(-ω-;)ウーン 遊びに行きたい

【登山】”平家平” その① 夏の思ひで。2018年あの夏の日。

アウトドア

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(`・ω・´)シャキーン PC仕事頑張り中。

ガッツですね。

ねこーん

ブログ仕事を進めるために今日の予定は全て明日へチェンジ。

∑(ノ▽ο▽)ノ オォオォオオオ!! イマ…燃えている! もえてるぞ~。

ここから本編

今回の話題は【登山】です。

(*- -)(*_ _)ペコリ 三話程度のシリーズになりそうですのでよろしくお願いします。

お願いします。

ねこーん

登山へのお誘い

(* ̄0 ̄)θ~♪ 夏のおわーひー。

良い歌ですよね。

ねこーん

涼しくなってきましたね。ときおり暑くはなるけれど、少し前みたいに暴力的な暑さではないです。虫の音も聞こえだしましたし…、15夜だし…。「秋が来た。」と言っておきましょう。

山へのお誘い

齢70にして、腹が六つに割れている人生の大先輩から山へ行こうと誘われます。雪の山にも誘われてはいるのですが、雪山はお断りしている僕。いや、マジデ怖いのよ。綺麗だとは思うんですケドね。

でね、雪山に行かないので、その代わりといっては何ですが、夏の山へはときどき行っているのです。そんな事もアリ、この夏も行ってきましたよ。

でも、先ずは前回のコトもアリこれ買った。

ビジョンピークス ハイカー3GS


これね、めちゃ便利なの。いや、便利っていう言葉はおかしいな。楽なんですよ。あるのとないのとじゃ段違い。登りはそこまで役に立たないケド、下りでは安全に降りられるし、疲れ方も全く別物。

山登りに慣れていない人こそ、購入した方が良いと思いますよ。ヒマラヤのPB商品となりますのでお値段も手ごろですしね。前回の山登りで使っている人を見かけてから欲しいと思っていたんですよね。

( ̄ー ̄)ニヤリ ええ、しっかり購入して出かけましたよ。

大活躍予定ですね。

ねこーん

僕みたいにあまり山へ行かない人はこのくらいの値段が手ごろですよ、たぶん。値段的に5回行ったら元が取れそうですしね。もし、登山にズッポリはまったら、モンベルとかの買っちゃいますかね。

目指すは平家平

(`・ω・´)シャキーン 行っちゃうよ~。

ごーごー。

ねこーん

アクセス

愛媛県新浜市と高知県呉川群いの町、土佐郡大川町にまたがる山です。

壇ノ浦の戦いに敗れた平家一行が、祖谷から横倉山に落ち延びる時に滞在したことが名の由来だそうです。

( ゚д゚)ウム 儚いですな。

平家に非ずんば人に非ずでしたっけ?

ねこーん

ちなみに高知側から登りました。

平家平データ

簡単に平家平のデータを書いておきますね。

標高:1,693m 標高差:765m(小麦畝登山口より)歩行時間:6時間

歩行距離:9.5km 技術度:1 体力度:1.5

※データは分県登山ガイド 徳島県の山 山と渓谷社より 

高知県と愛媛県の県境稜線にある平家平。開放的な山容を成すコトから登山者の人気は高いのだそうです。

( ゚д゚)ウム 気持ちの良い山でした。

車の道のりは怖かったですケドね。

ねこーん

ちなみに、僕は”高藪登山口”からのアタックとなりましたので、標高差:683m 歩行距離:6.2Kmの道のりでした。

登山口を探す

平家平までの道

車で登山口を探している写真です。運転は師匠がしてくれてるので安心はしているのだけれど…怖いよ。

((((;゚Д゚))))ガクブル こえー。

ドキドキモノですね。

ねこーん

ここは路面が舗装されていますが、舗装されていないダートな個所もかなり多いです。しかも、かなり傷んでいる道が多い。さらに怖いのは、「ガードレールがない細い道。」ですね。

(・∀・)ウン!! 落ちると戻れないね!

ですね!

ねこーん

山道を走り慣れていない人はゆっくりと安全に走りましょうね。

登山道到着

平家平 登山道入口

ε=( ̄。 ̄;A フゥ… やっと高藪登山口へ辿り着きました。

分かり辛いですね。

ねこーん

場所を教えて貰って僕もようやっと気づく感じです。タダのけもの道にしか見えんもん。ナンダロ…、こう、バーンと歓迎されるような入り口ではないよね。

入りたきゃ入れば? みたいな感じです。

怖くないですか

高藪登山口看板

看板のアップ写真です。なんか怖いなぁ…と思って写真撮りました。

関係ないですケド、皆さん怖い時って音楽が頭に流れます? 僕は流れるんですよ。しかも、おんなじ音楽が。それが”トワイライトゾーン”のテーマです。

これのイントロがタマラン怖い。歌が始まるとそうでもないんだけどね。この時も僕の頭の中ではガンガン流れていましたよ。(笑)

((((;゚Д゚))))ガクブル マジデ怖え…。

わからなくもないですケドね。

ねこーん

そんなこんなでココから登り始めるのですが…。続きは次回をお待ちくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください