(・ε・)ムー  花見…。

【F1】”上海国際サーキット” 本物か…否か。

F1

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(  ̄っ ̄)ムゥ なんだろ? いろんな意味で愛媛が注目されてる。

あまり良い話でもないですケドね。

ねこーん

まあ、良くないコト? ではあるけれど、「注目されているのは良いコト。」と考えるようにしています。

でもね、皆さん分かっていると思いますケド、愛媛は何も悪くないですから! 間違えないで。

ここから本編

今回の話題は【F1】です。

o(^^o)(o^^)oワクワク  いやー、興奮冷めやらぬバーレーンGPから一週間。

ドキドキしましたよね。

ねこーん

喜びもつかの間、早くも次なる戦いが控えています。前回に引き続いてのF1記事となりますが、今、熱いとこだから! ガンガンついてきて。スケジュールはこうなっています。

中国GP(04/13~04/15) 上海国際サーキット

コース説明

( ゚д゚)ウム 4,000年の歴史。

中華が食べたいですね。

ねこーん

グランプリが開催される国

お隣の国、中国での開催となります。

(`・ω・´)シャキーン に~はお。

シェイシェイ。

ねこーん

まま、説明はいらないよね。広大な大陸と4,000年の歴史があるから。でも、レースに関しては歴史が浅いですよ。

上海国際サーキット

著作権者:Will Pittenger様 ライセンス:CCby-sa3.0 Wikipedia リンク

良く見ると、このコース、上って書いてるんですよ。コースデザイナーの遊び心と言うか何と言うか。「スパイス利かせすぎやろ!」なんて僕は思っちゃうんですケドね。まま、そんな、楽しそうなコースとなっています。

DRS区間は、

DRS1 :⑯ → ①のストレート DRS2:⑬ → ⑭のストレート

になっています。

なのですが、DRS2区間については、ストレートの半分からが区間となります。(ストレート全域ではないです。)何といっても、なが~いストレートが目玉のコースです。

コースについて

先にも書きましたが、上海国際サーキットの目玉はながーいストレートです。

Σ(・ω・ノ)ノ! おったまげるよね。

怖い位ですよね。

ねこーん

1.2Kmのストレートがデンと構えています。そして、この長いストレートが厄介なんです。なんと、アクセル全開の秒数が約18秒。これはPU(パワーユニット)に大きな負担を掛けます。言い換えれば、PUの信頼性が問われるサーキットです。でもそれは、まさにホンダが欲しているトコロでもあります。

PUの実力を試されるサーキットです。

ホンダが魅せてくれるはず…否! 魅せつけるに決まってる!

あと、心配事がもうひとつ。前回、実に良い仕事をした”ガスリー”選手。前回は4位という好成績を残しましたが、上海国際サーキットを走った事が無いそうです。「上海サーキットは初挑戦! でも、プレステで経験済みさ。」とお茶目に語っていましたが…。

(;^ω^) プレステか…。

まあ、本物と見紛うくらいリアルですケドね。

ねこーん

まま、そんなこんなで楽しみなコースです。

今回は2台ともポイント圏内(10位以内)でゴールして頂きたいと思います…。と言いたいところだけど、まずは2台供の完走が目標カナ。ただ、前回が前回だけに期待は高まりますぞ!

(* ̄0 ̄)/ オゥッ!! よっし!行ったレ! トロロッソ・ホンダ!

おー。

ねこーん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください