(-ω-;)ウーン 遊びに行きたい

【F1】”ドイツGP” また、やったりました。ホンダが。

F1

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(υ´Д`)アツー  イヤマジデ。

明日はさらに凄いそうですよ。

ねこーん

(  ̄っ ̄)ムゥ もう風呂だね。風呂に入っているみたい。

ここから本編

今回の話題は【F1】です。

第11戦が終了しました。

ホッケンハイムリンクですね?

ねこーん

(`・ω・´)シャキーン そう! 昔は”西ドイツグランプリ”と呼ばれてたよ。

イギリスGPリゾルト

(っ’-‘)╮ =〇 ほーれ。

決勝リゾルト

順位 ドライバー名 チーム名
1 M.フェルスタッペン レッドブル
2 S.ベッテル フェラーリ
3 D.クビアト トロロッソ
4 L.ストロール レーシングポイント
5 C.サインツJr マクラーレン
6 A.アルボン トロロッソ
7 R.グロージャン ハース
8 K.マグネッセン ハース
9 L.ハミルトン メルセデスAMG
10 R.クビカ ウイリアムズ
11 G.ラッセル ウイリアムズ
12 K.ライコネン アルファロメオ
13 A.ジョビナッツィ アルファロメオ
P.ガスリー レッドブル
V.ボッタス メルセデスAMG
N.ヒュルケンベルグ ルノー
C.ルクレール フェラーリ
L.ノリス マクラーレン
D.リカルド ルノー
S.ぺレス レーシングポイント

※レッドブルとトロロッソがホンダエンジンを搭載しています。

コンストラクターズポイント

順位 チーム名 ポイント
1 メルセデスAMG 409
2 フェラーリ 261
3 レッドブル 217
4 マクラーレン 70
5 トロロッソ 42
6 ルノー 39
7 レーシングポイント 31
8 ハース 26
9 アルファロメオ 26
10 ウイリアムズ 1

( ̄∇ ̄ノノ”パチパチパチ ウイリアムズが初ポイント。

1ポイントでも大事ですよね。

ねこーん

(((uдu*)ゥンゥン 0と1とじゃ大きな差だよ。

ましゅーの感想

щ(´・ω・`щ)カモーン  時代が来たカモン。

1勝目までの道のりは長かったのに、2勝目はアッサリですよ。あっさり。

シナっと優勝しましたね。

ねこーん

(((o(*゚▽゚*)o))) おめでとう! フェルスタッペン選手!

いやいや、予選2位だったので期待はしていたんですよ。ひょっとしたら、表彰台には乗れるかもしれん! とは思っていたんです。

でもね、フタを開けてみたらアンタ。優勝だよ。優勝。

スゴカッタデスヨネ。

ねこーん

( ゚д゚)ウム 荒れたレースだったね。

雨のせいで路面状況が刻一刻と変化し、非常にタイヤマネジメントが難しく、スピンやリタイアが続出するレース展開となりました。

優勝したフェルスタッペン選手も派手にスピンをかましてます。それでも優勝出来ちゃうほど、荒れにあれた展開でした。(いや、面白いほど、次々とコースアウトしてましたからね。)

とはいえ、雨が降って路面状況が悪いのは全車いっしょですからね。その中で優勝したフェルスタッペン選手の集中力とクレバーなドライビングは称賛されるべきだと思います。

そして…

(●>ω<●) ナキソウ。

やっとですね。

ねこーん

リゾルトの3位を見て下さい。

(ノД`)シクシク 泣きそう。

ワカリマスヨ。

ねこーん

”トロロッソ・ホンダ”のクビアト選手が見事、表彰台を獲得するコトとなりました。

(((o(*゚▽゚*)o))) マジデ嬉しい。

応援したかいがありましたね。

ねこーん

トロロッソは2008年以来の表彰台となりました。そして…、クビアト選手なんですよ。書きたいのは。

(´;ω;`) うんうん、ヨカッタね。

苦労人ですもんね。

ねこーん

クビアト選手はトロロッソでF1デビュー後、上位チームであるレッドブルへ移籍。しかしながら、十分な成績が残せない&アグレッシブなドライビング(強引に攻めるのでぶつかっちゃうのよ。)が他ドライバーとの確執を生みました。

そのため、上位チームであるレッドブルから、再び、トロロッソへと降格。その後、解雇の運びとなりました。

そういうドライバーがF1へ復帰することは稀なんですが、昨年度、トロロッソがドライバー不足に陥り、復帰するコトとなりました。

そのワンチャンスを見事モノにしたドライビングと言えるでしょう。クビアト自身も「この数年間は本当に波乱の時期だった。一時はF1自体を諦めかけたこともあった。もし、万一現役復帰できても、表彰台に上がれることはないと思っていたんだ。」と語っていますしね。

しかし、その僅かなチャンスをモノにした運と実力は本物なのでしょうね。もしかしたら、このレースの前日に娘さんが生まれたそうなので、彼女が勝利の女神なのかもしれませんけどね。(笑) なんにせよ、トロロッソにしても、クビアト選手にしても素晴らしい表彰台となりました。

しかし…、

(-ω-;)ウーン どうした。

マズいですね。

ねこーん

そう…、ガスリー選手です。僕が心配しているのは。今年の最高位が4位。もう11戦終了しているのに、この結果は頂けないと思うんですよね。しかも、先にジュニアチームであるトロロッソのクビアト選手が表彰台に乗るとなると…。

(-ω-;)ウーン マズい。

厳しい。

ねこーん

調子は上がってきたと言っても、結果が出てこそのF1ですからね。このまま行くと「ガスリーには、まだトップチームは早かった。」となる可能性があると思うんです。

でね、年齢も、

レッドブル フェルスタッペン選手(21歳)ガスリー選手(23歳)

トロロッソ クビアト選手(25歳)アルボン選手(23歳)

と、殆ど変わらないですからね。”若いのでまだ様子を見よう。”とはならないと思うんですよね。次回あたりに良い結果を出して欲しいですね。

なんにせよ…ホンダ2勝目。次回レースも楽しみですね。

次回はハンガリーGPとなります。(8月02日~8月04日)魅せてほしいなぁ…。

2 COMMENTS

ビー玉

雨が降って泣きそうって言ってたのかと思ったけど、嬉し泣きだったの? それはもう・・大いに泣きたまえ(((uдu*)ゥンゥン 

返信する
風のましゅー。

いやいや、鈴鹿は雨で悲しくて、F1は雨で大喜びって話です。(`・ω・´)シャキーン

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください