(-ω-;)ウーン 遊びに行きたい

【F1】”イタリアGP” 惜しかった気はしますケドね。

F1

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(  ̄っ ̄)ムゥ 足を痛めているのです。

あらら…。

ねこーん

膝(お皿の横)の靭帯を損傷したらしいです。暫くゴルフも禁止(3週間は禁止)

ここから本編

今回の話題は【F1】です。

第14戦が終了しました。

モンツァ・サーキットですね?

ねこーん

(`・ω・´)シャキーン そう、赤き跳ね馬の本拠地だよ。

イタリアGPリゾルト

(っ’-‘)╮ =〇 ほーれ。

順位 ドライバー名 チーム名
1 L.ハミルトン メルセデスAMG
2 K.ライコネン フェラーリ
3 V.ボッタス メルセデスAMG
4 S.ベッテル フェラーリ
5 M.フェルスタッペン レッドブル
6 E.オコン フォース・インディア
7 S.ぺレス フォース・インディア
8 C.サインツJr ルノー
9 L.ストロール ウイリアムズ
10 S.シロトキン ウイリアムズ
11 C.ルクレール ザウバー
12 S.バンドーン マクラーレン
13 N.ヒュルケンベルグ ルノー
14 P.ガスリー トロロッソ
15 M.エリクソン ザウバー
16 K.マグネッセン ハース
D.リカルド レッドブル
F.アロンソ マクラーレン
B.ハートレー トロロッソ
R.グロージャン ハース

※トロロッソがホンダエンジンを搭載しています。

コンストラクターズポイント

順位 チーム名 ポイント
1 メルセデスAMG 415
2 フェラーリ 390
3 レッドブル 248
4 ルノー 86
5 ハース 76
6 マクラーレン 52
7 フォース・インディア 32
8 トロロッソ 30
9 ザウバー 19
10 ウイリアムズ 7

ましゅーの感想

ε=( ̄。 ̄;A フゥ… イタリアGP終了~。

伝統のサーキットですよね。

ねこーん

トロロッソ結果

波乱が波乱を呼ぶ。予選を終わった時点で、

ハートレー選手:18位

ガスリー選手:9位

でした。

ガスリー選手はね。なかなか驚きのポジションでしたよ。モンツァはパワーサーキットなので、今のホンダではキビシイ…というのが大方の予想でしたからね。

(ΦωΦ)フフフ… 見くびるな。

何だか偉そうですね。

ねこーん

それが9位でしたので…あれ? イケるのか? って感じだったんです。

そんな気持ちを受けての本選結果は…、

ハートレー選手:リタイア

ガスリー選手:14位

(´・ω・`) …期待したのにね。

期待したからかも…ですよ。

ねこーん

トロロッソは14位&リタイアという結果となりました。

ハートレー選手はレースの前半で他車と接触しました。その後、サスペンションが壊れ、リタイアとなりました。ガスリー選手は頑張ってましたケド、チョットずつ、イロイロな車と接触しまして。ソレが原因での結果です。

レース結果

優勝はメルセデスのハミルトン選手でした。

いやーライコネン選手が頑張ってたんですケドね~。イタリアだし、フェラーリの威信の為にも勝ちたかったでしょうね~。

( ゚д゚)ウム 僕も応戦してた。

彼の走りもカッコ良いですもんね。

ねこーん

実際、本レースでハミルトン選手とのホイルtoホイルは非常に見ごたえがありました。こういうレースは見ていて楽しいなぁ。

レースではグロージャン選手が6位だったんですケド、違反が見つかってはく奪となりました。その結果、6位以降は順位が繰り上がっています。違反って勿体ないですよね。グロージャン選手が頑張っていただけにね。

コンストラクターズポイントで特筆すべきは、”フォース・インディア”です。オーナー会社の倒産があり、前回GPからのポイントしか有効でないのですが、コンストラクターズポイントではトロロッソを抜かして早くも7位。

サラッと書いたケド、悔しいんでしょ?

ねこーん

(ノシ ‘ω’)ノシ バンガン もっとガンガレ、トロロッソ。

正直、マクラーレンまでは射程圏内でしょうね。ひょっとしたら、ハース、ルノーのポジションまでも狙っているかもしれません。こう見ると本当に速いチームなんだな。ローレンスさん…いい買い物しましたね。

ちょっと気になる話

以前にも書きましたが、ガスリー選手のレッドブル入りが決まりました

今回のレース前にも、「彼ら(ホンダ)が進歩しつつあるのは明らかだ。スゴク前向きな流れになっている。」と、ホンダに対しても信頼のコメントを発表していました。

実際に予選でも9位でしたし、ホンダとは良い関係が構築されているのだと思えます。

「ドライバーと開発者に溝がない。」これは何気に重要な事です。ドライバーはレース時の感想をキチンと伝え、改善点を恙無く伝える。開発者はそれを受け取り、可能な限り、マシンを熟成させてゆく。ドライバーはマシンを受け取り、改善されたことをキチンと評価して、その後に続けていく。

マシン作りではチームプレーが何より大切。コレが出来ればマシンは速くなるんです。しかし、そこにはお互いの仕事を重んじ、相手をキチンと尊敬しあう信頼が必要です。

ドライバーが開発陣に不満を持ったり、開発陣がドライバーのいう事を聞かなかったりすると、途端にマシンは退化してゆきます。この状態に陥ってしまったのが、アロンソ選手とホンダ開発陣です。

もとワールドチャンプですから…。

ねこーん

( ゚д゚)ウム イライラする気持ちはわかるんだけどね。

実際、アロンソ選手、並びにホンダに不満を持っていたマクラーレンと別れ、トロロッソを相棒に選んだホンダは少しずつ結果を残し始めています。ソレを鑑みても、F1ってチームスポーツなんですよね~。

ガスリー選手が言う様に今シーズンは上向きになりつつあります。だからこそ、「今シーズンに驚きのリゾルトが観たい!」と僕は思っています。

そこなんですね。

ねこーん

( ̄σ ̄)ホジホジ ソリャそうヨ。

それではでは…、

まだ伝説の入り口。その翼は不死鳥の様に蘇ってくる。皆さんもぜひホンダを応援してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください