(-ω-;)ウーン 遊びに行きたい

【雑談】”カシオ デジタルカメラ事業撤退” その② お疲れさまでした。歴史の1ページは作りましたよ。

雑談

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(  ̄っ ̄)ムゥ 気持ちが乗らねぇ…。

5月病ですかねぇ…。

ねこーん

プライベートは充実しているのよ。あんど、ブログ仕事の時は楽しい。

( ゚д゚)ハッ! 僕…今のシゴトキライだわ。

ここから本編

今回の話題は【雑談】です。

残念ですネ。

ねこーん

(  ̄っ ̄)ムゥ まあ、仕方がないんだろうケドね。

愛しさと切なさと

(´・ω・`) ツラいなぁ…。

時流ですかね。

ねこーん

Casioの決断

カシオがデジタルカメラから撤退します。噂はずっとありましたが、5月の中旬にカシオのホームページで生産終了が正式にアナウンスされました。

カシオ ホームページ
※カシオさんのHPへ飛びます。

(´;ω;`)ウッ… ナキソウ…。

悲しいですね。

ねこーん

いや、このページを読んでいると本当に泣けてくる。これも時代の流れとは言え…。

Casioデジカメの歴史

1995年に生まれでて23年。

遊び心も満載に様々な機種が出ました。使い易さに優れていたり、G-ショック譲りのタフネスさを兼ね備えた機種があったりで、デジカメ時代の一翼を担ったブランドである事は間違いのない事実です。

実は、オリンパスもコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)の中国市場から撤退しています。残念ながら、今、コンデジ市場は斜陽産業と言えるでしょう。

(´・ω・`) 書いてるだけで悲しい。

本当にツラいですよね。

ねこーん

コンデジ産業の実情

スマホカメラとアプリの充実により、コンデジはその役目を終えつつある…というコトでしょうか。でも、僕は何処かで復活するんじゃないかと思っていたりします。

最近、とみに人気が出ている”アイボ”。Sonyが販売する犬型ロボットですが、コレの新型も12年間販売されなかったんです。それが、12年の時を経て再販売されると品薄状態が続くほどの大人気です。(見守り機能を取り付けると高齢者の安否確認や健康確認ができるため、高齢化社会に向けて更なる需要が見込めるとか…。)

12年です。12年の時を超えて華麗に復活したワケです。

また、音楽はiPodとかを用いてダウンロードが主流となりましたが、今…というか、少し前からレコード盤が復活しています。やはり、アナログじゃないと感じられない音があるんだそうです。

だとするならば、コンデジにも新しい役割が与えられて復活する日が来るんじゃないだろうか? その時、カシオから、「New EXILIM 華麗に復活!」という記事が発表されるかもしれません。10年掛るかも知れませんが。

まとめ

何時の日か鳴り物入りで華麗に復活。そんな日を楽しみにして、とりあえず今は別れを惜しんでおきます。

(´・ω・`) いいカメラだったケドね。

安さと使い易さが売りでしたよね。

ねこーん

皆さんも買うなら今だよ!(笑)

EXILIM

あと、アフターサービスは規定に則ってしばらく継続するらしいです。

とにかく、今までお疲れさまでした。また会える日を楽しみにしています。皆さんも別れを惜しんでくださいね。(笑) ま、10年後に復活すると思いますケドね。

そろそろ良い時間です。今回はこの辺で。

(。・ω・)ノ゙ またね。

ばーい。

ねこーん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください