(-ω-;)ウーン 遊びに行きたい

【登山】“三嶺” その① 最高の稜線を目指して。

アウトドア

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(  ̄っ ̄)ムゥ お腹が減った。

減りましたね。

ねこーん

( ‘ω’)ŧ‹”ŧ‹” なんか食べたい。

そうですね。

ねこーん

ここから本編

今回の話題は【登山】です。

( ^ω^ )ニコニコ 新しザック~。

おっ紹介記事ですか?

ねこーん

( ゚д゚)ウム いや、今回は登山です。紹介はまた次ね。

始まりは…。

(  ̄っ ̄)ムゥ 甘い罠だったのぅ…。

「ましゅー。稜線を見に行かんか?」

( ̄σ ̄)ホジホジ 稜線?

ソレが今回の登山の始まりでした。稜線とは、”峰から峰に続く道”なんだそうです。良くわかんないケド、綺麗だという噂です。

(`・ω・´)シャキーン 簡単な山なら行きます。ザックも買ったし。

珍しくやる気ですね。

ねこーん

ホラ、新しいギアを買うと使ってみたくなるじゃないですか。そのために購入したワケですし、足りないものがあったら補充しないとアカンやろし。今回は”マムート”の新しいザックを買っていたので、ぜひ使ってみたかったんですよね。感想記事も書きたいし。(近日公開予定です。)

「まあ、初心者向けの山やけん、行ける×2     たぶん。」

( ̄ー キラリーン なら行きますよ。

なんてあっさり決まったんですケド、僕はすっかり忘れてたんですよね。「師匠の”初心者向けの山”という言葉は全く当てにならない。」ってコトを。しかも、今回は言葉尻に”たぶん”までツイてやがるし。

でも、この時の僕は新しいギアが使えるコトにわくわくしてましたからね。完全に”たぶん”を聞き逃してましたからね、ミステイクです。ミステイク。

(´・ω・`) この後、大変なコトになるのよネ。

”みすていく”ですね。

ねこーん

目指すは三嶺。

(`・ω・´)シャキーン 先ずは登山口を目指す。

運転はいつも師匠なので楽ですね。

ねこーん

( ゚д゚)ウム いつも悪いとは思ってんだけど、運転を変わろうとすると怒るんだよな。

アクセス

三嶺は徳島県にある山となります。ですので、先ずはその登山口である”三嶺名頃登山口”を目指します。ちなみに、どの山も様々な場所に登山口があります。”同じ山でも登山口を変えるコトによって見える景色は違う。”らしいので、お気に入りの山が出来たら様々な登山口からトライすると面白いそうですよ。

上のルートは、四国でも有名な国道439号を通るルートです。(別名、酷道ヨサクです。)この道もそうですケド、四国に来たら”水曜どうでしょう”で大泉さんを大いに苦しめた、”クネクネの細い道”をぜひ味わってくださいね。これも四国の醍醐味ですから。油断すると酔いますケドね。(笑)

今は酷道ヨサクも改良されて、広くて綺麗になってますのでおそるるに足らずですよ。(あくまで昔と比べてデスケドね。)

休憩はWest×West

朝も早くから目指すは三嶺。今治からは約3時間の車旅となりますので、三嶺を目指す途中で小休止を取ることになりました。山登りに必要な飲料を買うためにもコンビニへ寄らないとイケませんしね。

WEST-WEST

休憩場所に選んだのは、吉野川沿いに建設されている”Riverstation West-West”という施設です。

おぉ♪(ノ)’∀`(ヾ) 良さげやん。

ローソンも隣接されていますしね。

ねこーん

WEST-WEST

このWest-Westさんはイロイロなアクティビティを楽しめる場所となっており、吉野川を使ったラフティングや、犬と遊べるドッグランがあったりしてなかなか楽し気な施設となっています。

(  ̄っ ̄)ムゥ 残念ながら閉まっているがのぅ…。

まだ、ちょっと早いですもんね。

ねこーん

様々なアウトドアアクティビティが楽しめるというコトで…、

モンベル

施設の中にモンベルさんも入ってます。

( ̄ー ̄)ニヤリ 抜かりないのぅ…モンベル。

商売上手ですね。

ねこーん

残念ながらコチラもオープン前だったので中は確認できませんでした。でも、川沿いにありますからね、川遊びが出来る商品は充実してるんじゃないかな

( ̄σ ̄)ホジホジ たぶん…やケドね。

また確認しに行きたいですね。

ねこーん

ローソンさんで無事に飲料を購入した後、再び、名頃登山口を目指します。

呪われた町

買い物をした後、ひたすら名頃登山口を目指しました。登山口へ近付くたびに少しずつ民家はなくなっていくんですが、その代わりに増えてくるものがあるんです。

案山子

それがね、案山子なんです。こんな感じで野に放たれている物もあれば、玄関の軒先に飾られている物もある…。

((((;゚Д゚))))ガクブル いや…マジデ怖いんだけど。

夜だったら叫んでますね。

ねこーん

実は登山口のある”徳島県三好市東祖谷”の辺りは天空の里という別名を持ちます。住み辛いゆえに限界集落となっているのですが、ひとりの女性が村に人が少ないのは寂しいと案山子を飾っていくうちに、”かかしの里”としても有名になりました。かかしは村おこしとして歓迎されているそうです。

((((;゚Д゚))))ガクブル でも…見た目は怖いのよ。

一人で夜は歩けません。

ねこーん

名頃登山口駐車場

かかしにビビりながらも、車は無事に名頃登山口駐車場へ到着。

名頃登山口駐車場

駐車場には水道やトイレも完備されていますので、登山者に優しいと言えるでしょうか。トイレも意外と綺麗でしたので女性も安心して使えるかと思います。

名頃駐車場登山口

こんな感じでチラホラと車も停車しています。

イザ、闘いの場所へ

名頃登山口

駐車場で準備を整えた後、登山口へ降り立ちます。ココから闘いの始まりです。

名頃登山口 看板

( ゚д゚)ウム コレをよく見てなかったんだよな。

シレっと書いてましたよね。

ねこーん

頂上まで5,000m、平均登山時間が3時間。この時点で過去最高の距離と時間なんですよね。でもね、この時はマダ余裕カモ…なんて勘違いしていたんですよね。山のしんどさは距離や時間じゃないんです。

しんどいのは…。

ε=( ̄。 ̄;A フゥ… この続きはまた次回ね。

ですね。

ねこーん

ではでは…、

アウトドアで非日常を感じれば、普段の生活も充実するかも知れません。飛び出せ! 外に。非日常をいっしょに楽しみましょう。 それでは、また、次回のアウトドア記事でお会いしましょう。

(。・ω・)ノ゙ し~ゆ~。

ゆ~。

ねこーん

8 COMMENTS

ビー玉

くねくね道!!水曜どうでしょうでは盛大に酔ってましたねぇ(((uдu*)ゥンゥン 私は乗り物には酔わないからわからないけど、確かに四国の道は過酷(≧∇≦)←楽しいらしいw

返信する
えたばりゅ

需要ありき所に出店を・・・
さすが、mont bellさんですな( *´艸`)

いや~・・・このかかしたちは・・・うん・・・夜出会ったら絶対叫ぶっす(^▽^;

返信する
風のましゅー。 風のましゅー。

さすがでしょ。( ´艸`) しかし、案山子はね…「マジデ怖かった。」

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください