(-ω-;)ウーン 遊びに行きたい

【映画】”スタンド・バイ・ミー” 古い映画の紹介だぞ。

映画

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(´・ω・`) 水がない…。

ありませんねぇ…。

ねこーん

大雨の影響を受けて、僕が住む地域からも水のペットボトルが消えてます。南予が大雨で被災していますので、そちらへ優先的に供給されていますね。

僕は水をペットボトルで買う人です。

無いのは困る、困るけど、今は被災地の優先が当然です。一刻も早い復旧作業を願っています。

ここから本編

今回の話題は【映画】です。

古い映画も紹介しようと思って。でないとネタが無くなる…否、紹介するところがなくて。

仕方なしですよね。

ねこーん

( ̄σ ̄)ホジホジ うん、仕方がない。

往年の古き良き映画にも光を当て、その面白さをお届けする! ソレが”風のましゅーBlog”の務めだ!」と思い立ちました。

作品について

(゚д゚)(。_。)ウン 懐かしさを感じるんだよな。

のすたるじぃ…ですね。

ねこーん

スタンド・バイ・ミー


1986年に公開された作品です。映画もさることながら、主題歌の方が有名カモ知れません。”ベン・E・キング”さんが歌う主題歌は、テレビの挿入曲としてもかなり使用されていますので、かなりの人が聞いたことあるんじゃないかな。

(* ̄0 ̄)θ~♪ 僕も良くカラオケで歌う。

お気に入りですね。

ねこーん

原作について

著名な小説家である”スティーブン・キング”さんの短編集「恐怖の四季」に収められた、秋の物語「THE BODY」が原作となります。

スティーブン・キングさんはホラー作家として有名なんですけど、ハートフルな作品も非常に良い出来なんですよね。ハートフルな作品としては、「グリーンマイル」や「アトランティスのこころ」なども映画化されていますね。

出演者

監督 ロブ・ライナー
ゴーディ・ラチャンス ウィル・ウィートン
クリス・チェンバース リヴァー・フェニックス
テディ・ドチャンプ コリー・フェルドマン
バーン・テシオ ジェリー・オコンネル

(。・ω・)ノ゙ こんな感じになっておりますよ~。

豪華キャストですね。

ねこーん

作品内容

ある弁護士が人を助けようとして命を落としてしまった。

ある朝、ゴーディはそんな新聞記事を見つける。弁護士の名は、クリストファー・チェンバース。疎遠にはなっていたが、幼少の頃、キャッスルロックで同じ時を過ごした仲間であった。

ゴーディは静かに目を閉じ、当時を振り返ってみる。

粗悪な家庭環境で貧しかったあの頃を。貧しくはあったが、楽しく、美しいあの幼少の冒険を…。

ましゅーの評価

( ゚д゚)ウム 評価してみるか。

作品評価
演出
(4.5)
ストーリ
(4.5)
役者
(4.5)
総合
(4.5)

( ^ω^ )ニコニコ 佳作なんだよ。

なんか良いお話なんですよね。

ねこーん

僕の感想

(`・ω・´)シャキーン では、感想を。

よろしくお願いします。

ねこーん

とにかく懐かしい。古き良き思い出

死体探しという一風変わった想い出を軸に、幼き頃の他愛ない想い出を描いています。ストーリーとしてはコレだけ。しかしながら、この想い出が良いんです。

内容はどうであれ、これと似たような経験をした人も多いんじゃないかな? 幼い頃、仲の良かった友達と小さな冒険に繰り出す。他愛もない冒険だけど、その思い出は何となくずっと心に残っている。そんなノスタルジックな気分にさせてくれる映画ですよ。

ただ、ノスタルジックな映画ダケという訳でもないんです。

兄弟同士のねじれが描かれていたり、幼いながらも自分の将来を一生懸命悩んでいてみたり。幼いんだけど、精一杯生きている人間を描いています。そして、ソレは特別な話でもない。おそらくはみんな通って来た道だから、なおさら愛おしく想えるんです。

出演者も豪華です。主人公”ゴーディ”役の” ウィル・ウィートン”は海外ドラマ等で活躍していますし、友達のひとり、”テディ”役の”コリー・フェルドマン”は「グーニーズ」にも出ていたりしています。

そんな中でも、”クリス”役の”リヴァー・フェニックス”です。大きくなるにつれ、その端正なルックスから、「ジェームス・ディーンの再来。」と言われていました。多くの作品に出演し、未来も嘱望されていたのですが、若くしてオーバードーズで亡くなっちゃいましたケドね。

(´・ω・`) 麻薬ダメ、ゼッタイ。

勿体ないですよね。

ねこーん

あと、24時間的に有名なあの人も”エース・メリル”役で若く凛々しい姿で出演してますよ。

忙しい毎日を過ごしていると忘れそうですが、ふっとした瞬間に幼い頃を思いだしちゃうことがありませんか? 幼い頃の特別な想い出を。

そんな心をくすぐる映画なんです。

幼い頃だからこそ、あの頃の友達とは嘘偽りのない友情を育めたのかも知れません。そこには計算も打算もない。そう考えると、打算に満ちているかもしれない大人の関係より、遥かに素晴らしい絆なのでしょう。

懐かしく、面白い映画です。興味がある人は観てくださいね。

ではでは…。

映画って本当に楽しいですね。また次回の映画紹介でお会いしましょう。さよなら×3

(。・ω・)ノ゙ し~ゆ~。

ゆ~。

ねこーん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください