樹を追っている理由は明かさないが、神野は成り行きで北沢を手助けすることに。一樹が消えた理由は何なのか…?張り巡らされた伏線が貴方の頭脳に挑戦状を叩きつける。

「甘くみてるとダマされちゃいますよ。」

こんな感じとなっております。

ましゅーの評価

( ゚д゚)ウム 評価してみるか。

作品評価
演出
(3.5)
ストーリ
(3.5)
役者
(4.0)
総合
(3.5)

(゚д゚)(。_。)ウン こんな感じやね。

妥当です。

ねこーん

僕の感想

(`・ω・´)シャキーン では、感想を。

よろしくお願いします。

ねこーん

伏線回収が面白い映画です。

うん、これやね。

でも、まずはその共演者です。”堺雅人”さん、”佐々木蔵之介”さん、”常盤貴子”さん、”伊武雅刀”さん…。そして、まだブレイク前の”ムロツヨシ”さん…。豪華!とにかく、豪華。

そして、伏線回収。よく練られた作品です。この作品で監督の”内田けんじ”さんは優秀脚本賞を受賞されていますね。いやいや、迂闊にぼーっと見てると本当にダマされちゃいます。

そういう僕も、「アレ?おかしくない?」と思った時には術中にハマってました。

(`・ω・´)シャキーン やるな。

こういう作品は面白いですよね。

ねこーん

内容も練られた良い映画です。最初はぜひ予備知識なしでドーゾ。古い作品ですケド…チャンスがあればぜひ。

ではでは…。

映画って本当に楽しいですね。また次回の映画紹介でお会いしましょう。さよなら×3

(。・ω・)ノ゙ し~ゆ~。

ゆ~。

ねこーん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください