( ^^) _U~~ 秋だねぇ。

【F1】”イタリアGP” 強いぞ! 躍動の跳ね馬。

F1

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(  ̄っ ̄)ムゥ いやいや、酷い目に遭いました。

大変でしたね。

ねこーん

(((uдu*)ゥンゥン 空港に閉じ込められるって大変ね。

出張先は北海道でしたが、台風の影響で成田空港に閉じ込められることに…。その様子はまとめ次第、アップさせて頂きます。

 — ここから本編 —

今回の話題は【F1】です。

第14戦が終了しました。

モンツァ・サーキットですね?

ねこーん

(`・ω・´)シャキーン そう! フェラーリの聖地ですよ。

1.イタリアGPリゾルト

(っ’-‘)╮ =〇 ほーれ。

決勝リゾルト

順位 ドライバー名 チーム名
1 C.ルクレール フェラーリ
2 V.ボッタス メルセデスAMG
3 L.ハミルトン メルセデスAMG
4 D.リカルド ルノー
5 N.ヒュルケンベルグ ルノー
6 A.アルボン レッドブル
7 S.ぺレス レーシングポイント
8 M.フェルスタッペン レッドブル
9 A.ジョビナッツィ アルファロメオ
10 L.ノリス マクラーレン
11 P.ガスリー トロロッソ
12 L.ストロール レーシングポイント
13 S.ベッテル フェラーリ
14 G.ラッセル ウイリアムズ
15 K.ライコネン アルファロメオ
16 R.グロージャン ハース
17 R.クビカ ウイリアムズ
K.マグネッセン ハース
D.クビアト トロロッソ
C.サインツJr マクラーレン

※レッドブルとトロロッソがホンダエンジンを搭載しています。

コンストラクターズポイント

順位 チーム名 ポイント
1 メルセデスAMG 505
2 フェラーリ 351
3 レッドブル 266
4 マクラーレン 83
5 ルノー 65
6 トロロッソ 51
7 レーシングポイント 46
8 アルファロメオ 34
9 ハース 26
10 ウイリアムズ 1

(;゚Д゚) つええ…フェラーリ。

ルクレール選手の覚醒ですか?

ねこーん

(  ̄っ ̄)ムゥ いや、彼は昔から速いよ。

2.ましゅーの感想

( ゚д゚)ポカーン 今回はな。

レッドブルについて

アルボン選手は予選8位。そして、その結果のままのスタートとなったのですが、フェルスタッペン選手はPU(パワーユニット)の変更をしたので、(SPEC-3 → SPEC-4へ)最後尾からのスタートとなりました。

「このPUはいい。後方からでもトップ4に追いつけるよ。トップ4は抜けないとは思うけど。笑」とフェルスタッペン選手は語っていたので、ある程度の自信はあったと思うんです。でも、残念ながらスタート直後に他車と接触。フロントウイングにダメージを受けました。

(。・ω・)ノ゙ 終了~。

スタートは下手ですよね。

ねこーん

でも、その後は猛追。結果8位でフィニッシュとなりました。

(  ̄っ ̄)ムゥ ペナルティと接触さえなければ…。

次回に期待ですね。

ねこーん

アルボン選手は、時折、アグレッシブな走りを魅せながらも予選と一緒の6位となりました。ペナルティを受けましたが、あの走りはこれからが楽しみなヤツです。

その他ホンダ勢

可哀そうだったのはトロロッソのガスリ―選手カナ。良い走りを魅せていたんですけど、コースアウトしたフェラーリのベッテル選手が強引にコースに戻ろうとしてレーシングポイントの選手と接触。ソレに巻き込まれてコースアウト…。ポジションを2つ落とす結果に。

コレが最後まで響き、11位でフィニッシュとなりました。

一方のクビアト選手は、一時は6位まで順位を上げたりとその戦闘能力の高さは十分に魅せたが、”オイル漏れ”を発生させリタイアとなった。クビアト選手は、「貴重なポイントを稼ぐチャンスを逃すことになり本当に残念だ。でも最近の僕らは決勝でとても強いから、いいポジションをかけて戦う力があるのは明らかだ。気持ちを切り替えて、シンガポールのことを考えよう。」と語っています。

レース優勝者は…

赤き跳ね馬…、フェラーリの”ルクレール選手”が優勝となりました。

(((o(*゚▽゚*)o))) 聖地だしね。

やっぱりカッコいいですよね。

ねこーん

モンツァですもん。聖地ですもん。ホンダを応援しながらも、どっかでフェラーリに頑張って欲しかった僕もいるんですよね。

特に今年は開幕から苦労していましたもんね。この優勝で弾みがつくのではないでしょうか。

(ΦωΦ)フフフ… 強敵と書いてライバルと読むからな。

強くなったライバルを叩きのめすんですね。

ねこーん

上位3チームの実力が均衡すれば、F1はさらに盛り上がりますからね。そして、その中でも、「ホンダ勢が一番だ!」というのを見たい。(笑)

( ̄ー ̄)ニヤリ 面白くなるよ…これから。

楽しみですね。

ねこーん

次回は”シンガポールGP”となります。(9月19日~9月22日)


3.宣伝

ココから宣伝ですよ~。(。・ω・)ノ゙

かつて、F1グランプリでアイルトン・セナ選手が活躍していたころ、日本では大のF1ブームが巻き起こっていました

その人気はとどまることを知らず、とんねるずのTV番組とかでも、”生ダラグランプリ”と冠してカートでグランプリをしていたぐらいです。(この番組にセナ選手が出たこともあります。)

そういったコトもあり、いわゆるテレビ地上波でも”F1グランプリ”は全レース放映されていました。

それが…。

ねこーん

(゚д゚)(。_。)ウン 悲しいケドね。

しかし、その後、F1グランプリのブームは下火となってゆき、視聴率の問題から地上波では放映されなくなりました。

しかし、F1が観たい…。メーカとメーカの凌ぎあいが観たい…。ドライバの意地の張り合いが観たい…。という人はマダいるハズ。

そんな人の為に、かるーく紹介させて頂きます。

F1観るならスカパーで。

先ほども書きましたけど、残念ながら地上波でF1を観る方法はアリマセン。(2018年の日本グランプリは地上波で放映してくれました。)

そこでお勧めしたいのが、”スカパーへの加入”です。

スカパーはF1放送の専門チャンネルを持っており、スカパーへ加入後、専門チャンネルを購入すればF1の熱い戦いを鑑賞することが出来ます。

スカパーはCS放送となりますので、先ずはCSが映るかどうかをチェック。CS放送が観れることが確認できたら、30分程度の手続きで鑑賞OKです。

スカパーならではの利点。

高画質で大画面。

大きい利点のひとつですね。最近、家電量販店にテレビを見に行っても、50インチの大型テレビがドーンと飾られています。

大きいですよね。

ねこーん

(゚д゚)(。_。)ウン ビックリするほどね。

大画面≒高画質となりますので、大きい画面でF1を楽しみたいのであれば、高画質であるコトは絶対条件です。

選ぶF1チャンネルによっては4K放送も始まっていますので、大画面で楽しみたいです~。という人はぜひ加入を。

録画ができる。

F1グランプリ…長いですからね。(笑) 休みの日にじっくりとコーヒーを飲みながら鑑賞したい。リアルタイムでは観れない…という人にはピッタリです。

スマホ、PCでも観られる。

スカパーへ加入し、”フジテレビNEXT ライブ・プレミアム”をチョイスした方は、”フジテレビNEXTsmart”を無料で視聴できるようになります。

”フジテレビNEXTsmart”はPCやスマホでF1を視聴することが可能。予選はいち早くスマホで見ておいて、本戦は大きなテレビでゆっくりと…。といった使用も可能となりますのでおススメです。

料金。

フジテレビNEXTライブ・プレミアム:1,590円(申し込み月は無料)

スカチャン2 4K:1,790円(申し込み月は無料)

あと、スカチャン2はフジテレビNEXTライブ・プレミアムと契約していれば、月額700円に割引きされます。

テレビで世界最速の戦いを観たい…、ホンダエンジンに再び栄光が訪れる瞬間が観たいという人はぜひどーぞ。

【広告】

以上、宣伝でした。

今年のホンダは違うぞ! 応援するなら今だぞ。

そろそろ良い時間です。それではこの辺で。(。・ω・)ノ゙

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください