(-ω-;)ウーン 遊びに行きたい

【映画】”空飛ぶタイヤ” 長瀬さん…まじめな役ですね。

映画

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(☼ Д ☼) クワッッ!!! やんばるくいな!

タスマニアデビル!

ねこーん

( ̄ー ̄”)フッ いい勝負だったな。

ここから本編

今回の話題は【映画】です。

( ̄。 ̄)ホーーォ 空を飛ぶのか…。

でも、シリアスな内容でしたね。

ねこーん

今回紹介する作品はコチラです。

作品について

(`・ω・´)シャキーン 社会派作品

空飛ぶタイヤ


(  ̄っ ̄)ムゥ 題名は変わってるケドね。

シリアスな内容でしたよね。

ねこーん

それでは紹介していきましょうか。

原作について

ベストセラー作家、”池井戸潤”さんの小説が原作となっています。池井戸さんと言えば、「倍返しだ!」で有名な”半沢直樹”シリーズ(オレバブシリーズ)等で有名な作家さんですね。

池井戸さん自ら、「僕はこの物語から『ひとを描く』という小説の根幹を学んだ。」と語るほど、思い入れのある作品だそうです。

恥ずかしながら僕は原作の小説を読んでいないのですけれど、この映画を鑑賞してから、「うむ、買ってみよう。」と思っている次第です。

”半沢直樹”でもそうでしたが、この作品でも”小さなアリが巨像を倒す”というようなテーマとなっています。しかしながら、”半沢直樹”と違うのは、ラストは決して手放しで喜べる内容ではないこと。被害者がいる以上、100%スッキリとした感情になれないのがまた…。

出演者

監督 本木克英
赤松徳郎役 長瀬智也
沢田悠太 ディーン・フジオカ
井崎一亮 高橋一生
狩野威 岸部一徳

こんな感じになっています。

Σ(・ω・ノ)ノ! いや~豪華。

ですね。

ねこーん

監督の”本木克英”さんは、”超高速! 参勤交代”とかで有名な監督さんですね。(この映画も面白かったです。)あとね、とにかく出演者が…。もうね、上の表に誰を書こうか悩んだくらいですもん。”深田恭子”さんも出ていますし、”ムロツヨシ”さんも出てる。”佐々木蔵之介”さんも出てますからね。

(ノシ ‘ω’)ノシ バンガン 豪華すぎ!

力の入り具合がスゴイデスネ。

ねこーん

題名にもさせて貰いましたけど、”長瀬智也”さんが真面目なサラリーマンを演じているのが印象的でしたね。今までやんちゃな役が多かったので、”サラリーマン金太郎”的な役柄かと思いましたが、いやいや、真面目なサラリーマン役です。(所々に熱さは魅せてましたけど。笑)

あとね、他の役者さんも非常に良いんですケド、とにかく、”岸部一徳”さんです。どんな役でもソツなくこなす大俳優さん(元タイガースのベーシストでしたっけ?)ですけど、今回は憎らしい大企業の幹部を演じられてます。

コレがね、本当に腹が立つほど憎らしい。(褒めてます。)こういう人がキチンと脇を固めていると、その映画は光りますよね。

作品内容

突然発生した脱輪事故。空を飛んだタイヤは買い物帰りの主婦に直撃した…。当初、事故は赤松運送の整備不良と判断された。しかし、調査結果に納得のいかない赤松徳郎(長瀬裕也)は独自調査を続け、大手自動車会社であるホープ自動車が販売したトラック車両に欠陥があるのではないかと疑う。

事故なのか、事件なのか、整備不良なのか、隠蔽なのか。

様々な立場の人間が辿り着いた先は…。

(  ̄っ ̄)ムゥ 重い内容ですな。

あの自動車会社がモデルですよね?

ねこーん

ましゅーの評価

( ゚д゚)ウム 評価してみるか。

作品評価
演出
(2.5)
ストーリ
(3.0)
役者
(4.5)
総合
(3.5)

( ゚д゚)ウム こんなもんかな。

こんなものですね。

ねこーん

僕の感想

ちょっと時間が短すぎるのかな? 映画ではね。なんだろ、人物が全て薄っぺらいんですよね。ワザとらしいと言うか。セリフに説得力がないというか。

(-ω-;)ウーン バックヤードが薄いんだよな。

時間の制約がありますからね。

ねこーん

内容がシリアスで重厚です。ですので、もっとそれぞれの立場があって、いろいろな行動を起こすんだと思うんですよ。でも、その書き込みが薄いのでセリフを嘘くさく感じちゃうんですよね。

特に、”ディーン・フジオカ”さんが演じた”沢田悠太”なんかはその極地でしたね。「重要な役の割には、ただの都合の良い人間にしか見えない。」のが決定的に厳しい。おそらく小説とかを読んで、その人の立場を充分に理解してから見ると面白さは変わるんだろうな。

(  ̄っ ̄)ムゥ なんか、オシイ。

ですね。

ねこーん

2009年にWOWOWでドラマになってるみたいですね。僕は確認できていませんが、コチラは軒並み評価が高いですね。ドラマは話数が多いので十分に人物像を描ける時間があるのかな? そう考えると惜しさが増しますね。

まとめると…、長瀬ファンや岸部ファンはご覧ください。(笑)

ではでは…。

映画って本当に楽しいですね。また次回の映画紹介でお会いしましょう。さよなら×3

(。・ω・)ノ゙ し~ゆ~。

ゆ~。

ねこーん

6 COMMENTS

えたばりゅ

なんかタイトルはファンタジックな感じですが、内容は結構シリアスって言うか、切実な内容みたいですね(*´ω`*)
隠ぺい・隠匿は最近デカい企業が問題になってますが、このドラマもノーを突き付ける引き金になってほしいっすよね(*´ω`*)

返信する
風のましゅー。 風のましゅー。

そうなんですよね。( ゚д゚)ウム 後でバレるともっと酷い事になるんですけどね。

返信する
ねぇやん

母が長瀬智也ベイビーのファンなので見ましたが、ベイビーの演技以外は正直…
特におディーン様、彼の裏切りが無いと解決できなかった辺りはどうなの?と思いました。
おっしゃる通り2時間では足りないのかも。大分前にwowowドラマでもやっていたそうですが、もしかするとそっちの方が面白いのかも。

返信する
風のましゅー。 風のましゅー。

( ゚д゚)ウム それワカルのよネ。もうちょっと時間が必要だったよネ。

返信する
ビー玉

私はとあることがあってから、絶対にあの会社の車の部品はヤバイってずっと言ってて、そしたらあの事故があったから・・・この本ができたときはすぐに読みました!!映画の時間は長くても3時間ですもんね!ぜひ地上波でドラマ化してほしいなぁ(((uдu*)ゥンゥン

返信する
風のましゅー。 風のましゅー。

おお!凄いですな。先に気付いていたとは…。TV地上波でして欲しいですよね。( ゚д゚)ウム

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください