(-ω-;)ウーン 遊びに行きたい

【F1】”ロシアGP” メルセデスの脅威再び。しかし、速すぎないか? フェラーリよ。

F1

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(  ̄っ ̄)ムゥ 北海道シリーズも終了。

ですね。

ねこーん

(`・ω・´)シャキーン まだ、旅行ネタは待機してるからね。

忘れないでくださいね。

ねこーん

ここから本編

今回の話題は【F1】です。

第16戦が終了しました。

ソチ・オートドロームですね?

ねこーん

(`・ω・´)シャキーン ソチオリンピック会場跡地に建設されてるよ。

シンガポールGPリゾルト

(っ’-‘)╮ =〇 ほーれ。

決勝リゾルト

順位 ドライバー名 チーム名
1 L.ハミルトン メルセデスAMG
2 V.ボッタス メルセデスAMG
3 C.ルクレール フェラーリ
4 M.フェルスタッペン レッドブル
5 A.アルボン レッドブル
6 C.サインツJr マクラーレン
7 S.ぺレス レーシングポイント
8 L.ノリス マクラーレン
9 K.マグネッセン ハース
10 N.ヒュルケンベルグ ルノー
11 L.ストロール レーシングポイント
12 D.クビアト トロロッソ
13 K.ライコネン アルファロメオ
14 P.ガスリー トロロッソ
15 A.ジョビナッツィ アルファロメオ
R.クビカ ウイリアムズ
G.ラッセル ウイリアムズ
S.ベッテル フェラーリ
D.リカルド ルノー
R.グロージャン ハース

※レッドブルとトロロッソがホンダエンジンを搭載しています。

コンストラクターズポイント

順位 チーム名 ポイント
1 メルセデスAMG 571
2 フェラーリ 409
3 レッドブル 311
4 マクラーレン 101
5 ルノー 68
6 トロロッソ 55
7 レーシングポイント 52
8 アルファロメオ 35
9 ハース 28
10 ウイリアムズ 1

(  ̄っ ̄)ムゥ トロロッソもマクラーレンには勝てんな。

Wスコアですもんね。

ねこーん

(´・ω・`) レーシングポイントにも負けそうやし。

ましゅーの感想

(  ̄っ ̄)ムゥ 良く闘いはしたけどね。

レッドブルについて

レッドブルは、フェルスタッペン選手が4位、アルボン選手が5位という結果となりました。内容的にはすごく闘ったレースだったんですケドね。

予選後、フェルスタッペン選手はPU交換のペナルティを受けて9番グリッドからのスタート。また、アルボン選手は予選時のクラッシュにより、ピットレーンからのスタートを余儀なくされていました。

その状態であったコトを考えると、4位、5位という結果は決して悪いものではなかったと思います。オーバーテイクからのオーバーテイクで、レース自体も凄く盛り上がりましたしね。

次はホンダの本拠地、鈴鹿サーキットですから、これまで以上の奮闘を魅せてくれるんじゃないかと思います。

(  ̄っ ̄)ムゥ もうちょっと前からのスタートできたら…。

表彰台だったかも知れませんね。

ねこーん

その他ホンダ勢

トロロッソは、クビアト選手が12位、ガスリー選手が14位の結果となりました。

(´・ω・`) 今回はいまいち振るわなかったですね。

そうですね。

ねこーん

まあ、ガスリー選手がペナルティで16番グリッドからのスタート、クビアト選手も最後方からのスタートでしたから、仕方がない結果ともいえますケドね。

でもね、そろそろガツンとポイントを取らないと、後からレーシングポイントがヒタヒタと近付いてきていますからね。なんとか、次の鈴鹿ではガツンと見せてくれることに期待です。エンジンもスペック4に変わりましたし。

レース優勝者は…

メルセデスのハミルトン選手が優勝となりました。同じくメルセデスのボッタス選手が2位でしたので、久しぶり? のメルセデス1.2フィニッシュです。あと、フェラーリのルクレール選手が3位に入賞しています。

(  ̄っ ̄)ムゥ ヤッパリ、ロシアでは強さを見せますな。

強いですよね。

ねこーん

しかし、フェラーリに不穏な噂が…。

先ずはフェラーリのエンジンについてです。様々な所から、フェラーリのエンジンに対して疑いの目が向けられています。「フェラーリは規制を破ってるんじゃないか。」という噂ですね。

ハッキリ言って、速すぎるんですよ。ロシアGPでも本番こそ勝てはしませんでしたが、予選では圧倒的な速さを見せてましたからね。

ポールポジションを取ったルクレール選手のタイムが、1’31.628。2位であるハミルトン選手のタイムが、1’32.030。その差、約0.4秒です。0.4秒と言うと少しの様にも感じますが、F1で0.4秒差というのは絶望的な差です。

他のチームのメカニックに言わせると、「フェラーリが規則違反をせずこの速さを絞り出しているのだとしたら、そのメカニックは天才だ。」だというコトです。

また、メルセデスのハミルトン選手も、「フェラーリはストレートでとんでもないスピードを発揮している。ひとつ上のレベルだ。これまで僕らメルセデスにはパーティーモードがあると言われてきたが、彼らにはそれを超えたものがある。そうだね、ジェットモードとでも言っておこうか。」と皮肉交じりに語っています。

フェラーリがどのようなマジックを使っているのか…、暫くすると、白日の下にさらされるかも知れません。

もう一つの不穏な噂が、ベッテル選手とルクレール選手の不和です。本人たちは問題ないと語っていますが、問題なけりゃそんなこと自体を言いませんからね。今回のレースにおいても、ベッテル選手はチームオーダー破りをしていますし。

少しずつ表面化していますので、近々、仲たがいを起こすかもしれませんね。だいたい、F1ドライバーはどいつもこいつも我がままですし。(笑)

(  ̄っ ̄)ムゥ ホントにどいつもこいつも。

これはその通りですね。

ねこーん

何にせよ、次回はホンダの本拠地鈴鹿サーキットです。

( ̄ー ̄)ニヤリ 楽しみでんなぁ。

ですね。

ねこーん

”日本GP”となります。(10月10日~10月13日)みんなで応援しましょうね。

2 COMMENTS

風のましゅー。 風のましゅー。

どうでしょうなぁ…。(-ω-;)ウーン まあ、そのうち結果が分かるとは思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください