(。・ω・)ノ゙ おめでと~

【映画】”サバイバルファミリー” こんな事起こらない!と考える人は想像力が足りない。

映画

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(`・ω・´)シャキーン 前回の愛知出張でこんなの買ってる。

麵屋 はなび

( ̄¬ ̄*)じゅる 美味しそうでしょ?

いいですね。

ねこーん

後は…どのタイミングで食べるか?ですよ。ええ。

—ここから本編—

今回の話題は【映画】です。

( ^ω^ )ニコニコ 活動しやすい秋。

気持ちよいですもんね。

ねこーん

天候は気持ち良いですし、湿度も改善されてますしね。読書も良し、映画鑑賞も良しですな。

今回紹介する作品はコチラとなります。

1.作品について

((((;゚Д゚))))ガクブル こんな事おきたら…。

サバイバルファミリー

”小日向文世”さんが主役をはるサバイバルコメディ…(になるのかな?)です。ロレックスよりマセラティより、1本の水が大切な時代。ある意味、世紀末な状態です。ヘタすりゃ、一子相伝の暗殺拳が大活躍する時代ですよ。

(;゚д゚)ゴクリ… スゴそう…。

ちゅーるより水なんですかね?

ねこーん

原作について

”ウォーターボーイズ”や”スイングガールズ”で有名な、”矢口史靖”監督が脚本を書いた映画オリジナル作品となります。矢口監督は2003年に発生した”北アメリカ大停電”に着想を得たそうです。

北アメリカ大停電とは
2003年の8月、北アメリカで発生した29時間に及ぶブラックアウト災害。被害総額は約60億ドル。電線路の送電が停止したことが原因とされていますが、ハッキリとした原因は不明。

とにかく、北海道でも地震で大規模な停電(ブラックアウト)を起こしましたから、あながち起こらない事ではないと思います。

(;゚д゚)ゴクリ… 電気がナイって…。

想像したら怖いですね。

ねこーん

出演者

監督 岸本司
鈴木義之 小日向文世
鈴木光恵 深津絵里
鈴木賢司 泉澤祐希
鈴木結衣 葵わかな

( ^ω^ )ニコニコ こんな感じとなっております。

鈴木家の話ですもんね。

ねこーん

作品内容

しがないサラリーマンの鈴木。(ちなみに矢口監督の作品は主人公名が鈴木が多いそう。)いつもの通り、いつもの生活を過ごしていたが、突然、ブラックアウト(大規模停電)が発生してしまう。

「何かの故障…、すぐに直る。」

鈴木義之(小日向文世)はタカを括っていたが、日が立ち、1週間、2週間を超えてもブラックアウトが解消する気配がみられなかった。電気のない生活…。それは現代において、何も出来ないことを意味していた。

やがて、人による食料の奪い合い、アチラこちらで振るわれる暴力に、この世は地獄の様相を醸し始めていた。

「西日本は電気が使えるらしい…。」

そんな噂話を聞きつけた義之率いる鈴木家は、家族で鹿児島にある親戚の家へ行くことを決意する。電車もなく、車も動かない。鈴木家は自転車と徒歩で鹿児島を目指すコトとなった。

2.ましゅーの評価

( ゚д゚)ウム 評価してみるか。

作品評価
演出
(3.0)
ストーリ
(3.5)
役者
(3.5)
総合
(3.5)

( ゚д゚)ウム こんなもんかな。

ですね。

ねこーん

僕の感想

「電気って大事なんだな。」って思える映画です。また、「雑学は意外と役に立つ。」ことも再発見できる映画ですね。そう考えると、”伊藤家の食卓”の復活を希望せざるを得ません。(笑)

どんな状況でもこの地獄は起こり得ると思います。戦禍でもそうでしょうし、天災でもそうでしょう。世の中は便利になりました。しかし、人はその便利さと引き換えに逞しさを失ったのかも知れません。ジャケットの豚の意味は…。成仏してください。

(ノД`)シクシク 生きるためにはな。

目を背けてはいけません。

ねこーん

防災感覚を養うために家族で観るのもアリかもです。興味がある人はぜひ。

それでは皆さん、次回記事でお会いしましょう。

(。・ω・)ノ゙ し~ゆ~。

ゆ~。

ねこーん


3.宣伝

(。・ω・)ノ゙ ここから宣伝ですよ~。

エンタメの楽しみ方は千差万別です。

しかし、何より大切なのは、自分に合った楽しみ方が出来るコト。だと思うんですよね。僕としては。

そうですかね?

ねこーん

(゚д゚)(。_。)ウン 僕はそう思うよ。

自分に合った楽しみ方とはそんなに難しい話ではありません。

大音量でサウンドを聴きながら、迫力の映像を大きいスクリーンで楽しみたい人は、映画館へ行けばよいのです。しかし、映画館へ行っても他の観客が気になる人や、お菓子を食べながら観るのが好きな人、トイレへ頻繁に行きたくなる人もいるのです。

いますね。

ねこーん

(((uдu*)ゥンゥン 気になって楽しめなかったりね。

あと、普通にお値段が高くて行けない人と感じる人も居ますしね。そういう人たちは自宅で思う存分楽しめばよいわけです。エンタメをね。

そこで、自宅で簡単にお安くエンタメを楽しめる方法としてコチラをオススメします。

【広告】

ないエンタメがない。

というキャッチフレーズと共に展開している”U-NEXT”さんですね。

(`・ω・´)シャキーン あったお金がない。

それはいつもの事です。

ねこーん

観る・読む・聴くのエンタメ全部

”U-NEXT”さんの特徴としては、観る、読む、聴く…、と全てのエンタメを網羅しているのが特徴のひとつです。

観るでは…、

  • 映画 6,700作品(見放題)+1,500作品(レンタル)
  • 海外ドラマ 560作品(見放題)+260作品(レンタル)
  • アニメ 2,200作品(見放題)+200作品(レンタル)

読むでは…、

  • マンガ 160,000作品(購入)
  • 書籍 150,000作品(購入)
  • 雑誌 70誌以上(読み放題)

聴くでは…、

  • 今週のおすすめ見放題LIVE映像
  • 本日のミュージックビデオ

等のコンテンツがガッツリ揃っております。

(ノ・ω・)ノオオオォォォ- 凄いですな。

集まってますね。

ねこーん

お得な料金プラン

月々のお支払いは税込み1,990円。

でもね、毎月1,200ポイントチャージされます。このポイントはコンテンツ購入で使用するコトが出来ます。レンタル作品や購入商品は取得にお金が掛かりますが、1,200円分については初めからオマケとして付いています。

そう考えると…、

1,990円(月額) - 1,200(ポイント)=790円(実質の月額)

と考えることが出来ます。

実質790円で見放題チャンネルや見放題の雑誌を考えると…。

(`・ω・´)シャキーン 確かに安いね。

確かに。

ねこーん

また、ファミリーアカウントとして親アカウントに3つまでの子アカウントを無料で付けられます。同時再生も可能ですので、家族みんなで利用すれば更にお得。(諸所の規制がありますので、詳細はU-NEXTサイトをご確認ください。)

様々なモバイルで再生可能

自宅のテレビでなくても、スマホで、タブレットで、ゲーム機で、パソコンで…といったマルチデバイスでの視聴が可能。

出張中にコンテンツをチェックして、自宅の大きなテレビで楽しむのも良し。テレビで視聴中だったコンテンツを、空いた時間に別の場所で楽しむのも良し。

上手にマルチデバイスを使用できれば、常にエンタメを持ち歩けるかも…。

自分のスタイルでエンタメを楽しむ。これからは、これからも。

もっかい貼っときますね。

【広告】

(。・ω・)ノ゙ そろそろ良い時間です。それではこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください