(-ω-;)ウーン 遊びに行きたい

【映画】”STAND BY ME” そういや、新しいドラ…初めてかも。

映画

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(υ´Д`)アツー  夏到来。

急に来ましたね。

ねこーん

(((uдu*)ゥンゥン 梅雨が明けたら直ぐにだったね。

ここから本編

今回の話題は【映画】です。

(-ω-;)ウーン 悩んだケドね。

確かに悩みましたね。

ねこーん

【映画】記事で行くのか? 【L・A・T】記事で行くのか? ソレが問題だ…。

そんなこんなデスケド、今回紹介する作品はコチラです。

作品について

( ゚д゚)ウム 見てみようとね。

STAND BY ME


(ノД`)シクシク ドラ泣き。

泣けます。

ねこーん

それでは紹介していきましょうか。

原作について

コレについてはね。この作品の原作は紹介不要なほどですよね。”藤子・F・不二雄”先生のネコ型ロボット漫画”ドラえもん”が原作です。

( ^ω^ )ニコニコ いやー説明不要。

知らない人を探す方が大変かもですね。

ねこーん

1969年の小学館発行の学年紙(”よいこ”とか”小学1年生とかね)から連載されていますもんね。藤子・F・不二雄先生は1996年にお亡くなりになられましたが、ドラえもんは連綿と続いてますからね。

これからも、子供に愛される漫画であるコトは間違いないですね。(いや、大人もダケドネ。)

出演者

監督 山崎貴・八木竜一
ドラえもん 水田ワサビ
のび太 大原めぐみ
源静香 かかずゆみ

こんな感じになっていますね。

監督は”永遠の0”や”三丁目の夕日”などの脚本も手掛けている”山崎貴”監督、そして、”バイオ”や”鬼武者シリーズ”のCGディレクターである”八木竜一”監督。

CGバリバリの作品となりますので、有名シリーズを手掛けたCGディレクターである八木さんが監督なのは大きいですよね。また、感動系でかつ、なんだか昭和の香りが漂いますので、山崎監督が付いているのも大きい。

(((uдu*)ゥンゥン この二人のコンビは正解。

ですね。

ねこーん

あとね、僕にとって大きかったのは”水田ワサビ”さんなんです。

昭和の人にとって、ドラえもんというと”大山のぶ代”さんなんですよ。あの独特で優しいドラえもんの声が忘れられないんですよね。ですので、僕はドラえもんの声優さんが変わってから、ドラえもんを見ていなかったんですよ。

でもね、チョイと考えた…、

(  ̄っ ̄)ムゥ 食わず嫌いってカッコ悪い。

新しい波を感じないとですね。

ねこーん

作品内容

オムニバス的な作品となっております。

ドラえもんの原作ストーリを7話分まとめたストーリですね。でも、オムニバスと言っても上手に繋げてありますので、ひとつの作品として楽しむことは出来ます。

原作の中でも、感動系として秀逸な”のび太の結婚前夜”や”さよならドラえもん”を収録してますので…、

(ノД`)シクシク そりゃ泣きますわな。

反則ですよね。

ねこーん

キャッチコピーも”ドラ泣き”だもんね。完全に視聴者を泣かしに来ております

元々のストーリが秀逸ですので初めての人も感動出来ますし、ドラえもんを今まで観てきている人も想い出し泣きを含めて号泣ですぞ。

ましゅーの評価

( ゚д゚)ウム 評価してみるか。

作品評価
ストーリー
(3.0)
CG
(4.5)
声優
(4.0)
総合
(4.0)

( ゚д゚)ウム こんなもんかな。

こんなものですね。

ねこーん

僕の感想

うん、作品はね。見慣れた作品なのでこんなモノですね。

身もふたもないですね。

ねこーん

( ̄σ ̄)ホジホジ しゃあないやん?

ただね、CGはビックリした。いやいや、最近のCG技術はスゴイデスネ。今更なんですが。

昔ね、”ファイナルファンタジー”がフルCGで映画になったコトがあるんです。僕も期待して鑑賞したひとりなんですケド、そこにあったのは違和感だけでしたね。(お世辞にも面白くなかった…。)

それからというモノ、演出としてCGを使う分には何ら文句はないんですが、フルCGの映画には抵抗があったんですよ。

でもね、このCGは滑らか。イヤ、”なめらかプリン”を超えたぐらいだね。「これなら普通に見られるな。」と感動しちゃいましたね。技術の進歩恐るべし。

あとね、ドラえもんの声優さんである”水田ワサビ”さんを不思議と自然に受け入れたんですよね。僕自身が。

(;゚Д゚) これには自分でビックリ。

驚きでしたね。

ねこーん

「うん、ワルクナイ。」と普通に鑑賞することが出来ました。(CGだから余計にそう感じたのかな?)

昔からドラえもんを知っている大人も楽しめます。今からドラえもんを楽しむ若い世代も楽しめます。今夏、また、ゆっくりドラえもんを如何ですか?

(ノД`)シクシク…あと、主題歌も泣けるのよ。

ではでは…。

映画って本当に楽しいですね。また次回の映画紹介でお会いしましょう。さよなら×3

(。・ω・)ノ゙ し~ゆ~。

ゆ~。

ねこーん

8 COMMENTS

風のましゅー。

わかる。(((uдu*)ゥンゥン 分かっていても泣いちゃうのよ。(笑)

返信する
ねぇやん

STAND BY MEって、こっちw
アメリカ映画のものを想像しました(^_^;)
わたしも食わず嫌い^^直さなきゃだめかしら…

返信する
風のましゅー。

そう、コッチ。(笑) アメリカの方も好きなんやけどね。( ^ω^ )ニコニコ

返信する
ビー玉

私、これは映画館で、しかも3Dで見たのだ!!タケコプターで飛ぶシーンからドラ泣きだったからね(゚∇゚ ; ) もう一回3Dでみたいっっ

返信する
あかつき

FF映画はもう(´;ω;`)
2時間で何億(何十億?)のもお金が溶けてなくなるのを体験する映画…
今のCG技術はすごいと思います!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください