(-ω-;)ウーン 遊びに行きたい

【F1】”モナコGP” リゾルト むむ!ヤバいんじゃないですか?

F1

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(υ´Д`)アツー  暑いね。

暑いですね。

ねこーん

本当にもうすっかり夏ですな。夏と言えばナンダロな? 花火かな? 西瓜かな? それともひと夏の…。

(゚д゚)(。_。)ウン 焼きそばやな。

ここから本編

今回の話題は【F1】です。

伝統のモナコ。

ねこーん

(゚д゚)(。_。)ウン その通り。

伝統のモナコが終わりました。アロンソやハミルトンが、「モナコはオーバーテイク出来ないからツマラン。」みたいなことも言っていたみたいですが、それも含めての伝統だから。

嫌なら予選でガンバレ。ソレがモナコです。僕は非力なマシンでも勝つ可能性のあるモナコGPは大好きです。

まま、さっそくリゾルトからドゾ。

モナコGPリゾルト

(っ’-‘)╮ =〇 ほーれ。

順位 ドライバー名 チーム名
1 D.リカルド レッドブル
2 S.ベッテル フェラーリ
3 L.ハミルトン メルセデスAMG
4 K.ライコネン フェラーリ
5 V.ボッタス メルセデスAMG
6 E.オコン フォース・インディア
7 P.ガスリー トロロッソ
8 N.ヒュルケンベルグ ルノー
9 M.フェルスタッペン レッドブル
10 C.サインツJr ルノー
11 M.エリクソン ザウバー
12 S.ぺレス フォース・インディア
13 K.マグネッセン ハース
14 S.バンドーン マクラーレン
15 R.グロージャン ハース
16 S.シロトキン ウイリアムズ
17 L.ストロール ウイリアムズ
C.ルクレール ザウバー
B.ハートレー トロロッソ
F.アロンソ マクラーレン

※トロロッソがホンダエンジンを搭載しています。

コンストラクターズポイント

順位 チーム名 ポイント
1 メルセデスAMG 178
2 フェラーリ 156
3 レッドブル 107
4 ルノー 46
5 マクラーレン 40
6 フォース・インディア 26
7 トロロッソ 19
8 ハース 19
9 ザウバー 11
10 ウイリアムズ 4

ましゅーの感想

ε=( ̄。 ̄;A フゥ… ”モナコGP”終了~。

終わりましたね。

ねこーん

トロロッソ結果

予選を終わった時点で、

ハートレー選手:16位

ガスリー選手:10位

でした。

もう少し上位にいけそうな感じだったんですケドね、結果的には10位、16位というポジションからのスタートとなりました。しかし、マシン自体の出来は悪くなさそう。

(`・ω・´)シャキーン 期待できるかも。

かも知れませんね。

ねこーん

なんて期待をもって迎えた本戦は…、

ハートレー選手:リタイア

ガスリー選手:7位

となりました。

ガスリーは頑張った。ポイント圏内の7位は立派です。ただ、ハートレーもね~。ほゞほぼゴールしてたのよ。全78周中の72週目で後ろから来たルクレール(ザウバー)に追突されちゃいました。

ワザとじゃないし、無理にオーバーテイクへ行った訳でもナイ。シケイン前にブレーキの故障でぶつかってしまったそうです。ハートレー選手も、「仕方がない。」とは言ってたけど、ポイントも狙えただけに残念な結果です。ただね、PUに関しては問題ナカッタようなので、これからの展開に楽しみが増します。

しかし、心配なのが変な噂です。

前回の記事にもチラリと書きましたが、ハートレーに解雇の噂が出てるようです。「そんなの噂だよ! なんでそんな噂が出るのかな?」みたいな談話をハートレーも出しているようですが、F1だからな。

つい先日も、「フェラーリのチーフデザイナーがザウバーへ移籍。」になったみたいだし、この辺りに関してはF1界は超シビアですよね。

何とか次のカナダでW入賞すれば、そんな噂も払しょく出来るかもしれませんが。

レース結果

今回、嬉しかったのはトロロッソの上位チームである”アストンマーティン・レッドブル・レーシング”が勝利したことですかね。

1位&9位という結果は立派ですが、コチラに関してはルノー製PUに問題が発生したらしいです。ドライバーの腕で結果は出せましたが、コレが続くとホンダPUに代える!(ざわっ…ざわざわ…。)何てこともあり得るかもです。

また、今回の結果を受けたコンストラクターズポイントでは、トロロッソが7位という結果になっています。(フォースインディアが6位だったのでこんな感じになっちゃいますね。)さしあたっては、フォース・インディアとハースが、トロロッソチームとしてのライバルです。デモ、先ずは己との闘いからですね。闘える体制を調えることが大切です。

グハッ (´゚ω゚)・*;’.、 しかし…、マクラーレンとWスコアとは…。

悲しいですね。

ねこーん

なっとくいかーん。早く追いついて追い越して欲しいです。

次回、レースは、

カナダGP サーキット・ジル・ビルヌーブ 6/07~6/10

です。

それではでは…、

長く続くトンネルにも出口はある。苦しんで歩を進めれば進める程、出口の光は眩しく輝く。

「みろ、あそこに見える光がみえないのか。」

力は十分に蓄えた。いまは光へ向けて大きく羽ばたく時だ。その翼を大きく広げ、あの光輝く場所へ向かうのだ。

(* ̄0 ̄)/ オゥッ!! 行ったレ! ホンダ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください