(´・ω・`) もうすぐ梅雨ですね。

【F1】”スペインGP” 本物だね、こりゃ。しばらくは待ちだね。

F1

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(´・ω・`) サマーニット帽が届かんのよ。

ウォーキングの時は?

ねこーん

(ノД`)シクシク 未だに冬のニットなのよ、暑いのよ。

 — ここから本編 —

今回の話題は【F1】です。

第5戦が終了しましたね。

カタロニアサーキットですね?

ねこーん

(゚д゚)(。_。)ウン 今回のホンダはどーかな?

早く喜びを爆発させたいですね。

ねこーん

1.スペインGPのリゾルト。

(・∀・)つ 書いとくよ。

決勝リゾルト

順位 ドライバー名 チーム名
1 L.ハミルトン メルセデスAMG
2 V.ボッタス メルセデスAMG
3 M.フェルスタッペン レッドブル
4 S.ベッテル フェラーリ
5 C.ルクレール フェラーリ
6 P.ガスリー レッドブル
7 K.マグネッセン ハース
8 C.サインツJr マクラーレン
9 D.クビアト トロロッソ
10 R.グロージャン ハース
11 A.アルボン トロロッソ
12 D.リカルド ルノー
13 N.ヒュルケンベルグ ルノー
14 K.ライコネン アルファロメオ
15 S.ぺレス レーシングポイント
16 A.ジョビナッツィ アルファロメオ
17 G.ラッセル ウイリアムズ
18 R.クビカ ウイリアムズ
L.ストロール レーシングポイント
L.ノリス マクラーレン

※レッドブルとトロロッソがホンダエンジンを搭載しています。

コンストラクターズポイント

順位 チーム名 ポイント
1 メルセデスAMG 217
2 フェラーリ 121
3 レッドブル 87
4 マクラーレン 22
5 レーシングポイント 17
6 ハース 15
7 アルファロメオ 13
8 ルノー 12
9 トロロッソ 6
10 ウイリアムズ 0

(-ω-;)ウーン 相変わらずやな~。

ここまで来ると…。

ねこーん

( ゚д゚)ウム もう、オメガ(FFの強敵)ばりだよね。

2.ましゅーの感想。

(-ω-;)ウーン 今はマダ、我慢の時だよね。

いや、メルセデスが強いわ。この一言に尽きますね。

ビックリするほどですよね。

ねこーん

(゚д゚)(。_。)ウン マジデ強い。ビックリするほどに。

完全に、メルセデスの敵はメルセデス…状態となっております。ハミルトン選手とボッタス選手というチームメイト同士で火花がバチバチ飛んでおります。

これはコレで面白いんだけど、フェラーリとレッドブルは完全に忘れられた存在となっております。(いや、もちろん奮闘はしているんだよ。)

今レースでは、オープニングラップの第1コーナーでフェラーリのベッテル選手がギリギリまでメルセデスを攻めましたが…。他のチームがメルセデスに立ち向かえたのはこの時だけ。メルセデスは同チームでトップを競い合い、その他のチームは蚊帳の外でした。

今回のレースで見事3位となり、表彰台のひとつに滑り込んだレッドブルのフェルスタッペン選手は、「フェラーリと戦えることは分かっていた。」と語っています。

( ゚д゚)ウム フェラーリは射程圏内。

まず、目の前の目標からですよね。

ねこーん

しかしながら、「僕らは良い状態にあると思うけど、メルセデスほどじゃない。」ともフェルスタッペン選手は語っています。

未だ敵は遠い。でも、少しずつ追いついていかねばなりませんね。

さて、フェルスタッペン選手の相方であるガスリー選手は6位入賞という結果となりました。表彰台はマダですが、今回のレースでは良い感触を感じていたようですね。そろそろ、ガツンと見せてくれそうな気もします。

レッドブル以外でホンダエンジンを積んでいるトロロッソチームは、クビアト選手が9位入賞。アルボン選手は惜しくも11位となり、W入賞は逃してしまいました

しかしながら、コチラも少しずつ手ごたえは感じている様子…。しばらくはアルファロメオ、ルノー辺りがライバルとなりそうですが、見ごたえのあるレースに期待したいですね。

( ゚д゚)ウム そう遠くない未来に歓喜の瞬間が…。

うっすらと見え始めていますよね。

ねこーん

楽しみは広がります。いつ、ホンダエンジンが表彰台の真ん中に…。

次回はモナコGPとなります。(5月23日~5月26日開催)


3.宣伝

ココから宣伝ですよ~。(。・ω・)ノ゙

かつて、F1グランプリでアイルトン・セナ選手が活躍していたころ、日本では大のF1ブームが巻き起こっていました

その人気はとどまることを知らず、とんねるずのTV番組とかでも、”生ダラグランプリ”と冠してカートでグランプリをしていたぐらいです。(この番組にセナ選手が出たこともあります。)

そういったコトもあり、いわゆるテレビ地上波でも”F1グランプリ”は全レース放映されていました。

それが…。

ねこーん

(゚д゚)(。_。)ウン 悲しいケドね。

しかし、その後、F1グランプリのブームは下火となってゆき、視聴率の問題から地上波では放映されなくなりました。

しかし、F1が観たい…。メーカとメーカの凌ぎあいが観たい…。ドライバの意地の張り合いが観たい…。という人はマダいるハズ。

そんな人の為に、かるーく紹介させて頂きます。

F1観るならスカパーで。

先ほども書きましたけど、残念ながら地上波でF1を観る方法はアリマセン。(2018年の日本グランプリは地上波で放映してくれました。)

そこでお勧めしたいのが、”スカパーへの加入”です。

スカパーはF1放送の専門チャンネルを持っており、スカパーへ加入後、専門チャンネルを購入すればF1の熱い戦いを鑑賞することが出来ます。

スカパーはCS放送となりますので、先ずはCSが映るかどうかをチェック。CS放送が観れることが確認できたら、30分程度の手続きで鑑賞OKです。

スカパーならではの利点。

高画質で大画面。

大きい利点のひとつですね。最近、家電量販店にテレビを見に行っても、50インチの大型テレビがドーンと飾られています。

大きいですよね。

ねこーん

(゚д゚)(。_。)ウン ビックリするほどね。

大画面≒高画質となりますので、大きい画面でF1を楽しみたいのであれば、高画質であるコトは絶対条件です。

選ぶF1チャンネルによっては4K放送も始まっていますので、大画面で楽しみたいです~。という人はぜひ加入を。

録画ができる。

F1グランプリ…長いですからね。(笑) 休みの日にじっくりとコーヒーを飲みながら鑑賞したい。リアルタイムでは観れない…という人にはピッタリです。

スマホ、PCでも観られる。

スカパーへ加入し、”フジテレビNEXT ライブ・プレミアム”をチョイスした方は、”フジテレビNEXTsmart”を無料で視聴できるようになります。

”フジテレビNEXTsmart”はPCやスマホでF1を視聴することが可能。予選はいち早くスマホで見ておいて、本戦は大きなテレビでゆっくりと…。といった使用も可能となりますのでおススメです。

料金。

フジテレビNEXTライブ・プレミアム:1,590円(申し込み月は無料)

スカチャン2 4K:1,790円(申し込み月は無料)

あと、スカチャン2はフジテレビNEXTライブ・プレミアムと契約していれば、月額700円に割引きされます。

テレビで世界最速の戦いを観たい…、ホンダエンジンに再び栄光が訪れる瞬間が観たいという人はぜひどーぞ。

【広告】

以上、宣伝でした。

今年のホンダは違うぞ! 応援するなら今だぞ。

そろそろ良い時間です。それではこの辺で。 (。・ω・)ノ゙

4 COMMENTS

ビー玉

そうそう・・・F1を生放送してたんですよねぇ(((uдu*)ゥンゥン テレビごと毛布を被ってみると本当に走ってるみたいに臨場感がありました(≧∇≦)←すでに立派な大人でしたw

返信する
風のましゅー。 風のましゅー。

僕はバイクのフルフェイスを被ってみていたがな!(☼ Д ☼) クワッッ!!!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください