(-ω-;)ウーン 遊びに行きたい

【F1】”オーストリアGP” 来年のためにも良い結果をな。

F1

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

イロイロ言われているみたいですが…。

(≧▽≦) 日本代表! 決勝トーナメント進出おめでとうございまーす。

おめでとうございます。

ねこーん

周囲の声なんてほっとけ×2。仮にあのまま攻めてたとして点を取られてなんかしてたら、「時間も少ないんやし、戦略を考えてやらねばならんやろ。」なんて言われてたって。たぶん。結局、文句言う奴はどんな時にも文句を言うんだって。だから、気にせず決勝トーナメントで悔いのナイ闘いを。

ここから本編

今回の話題は【F1】です。

( ゚д゚)ウム…。もう闘いは始まっている。

木曜日、忙しさにかまけてたらブログUP出来なかったんだよ。でも、ホラ、まだ予選だから。まだまだ、応援は間に合うから。

まま、今回のグランプリ予定はコチラです。

オーストリアGP(6/28~7/01) レッドブルリンク

コース説明

(。´・ω・)? どんな国なんだろう。

どうなんでしょう。

ねこーん

グランプリが開催される国

オーストリアといえば、ウィーンだよね。クラシック帝国であると僕は思っています。

(-ω-;)ウーン ウィーンフィルハーモニーを見たいんだけどな。

まだ観れていませんね。

ねこーん

国の歴史は古いので割愛します。書くのが大変だし。

そういや、オーストリアってオーストラリアと間違っちゃわない? まあ、関係ない話ですケドね。

グダグダ言いましたが、纏めると、

かの大天才、”ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト”を輩出した国です。

( ゚д゚)ウム ソレだけですごいよ。

ですよね。

ねこーん

コースレイアウト

レッドブルリンク

著作者名:pitlane02様 ライセンス:CC by-sa 3.0 Wikipedia リンク

本サーキットのオーナーは、世界的に有名なエナジードリンク会社、”レッドブル”となっております。レッドブルとトロロッソのホームコースなのでね。ここでは良い成績を出さないと。

今回はレースをエキサイティングにするため、DRSゾーンが3つ設けられています。

DRS1 ① → ② のストレート DRS2 ③ → ④ のストレート DRS3 ⑩ → ① のストレート

になっています。

( ̄。 ̄)ホーーォ 多いですなぁ…。

コースの殆どですね。

ねこーん

コースについて

先にも書きましたがレッドブルのホームコースとなります。

やはり、冠スポンサー名のついたサーキットで不甲斐ない成績は許されまい。レッドブル、トロロッソの両チームは見えないプレッシャーも感じつつのレースになるでしょうね。

DRSゾーンが増えたことにより、殆どのストレートがオーバーテイクポイントとなりました。最近のF1で良く言われる、「ただ、信頼性を確認するだけのつまらないレース。」というのも払しょくされるかもしれませんね。

実は、すでに予選結果がネットに配信されてまして、ガスリー選手が10位のポジションにいるそうです。ちなみにハートレー選手は19位らしい。前回のGPで観た悪夢を振り払うことが出来るのか? ガスリー君。それも踏まえて楽しんでいこうと思います。また、オコンと何かあったら、そこに確執が出来ちゃうかもね。

ニュース

前回も書きましたが、”アストンマーチン・レッドブル・レーシング”に来年よりホンダPUを使用する事が決定しています。ですので、ホンダがPUを提供しているトロロッソはよい所を見せたいハズ。否、少なくてもPUの信頼性は見せたいハズ。

そんな意味でも良い成績を残したいレースでありますね。

ホンダの田辺ディレクターも、「レッドブル・トロロッソ・ホンダとしていい戦いをしたいと思っています。」と気合が入ったインタビューをしています。

PUに起因したリタイアを見せない

また、出来れば、両ドライバーポイントをゲットする。いつも通りのオーダーですが、今サーキットにおいては、いつも以上に拘りを見せてくれると思います。

(* ̄0 ̄)/ オゥッ!! よっし!行ったレ!トロロッソ・ホンダ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください