(ノД`)シクシク 夏休み終わります。

【F1】”カナダGP” 悩ましいケドね。ベッテルで良かったんじゃない?

F1

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(-ω-;)ウーン どうしよ。

どうしたんですか?

ねこーん

( ゚д゚)ウム もうすぐボナスなんだ。時計が欲しいんだけど…。

だけど?

ねこーん

(-ω-;)ウーン ノートPCも欲しい…。

 — ここから本編 —

今回の話題は【F1】です。

第7戦が終了しました。

ジル・ビルヌーブ・サーキットですね?

ねこーん

(-ω-;)ウーン コレは賛否だね。

悩ましいですケドね。

ねこーん

1.カナダGPのリゾルト。

(・∀・)つ 書いとくよ。

決勝リゾルト

順位 ドライバー名 チーム名
1 L.ハミルトン メルセデスAMG
2 S.ベッテル フェラーリ
3 C.ルクレール フェラーリ
4 V.ボッタス メルセデスAMG
5 M.フェルスタッペン レッドブル
6 D.リカルド ルノー
7 N.ヒュルケンベルグ ルノー
8 P.ガスリー レッドブル
9 L.ストロール レーシングポイント
10 D.クビアト トロロッソ
11 C.サインツJr マクラーレン
12 S.ぺレス レーシングポイント
13 A.ジョビナッツィ アルファロメオ
14 R.グロージャン ハース
15 K.ライコネン アルファロメオ
16 G.ラッセル ウイリアムズ
17 K.マグネッセン ハース
18 R.クビカ ウイリアムズ
A.アルボン トロロッソ
L.ノリス マクラーレン

※レッドブルとトロロッソがホンダエンジンを搭載しています。

コンストラクターズポイント

順位 チーム名 ポイント
1 メルセデスAMG 295
2 フェラーリ 172
3 レッドブル 124
4 マクラーレン 30
5 ルノー 28
6 レーシングポイント 19
7 トロロッソ 17
8 ハース 16
9 アルファロメオ 13
10 ウイリアムズ 0

(´・ω・`) 相変わらず…ウイリアムズが…。

なんだかツライですね。

ねこーん

(ノД`)シクシク 名門なのよ。強い時代もあったのよ。

2.ましゅーの感想。

(  ̄っ ̄)ムゥ これは賛否だね。

一番最初にチェッカーフラッグを受けたのはフェラーリのベッテル選手でした。

えっ? でも…。

ねこーん

(゚д゚)(。_。)ウン そう、ペナルティで格下げなんですよね。

前回のモナコでも、フェルスタッペン選手がピットロードを走行中のアンセイフティ行為でペナルティをくらい、2位から4位へ降格しました。今回はトップでチェッカーを受けたベッテル選手がペナルティとなり、1位から2位へ降格しました。

カーブを曲がり切れずコースアウトしたベッテル選手が慌てて戻ると、後ろを走っていたハミルトン選手にぶつかりそうになった…。という感じだったんですけど、これがアンセイフティとなりペナルティ対象となりました。

僕の感想は…、

(-ω-;)ウーン あれぐらいは普通の様な…。

悩ましいジャッジですケドね。

ねこーん

前回のフェルスタッペン選手はピットロードでしたからね。メカニックたちもいるワケですし、少々厳しめでも仕方がなかったと思うんですけど、今回のは…。

まま、僕がメルセデスが勝つレースを見飽きたというのもありますケドね。(笑)

ただね、今、下位チームの争いが面白いですね。

先ずは、4位チーム争い。

マクラーレン VS ルノー

ルノーは最近、オーナーがチームに対してかなり過激な発破を掛けたらしいですからね。気合が入っていますよ。ただ、マクラーレンも速さを増してますからね。ヤッパリ、昨年度、トロロッソより移籍したテクニカルディレクター、”ジェームズ・キー”の効果が出ている気がしますね。

で、その次の闘いも面白い。

トロロッソ VS レーシングポイント VS ハース VS アルファロメオ

三つ巴どころか、四つ巴の戦いを繰り広げております。(とゆーか、蚊帳の外がウイリアムズだけかな…。)

もちろん、トロロッソを応援しておりますが、チームの強さが似たり寄ったりなので白熱のレースを見せてくれております。

なんにせよ、楽しいレースとなってきましたよ。下位は。

( ̄σ ̄)ホジホジ 上位はツマランからね。

でも、ポロっとレッドブルも勝つ日が来ますよ。きっと。

ねこーん

次回はフランスGPとなります。(6月20日~6月23日)ひょっとするかもしれませぬぞ…。


3.宣伝

ココから宣伝ですよ~。(。・ω・)ノ゙

かつて、F1グランプリでアイルトン・セナ選手が活躍していたころ、日本では大のF1ブームが巻き起こっていました

その人気はとどまることを知らず、とんねるずのTV番組とかでも、”生ダラグランプリ”と冠してカートでグランプリをしていたぐらいです。(この番組にセナ選手が出たこともあります。)

そういったコトもあり、いわゆるテレビ地上波でも”F1グランプリ”は全レース放映されていました。

それが…。

ねこーん

(゚д゚)(。_。)ウン 悲しいケドね。

しかし、その後、F1グランプリのブームは下火となってゆき、視聴率の問題から地上波では放映されなくなりました。

しかし、F1が観たい…。メーカとメーカの凌ぎあいが観たい…。ドライバの意地の張り合いが観たい…。という人はマダいるハズ。

そんな人の為に、かるーく紹介させて頂きます。

F1観るならスカパーで。

先ほども書きましたけど、残念ながら地上波でF1を観る方法はアリマセン。(2018年の日本グランプリは地上波で放映してくれました。)

そこでお勧めしたいのが、”スカパーへの加入”です。

スカパーはF1放送の専門チャンネルを持っており、スカパーへ加入後、専門チャンネルを購入すればF1の熱い戦いを鑑賞することが出来ます。

スカパーはCS放送となりますので、先ずはCSが映るかどうかをチェック。CS放送が観れることが確認できたら、30分程度の手続きで鑑賞OKです。

スカパーならではの利点。

高画質で大画面。

大きい利点のひとつですね。最近、家電量販店にテレビを見に行っても、50インチの大型テレビがドーンと飾られています。

大きいですよね。

ねこーん

(゚д゚)(。_。)ウン ビックリするほどね。

大画面≒高画質となりますので、大きい画面でF1を楽しみたいのであれば、高画質であるコトは絶対条件です。

選ぶF1チャンネルによっては4K放送も始まっていますので、大画面で楽しみたいです~。という人はぜひ加入を。

録画ができる。

F1グランプリ…長いですからね。(笑) 休みの日にじっくりとコーヒーを飲みながら鑑賞したい。リアルタイムでは観れない…という人にはピッタリです。

スマホ、PCでも観られる。

スカパーへ加入し、”フジテレビNEXT ライブ・プレミアム”をチョイスした方は、”フジテレビNEXTsmart”を無料で視聴できるようになります。

”フジテレビNEXTsmart”はPCやスマホでF1を視聴することが可能。予選はいち早くスマホで見ておいて、本戦は大きなテレビでゆっくりと…。といった使用も可能となりますのでおススメです。

料金。

フジテレビNEXTライブ・プレミアム:1,590円(申し込み月は無料)

スカチャン2 4K:1,790円(申し込み月は無料)

あと、スカチャン2はフジテレビNEXTライブ・プレミアムと契約していれば、月額700円に割引きされます。

テレビで世界最速の戦いを観たい…、ホンダエンジンに再び栄光が訪れる瞬間が観たいという人はぜひどーぞ。

【広告】

以上、宣伝でした。

今年のホンダは違うぞ! 応援するなら今だぞ。

そろそろ良い時間です。それではこの辺で。 (。・ω・)ノ゙

6 COMMENTS

風のましゅー。 風のましゅー。

ぐぬぬ…本人も悩んでいることを…。グハッ (´゚ω゚)・*;’.、

返信する
風のましゅー。 風のましゅー。

本当にそうなんだよなぁ…。強かったんだけどなぁ~。(゚д゚)(。_。)ウン

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください