(´・ω・`) もうすぐ梅雨ですね。

【PC】ライブドアブログからワードプレスへの引っ越し その②

PC

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

ぜんざいとおしるこって何が違うんだろ?気にならない?

僕はおしるこって言いますね。

ねこーん

(。´・ω・)? なんで? ねえ、なんで?

なんだろ?地域での呼び方かな?誰かおしえてつかーさい。

 — ここから本編 —

今回の話題は【PC】です。

前回からの続き記事となるのです。前回記事はコチラですよ。

PC【PC】ライブドアブログからワードプレスへの引っ越し。その①

前回は無料ブログのメリット、デメリットを書かせて頂きました。ですので、今回はワードプレスのコトを書こうかな。

比べないと駄目ですもんね。

ねこーん

(((uдu*)ゥンゥン そうね。

でも、無料ブログは2年ほど使ったので良いも悪いも少しはわかっていたのですが、ワードプレスはまだ全然使ってないですからね。本当にちょっと使ってみたダケの感想です。ある意味、ファーストインプレッションとは呼べるかもしれませんけどね。

1.ワードプレスのメリットっぽいところ。

(-ω-;)ウーン なんやろな。

まま、まだわかりきってないのでこんな書き方で行きます。(笑) 現時点でなんかこれは良さそうな気がするヨ…ってことです。

ワードプレスのメリットっぽいとこは…、

  • 重りを外したリョーマ。
  • やりたいことの決定権が自分にある。
  • 無限に広がる可能性。

位ですかね。今感じているのは。

なんか…テニプリの主人公出てますけど。

ねこーん

( ゚д゚)ウム 大事やろ。

では、それぞれの説明を書きますね。

①重りを外したリョーマ。

ええ、テニプリの主人公越前リョーマも重りを外して本気出したら凄かったですよね。…かなり初期のストーリですケド。(笑)

ワードプレスもそんな感じです。僕にとっては。ブログが本気を出せばもっと凄いことが出来るのに、今まで出し切れてなかった感じですかね。

すいません、例えがサッパリワカリマセン。

ねこーん

( ^ω^)…わかれよ。

ワカラナイ人の為に少し丁寧に書くと、ワードプレスそのものはテキストを書き込むだけの簡単なソフトです。

ワードプレスでも最初についている機能は超シンプルなブログ機能のみです。ですので、ワードプレスだけだと楽しくもなんともないんです。でもね…、ワードプレスはあくまで基礎ソフト。追加でインストールすることができるプラグイン集が凄いんですよね。

いわば拡張機能なんですケド、とにかく便利&多種多様。

(((o(*゚▽゚*)o))) これやりたい!

o(^^o)(o^^)oワクワク  あれもしたい! 

とブログに対して思うことは、ほゞできると思って構わないんじゃないかな。

この、やりたいことが全部できるってスゴイ楽しいですよ。

②やりたいことの決定権が自分にある。

無料ブログを使っているとブログの管理権は運営会社が持っています。そのため、こんなことやりたいとか、コレを試してみたいという事柄があっても自分で決めることが出来ません。

運営がその機能を取り入れてくれたりするまで待たなければならないんですよね。

でも、ワードプレスの場合…というか、自分でドメインやサーバーを準備した場合は、管理権はほゞアナタにあります。(サーバーはレンタルかと思いますので、厳密的なサーバー管理者は違いますケド。)

ですので、ブログでこんなことしたい。とか、コレを試したい。ということは貴方が決定すればチャレンジすることが出来ます。

ある意味、やりたい放題だね。

ねこーん

( ̄ー ̄)ニヤリ そうだよね。

もちろん、その責任は自分で取る必要がありますが、この自由度はワードプレスの大きな利点となりますね。

③無限の可能性。

上のようなメリットからワードプレスには無限の可能性があると思います。

やりたいことも直ぐに実行できますし、管理権限も自分にありますし。

自由度はとても高いですよね。

ねこーん

(`・ω・´)シャキーン そう!

あと無料ブログで気になることのひとつが、運営が無料ブログサービスを止めてしまった時ですよね。

ドメインもサーバーも運営から提供されているモノですから、ブログを続けることが出来なくなってしまいます。ブログを引っ越せられるほどの猶予があれば良いのですが、とつぜん、終了!もあり得るでしょうしね。(大手なら大丈夫でしょうけどね。)

でも、万が一と言うコトもあり得ますので、ずっと維持管理権を自分が持てるということはソレだけで大きなリスクを回避しているといえるかもしれません。(お金はいるケドね。)

以上がメリットみたいな感じかな。それではデメリットも書きましょうかね。

2.ワードプレスのデメリットっぽいとこ。

デメリットはこんな感じじゃないのかな?

  • お金(ランニングコスト)が掛かる。
  • 維持管理を自分で行う必要がある。

①お金(ランニングコスト)が掛かる。

最初にして最大の難問がコレかもしれないですね。

大きな問題ですよね。

ねこーん

(-ω-;)ウーン どうしてもね。

ワードプレスそのものにはお金は掛かりませんが、独自ドメイン、並びにレンタルサーバの維持にお金がかかっちゃいます。

無料ブログと比べ、お金がかかるというのは大きなデメリットでしょうね。

②維持管理を自分で行う必要がある。

自分のブログの責任は自分で持つ。という状態となります。

書いては見たケド、これはアタリマエと言えば当たり前ですケドね。

セキュリティの為にワードプレスを常に最新状態に保ったり、新しく入れるプラグインの評価をキチンと自分で調べる必要があったり…。

自分が決定権を持ってますから、その分、責任も自分にあるということですね。これを面倒と感じる人にはデメリットだと思います。

でも…普通だと思いますケドね。

ねこーん

( ゚д゚)ウム そだよね。

でも、これがデメリットって言えるんだろうなぁ…。

 ε=( ̄。 ̄;A フゥ…長く書いたな。続きは次回記事にしましょう。


4.宣伝

(。・ω・)ノ゙ ココから宣伝ですよ~。

無料ブログを卒業してワードプレスへ乗り換えを検討しているあなた!

これからブログを楽しく運営していこうと思うそこのアナタ!

ブログを運営してゆくには、独自ドメインとレンタルサーバを契約する必要がアリマスよ。

大事なことですよ。

ねこーん

( ゚д゚)ウム その通りだ。

多くのドメイン会社やレンタルサーバ会社が凌ぎを削っていますが、当サイトはエックスサーバをお勧めしています。

お勧めの理由は…

僕が使っているケド、悲しい出来事が起こってないから。

ブフッ∵(´ε(○=(゚∀゚ ) ちゃんとやりましょう。

ねこーん

_(꒪ཀ꒪」∠)_ いや、ほんとの事なんだけど。

真面目に書きますと…、お勧めの理由は下記です。※ちゃんと調べましたよ。

  • 15年の運営実績
  • サイト運営者160万人突破

①15年の運営実績

継続は力なり。大切ですよね。

会社運営は顧客があって成り立つことですから、長期に会社を運営できるというだけである程度の信頼はおけると思います。自分たちが勝手に続けたいと思っていても、世間の評価が悪ければあっという間に倒産しますからね。

長期に運営できる会社には様々なノウハウが集まり、使用者の満足度をさらに高めてくれます。

エックスサーバは大量アクセスに強い負荷耐性とストレスフリーの高速環境を売りにしています。

売りというのは、

そこの技術には特にお金を掛けて頑張っていますよ!

という会社の意思表示です。

負荷耐性と高速環境…これはブログ環境にはなくてはならないものです。ブログ運営にエックスサーバは適していると思いますよ。

②サイト運営者160万人の実績

ユーザーフレンドリーであるかどうか…。

安かろうボロかろう…もどうかと思いますし、変に高機能すぎて高いというのもどうかと思います。

使い勝手が良く、コストパフォーマンスに優れている。

コレが出来ないと多くの顧客を得ることが出来ません。かゆい所に手が届くこと≒ユーザフレンドリーと言えるのかもしれませんね。

エックスサーバは、

  • ワードプレスを簡単にインストールできる。
  • 無料の独自SSLを備えている。
  • 10日間のおためし期間

を備えていることからも、ブログを始める方にとって扱いやすい商品となっています。

とても大切なことです。

ねこーん

( ゚д゚)ウム せやな。

以上の理由で、独自ドメイン、レンタルサーバの契約にはエックスサーバをどーぞー。

【広告】

以上、宣伝でした。

それでは今回はこの辺で。(。・ω・)ノ゙

4 COMMENTS

えたばりゅ

そうそう(*´ω`*)
自由という名の責任ですよね(*´ω`*)
いわば経営者と同じ。。。僕もしっかりと腰を据えて取り組まねばです(*´ω`*)

返信する
風のましゅー。 風のましゅー。

有難うございました。そういって頂けると何よりです。( ^ω^ )ニコニコ

返信する
ビー玉

本当にね!管理は自己責任だけど自由がある!!検索に強いっていうのもあるよね!やろうと思えば、いくらでもSEOを強化できるしぁ・・私はまだまだ勉強不足だけど(゚∇゚ ; ) 精進しま〜すw

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください