(。・ω・)ノ゙ おめでと~

【本】”超AI時代の生存戦略” 2045年…来るべき未来の指針は…。 

読書

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

※本が題材の時はしばらくこの文章を書きます。

ましゅー。はリアル書店を応援しています。また、紙媒体の本を応援しています。

電子媒体を否定しているわけではアリマセン。電子媒体はとても便利で、これからの読者のため、また、活字好きな人の為に大活躍するツールだと思っています。ですが、電子媒体が便利だからと言って、紙媒体が失われてゆくのはとても惜しいコトだと思っています。

紙媒体に触れながら読む本は、電子媒体とまた違った味わいがあってよいと思うのです。

例えばコーヒーで汚れてしまったり、古くなって黄色くなってしまったり…。紙媒体の本は時が経つにつれ、汚れ、風化し、朽ちてしまいます。しかし、それらすべてがその本の年輪となり、持ち主と共に成長してゆくのだと思います。

何十年か後…、貴方は大きくなり、幼き頃に読んだあの本を、自分が尊敬する人から頂いた本を、母が呼んでくれたあの本を、そっと手に取りゆっくりと読み返してゆく。

その贅沢を想像するだけで身が焦がれる気持ちになれると思うのです。

ましゅー。は勝手にリアル書店を応援してゆきます。

僕も応援してゆきますよ。

ねこーん

—ここから本編—

今回の話題は【本】です。

( ^ω^ )ニコニコ 本が好き。

どうしたんですか?

ねこーん

( ゚д゚)ウム 時々、自分に言い聞かせるためにも言っとかないと。

1.妄想の時間

(((o(*゚▽゚*)o))) 始まりますよ~。

「今日も疲れましたね。サトシさん。」

「そうだね…。」

サトシは缶詰のふたを開けながら気怠そうに答える。

(いつからだろう?どの位からだろう?)

必死で記憶をたどってみる。

(いつだったんだろう…。)

缶詰の肉を口に放り込みながら、もう一度、記憶の扉を開こうとした。

(人間と最後に話したのは何時だったっけ?)

「今日はどんなことがありましたか?」

そう考えるサトシに、笑顔いっぱいのAIガールは話しかけていた。

「意外と悪い日じゃなかったよ。」

サトシも自然とそう答えていた。まあ、どうでもイイことだ。人間よりAIの方が僕のコトヲ分かってくれる。ツラい思いをして人間と付き合うより、AIと過ごした方が気楽だ。

僕より若い世代は人間と接触するコトすらないかもしれない。人間と人間が触れ合うコトがストレスを生み、犯罪を呼び起こす。やがて、人間はクダラナイ思想に支配され、この世を混沌へ導いてゆく…。

今の生活なら、そういった意味でも平和だ。

「今日は何処に遊びに行きましょうか?」AIの笑顔は常に眩しい。

( ^ω^)…何てことを書いてみる。

今回紹介する商品はコチラです。

「超AI時代の生存戦略」 落合陽一

2.書籍について

( ゚д゚)ウム このひと頭いいよね。

助教授ですもんね。

ねこーん

服のセンスはビミョウですが、頭の良さはずば抜けている”落合陽一”さんの書籍となります。開成高校を卒業後、筑波大学へ入り、東京大学大学院修了。若者代表、時代の寵児として”朝まで生討論”とかにも良く出演されていますね。

まあ演じられている所も多々あるんでしょうが、とにかく合理的に行動します。朝まで生討論に出演中も、自分が喋る以外の時はパソコンでひたすら何かを調べている素振り。おそらく、団塊の世代の人なんかはそんな行動に怒りを覚えるんじゃないですかね。(笑)

3.ましゅーの感想

( ^ω^ )ニコニコ 面白かった。

このブログでも良く書いているんですが、僕は”ほりえもん”さんが好きなんですよね。たぶん、友達にしたらめちゃ嫌な人でしょうけど。

いや、最初は嫌いだったんです。でも、書籍を読んでいるうちに、「あれ?この人面白いこと言ってる!」と思ってからはすっかりファンです。

(((uдu*)ゥンゥン 考え方は面白いよね。

ですね。

ねこーん

でね、”ホリエモン”さんのファンになりますと、”西村博之(ひろゆき)”さんや、今回の書籍を書いた”落合陽一”さんにも興味が出始めるんですよ。

で、落合陽一さんなんですけど、先にも書いた通り、”朝まで生討論”にも出てるんです。そしてその言動を見ていると、「はぁ…頭いいねアンタ。」って感じの言動が非常に多い。

そんな落合さんが未来に起こる、”シンギュラリティ(技術的特異点)”についてこんな準備をしておいた方が良いのではないか? というコトを著した作品です。あっ準備と言っても、物とかお金の話じゃなくて考え方の話です。

シンギュラリティとは、高度化されたAI(人工知能)が人間を追い越して進歩の主役となる事です。(超簡単に書いてます。くわしーい人もいろいろ言わないでね。笑)

昔からSFにもよく合った話です。それを人は何処かで恐れているんですよね。人間はAI化を求めながらも、何処かでAIを恐れているんです。

マトリックスもそんな話だし、ある意味、ターミネータもそうかな。なかなか、イケず…なんですケド、ただ、この爆発的なAI化はもう始まっているんですよね。

だいたい、メディアでAI化、AI化と叫ばれ始めたというコトは、実際には最先端はさらに進んでいるんだと思って頂ければ。(本当の始まりはもっと小さいものです。)ただ、このAI化という大きな流れを恐れる必要はないんです。そのためには…という本です。

面白かったですね。出来れば…大学生とかが読むと良いんじゃないかな。

あと、個人的に思うんです。

この落合さんもしかりなんだけど、日本はもっとこういう人を大切にしないと駄目です。いわゆる、変革を起こそうとする人たち、イノベーターを大事にしないと勿体ないんです。こういう人たちに対して、日本はあまりにも閉鎖的です。

なので、そんな人たちは息苦しくなって海外へ行っちゃうんですよね。これは、大きな知的損失に成り得ると思うんですよね。

おっと、だいぶん脱線しちゃいました。

この本は、

来るべき未来の指針になるかもしれません。また、備えておくべき能力の教科書かも知れません。

えらく持ち上げちゃいましたが、興味がある人はぜひ読んで観て下さい。


4.宣伝

一期一会。

人と出会った時、その人と会うのはその一度きりかもしれない。と考えて、丁寧に相手のコトを思いやって行動する。そんな素敵な言葉です。

僕は本に対して、その言葉を都合よく解釈しています。(笑)

一期一会。

その本と出合うことはもう二度とないカモ知れないから、自分が欲しいと思ったら無理してでも買っておく。後悔するよりかは、ランチの質を落とした方がマシ。

僕のご飯は犠牲にしないでくださいね。

ねこーん

いや、これで何も不自由はしていないんですケド、これをやってると悲しい付加がつくんですよね。それは…、異様に本が溜まり続けてしまう。コトですね。

…それはそうでしょうね。

ねこーん

(  ̄っ ̄)ムゥ それを処分せなあかんやろ。断捨離もせないかんけん。

と、最近、本を処分し始めました。自分に合わない本や、もう読まないだろうな~と思える本はメルカリとかで販売し始めたんですよ。(メルカリでも風のましゅーで検索。笑)

でもね、メルカリってなかなか値段を下げられないんです。

その理由が運送費です。

値段が下げられないから売れないし、それを押して無理に売れば、自分が動いた分が赤字になっちゃうし。

そこでイマ、目を付けているのがこのサービスです。

【広告】

なんだろな…イロイロ探してたんだけど本だけじゃなくガッツリ買い取ってくれるところを見つけました。(使いかけの香水もかってくれるそーな。)

す…スゴイですね。(;^_^A

ねこーん

それでは簡単に調べた内容を書いときますね。

  • 千差万別な商品を買ってくれる。
  • キャンペーンを有効に使えばプラス料金がつく。
  • 宅配買取可。ダンボールも無料、送料も無料。
  • プロの鑑定士が査定、コレクター商品も…。
  • 1点、1点の買取金額を発行

①千差万別な商品を買ってくれる。

いろいろな商品の引き取りが可能ですね。ゲームソフト本体、フィギュア、本、文房具、アイドルグッズ、コスメ、スマホ、タブレット…。

その数、全100ジャンルをまとめて買取してくれるそうです。

これはね…断捨離や引っ越しする時に大きな味方になるかもですね。キャンペーンの内容によりますが、買取商品数が多いと〇〇円プラスというのをよくやっているみたいですので、纏めて売れば売るほど効果になるかも。家族の不用品をまとめて売るのもありですね。

僕の腹巻きは売りませんよ!

ねこーん

②キャンペーンを有効に使えばプラス料金がつく。

買取へのタダならぬ決意が見えますな。

中古商品を商材としている会社はとにかく売れるものを買わないとイケませんからね。それこそ、商品の安定供給という点では新品を売る方が良いんだから。

中古商品販売店の何としても商材を手に入れる心意気は凄いものがアリマス。

怖いくらいですよね。

ねこーん

このキャンペーンもそうかな。でも、使用するコチラ側はこのキャンペーンを上手に利用しないとですよね。

③宅配買取可。ダンボールも無料、送料も無料。

最近、このシステム増えましたよね。

便利になりましたよね。

ねこーん

買取の流れはこんな感じみたいですね。

  1. WEBサイトから申し込みを行う
  2. 商品を梱包、ダンボールに身分書のコピーを同封
  3. 集荷
  4. 査定(連絡)
  5. 入金

みたいな流れとなります。ダンボールは申し込みの際に送って貰うことが可能。自分でダンボールを準備した場合は、査定料金に300円アップとなるそうです。

④プロの鑑定士が査定、コレクター商品も…。

コレがね…、大きい利点だと思うんですよ。

中古屋さんに物を売った事ある人はわかると思います。過去にレア物なのにソレは考慮されずに非常に安く買いたたかれたことはアリマセンか?

これはね、仕方がない事でもあるんですよ。買い取る方に知識がない場合、とにかく古いとか新しいとか、きれい、汚いで買取を行うしか方法がないんですよね。

昔の中古ショップはカオスでしたよね。

ねこーん

その点、プロの鑑定士(少なくとも詳しい人ね。)がいるのは安心ですよね。

⑤1点、1点の買取金額を発行

コレもとても大事ですね。

先に書きましたが纏めて売るのがお得になるんですよ。でも、家族や友達とかで纏めて売ると1点ずつの商品買取額がわかんないとお金が分けられないじゃないですか。

これね、意外とやっているお店少ないんですよ。

いちいち書くのが面倒なんですかね?

ねこーん

流石に売れた金額を皆で折半という訳にも行かないでしょうからね。(下手すりゃ喧嘩になっちゃうよ。)

ε=( ̄。 ̄;A フゥ…以上ですかね。

貴方には不要の商品となっていても、何処かの誰かにはお宝かも知れません。商品も使用してくれる人に渡った方が幸せなのかもしれません。

もっかい貼っときますね。

【広告】

興味がある人は覗いて見てくださいね。

そろそろ良い時間です。今回はこの辺で。 (。・ω・)ノ゙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください