( ̄¬ ̄*)じゅる 芋だよ。やっぱり。

【F1】”日本GP” ホンダの見せ場! だったんだけどね。

F1

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(´・ω・`) 台風の被害がスゴイデスネ。

スポーツ界にも影響を与えましたもんね。

ねこーん

( ゚д゚)ウム 災害後、しばらくは2次被害に注意だね。

— ここから本編 —

今回の話題は【F1】です。

第17戦が終了しました。

鈴鹿サーキットですね?

ねこーん

(`・ω・´)シャキーン 僕が愛してやまないサーキットです。

1.日本GPリゾルト

(っ’-‘)╮ =〇 ほーれ。

順位 ドライバー名 チーム名
1 V.ボッタス メルセデスAMG
2 S.ベッテル フェラーリ
3 L.ハミルトン メルセデスAMG
4 A.アルボン レッドブル
5 C.サインツJr マクラーレン
6 D.リカルド ルノー
7 C.ルクレール フェラーリ
8 P.ガスリー トロロッソ
9 S.ぺレス レーシングポイント
10 N.ヒュルケンベルグ ルノー
11 L.ストロール レーシングポイント
12 D.クビアト トロロッソ
13 L.ノリス マクラーレン
14 K.ライコネン アルファロメオ
15 R.グロージャン ハース
16 A.ジョビナッツィ アルファロメオ
17 K.マグネッセン ハース
18 G.ラッセル ウイリアムズ
19 R.クビカ ウイリアムズ
M.フェルスタッペン レッドブル

※レッドブルとトロロッソがホンダエンジンを搭載しています。

コンストラクターズポイント

順位 チーム名 ポイント
1 メルセデスAMG 612
2 フェラーリ 433
3 レッドブル 323
4 マクラーレン 111
5 ルノー 77
6 トロロッソ 59
7 レーシングポイント 54
8 アルファロメオ 35
9 ハース 28
10 ウイリアムズ 1

(´・ω・`) 表彰台には届かず…。

まあ、来年に期待ですね。

ねこーん

(  ̄っ ̄)ムゥ 燃料も鈴鹿スペシャルやったのに…。

2.ましゅーの感想

(  ̄っ ̄)ムゥ 良く闘いはしたけどね。

レッドブルについて

今回、台風の影響を受け、大幅に予選が変更されました。通常なら土曜日に予選が開催され、日曜日に決勝となるのですが、今回は日曜の午前に予選、午後に決勝と少し慌てた感じとなってしまいました。

(´・ω・`) 予選後の夜に大幅にマシンが変わったりするんだけどね。

でも、今回は仕方ないですよね。

ねこーん

(-ω-;)ウーン まあ、条件はどのチームもいっしょだしね。

まま、何にせよ、予選において、

  • フェルスタッペン選手:5位
  • アルボン選手:6位

と、チャンスがあれば表彰台もあり得る…という位置ではあったんです。フェルスタッペン選手はスタートが良いコトでも有名なので期待もしていたんですケドね。

結果的にはこうなりました。

フェルスタッペン選手:リタイア

アルボン選手:4位

予測通り、フェルスタッペン選手はロケットスタートを決め、3位まで順位を上げました。

( ̄ー キラリーン いける!

ごー!

ねこーん

と思ったんですが、その後すぐにフェラーリのルクレール選手と接触。ほゞ、最後尾まで落ちながらも頑張って走っていたんですが、マシンへのダメージが大きく途中リタイアとなりました。

この接触については、ルクレール選手も、「僕のせいでマックスのレースを台無しにしてしまった。」と語っており、ルクレール選手の違反となりました。(この違反でルクレール選手は15秒のペナルティを受けました。)

アルボン選手が4位になりました。でも、正直、守りに入っていたかな? 個人的にはアグレッシブにチャレンジし、表彰台を目指して欲しかったと思います。

その他ホンダ勢

その他ホンダ勢であるトロロッソは…、

ガスリー選手:9位

クビアト選手:14位

という結果となりました。

(`・ω・´)シャキーン ガスリーが頑張っている。

レッドブルへ復帰したいですもんね。

ねこーん

ガスリー選手はアグレッシブですね。今回、チョット不用意な接触もあったみたいですが、ホンダのホームサーキットで何とか良い所を見せたい! と気持ちの入ったあの攻撃性は、ファンへ充分に伝わったと思います。

実際、本人も、「トロロッソ、ホンダ、そして応援しに来てくれた日本のファンのために、なんとしてでも最後まで走り切りたかった。」とリヤサスペンションに不具合がありながらもプッシュし続けたコトを語っています。

クビアト選手はね…、頑張っているんだけどうまく回っていないかな? 昨年のハートレー選手みたいになっているのが気になります。

上手いんですけどね、なんでだろね。でも、突然、パチーンと全てがハマることがあるのがF1ですので、今は忍ぶの時期かもしれませんね。

レース優勝者は…

レースの覇者はメルセデスの”ボッタス選手”となりました。

メルセデスはハミルトン選手も3位となっており、これらの成績から、

メルセデスが6度連続のチーム優勝に輝きました

( ̄σ ̄)ホジホジ おーすげー。

適当過ぎですよ。

ねこーん

後半はフェラーリに追い上げられましたが、それでも安定した強さを見せていましたもんね。ヤッパリ速いです。ただ、後半はフェラーリが速さを見せてきてましたからね。来年はどうなるかワカリマセン。

あとね、ルノーに協定違反の疑義が掛かっています。エンジン以外の違反疑義ですので、その他のチームに影響は与えてないみたいですが。この後の調査次第となりますが、急いては事を仕損じますので、この辺りは焦らずにやって欲しいですね。(個人的にはフェラーリも怪しいんですケドね。笑)

なんにせよ、「ココから4戦は来季に向けたマシンの開発。」がメインテーマとなってきます。また、ドライバーの移籍話も激しさを増してくるはずです。

しばらく、F1から目が離せませんよ。


3.宣伝

ココから宣伝ですよ~。(。・ω・)ノ゙

かつて、F1グランプリでアイルトン・セナ選手が活躍していたころ、日本では大のF1ブームが巻き起こっていました

その人気はとどまることを知らず、とんねるずのTV番組とかでも、”生ダラグランプリ”と冠してカートでグランプリをしていたぐらいです。(この番組にセナ選手が出たこともあります。)

そういったコトもあり、いわゆるテレビ地上波でも”F1グランプリ”は全レース放映されていました。

それが…。

ねこーん

(゚д゚)(。_。)ウン 悲しいケドね。

しかし、その後、F1グランプリのブームは下火となってゆき、視聴率の問題から地上波では放映されなくなりました。

しかし、F1が観たい…。メーカとメーカの凌ぎあいが観たい…。ドライバの意地の張り合いが観たい…。という人はマダいるハズ。

そんな人の為に、かるーく紹介させて頂きます。

F1観るならスカパーで。

先ほども書きましたけど、残念ながら地上波でF1を観る方法はアリマセン。(2018年の日本グランプリは地上波で放映してくれました。)

そこでお勧めしたいのが、”スカパーへの加入”です。

スカパーはF1放送の専門チャンネルを持っており、スカパーへ加入後、専門チャンネルを購入すればF1の熱い戦いを鑑賞することが出来ます。

スカパーはCS放送となりますので、先ずはCSが映るかどうかをチェック。CS放送が観れることが確認できたら、30分程度の手続きで鑑賞OKです。

スカパーならではの利点。

高画質で大画面。

大きい利点のひとつですね。最近、家電量販店にテレビを見に行っても、50インチの大型テレビがドーンと飾られています。

大きいですよね。

ねこーん

(゚д゚)(。_。)ウン ビックリするほどね。

大画面≒高画質となりますので、大きい画面でF1を楽しみたいのであれば、高画質であるコトは絶対条件です。

選ぶF1チャンネルによっては4K放送も始まっていますので、大画面で楽しみたいです~。という人はぜひ加入を。

録画ができる。

F1グランプリ…長いですからね。(笑) 休みの日にじっくりとコーヒーを飲みながら鑑賞したい。リアルタイムでは観れない…という人にはピッタリです。

スマホ、PCでも観られる。

スカパーへ加入し、”フジテレビNEXT ライブ・プレミアム”をチョイスした方は、”フジテレビNEXTsmart”を無料で視聴できるようになります。

”フジテレビNEXTsmart”はPCやスマホでF1を視聴することが可能。予選はいち早くスマホで見ておいて、本戦は大きなテレビでゆっくりと…。といった使用も可能となりますのでおススメです。

料金。

フジテレビNEXTライブ・プレミアム:1,590円(申し込み月は無料)

スカチャン2 4K:1,790円(申し込み月は無料)

あと、スカチャン2はフジテレビNEXTライブ・プレミアムと契約していれば、月額700円に割引きされます。

テレビで世界最速の戦いを観たい…、ホンダエンジンに再び栄光が訪れる瞬間が観たいという人はぜひどーぞ。

【広告】

以上、宣伝でした。

今年のホンダは違うぞ! 応援するなら今だぞ。

(。・ω・)ノ゙そろそろ良い時間です。それではこの辺で。あっ明日休みです。

2 COMMENTS

ビー玉

ルノーの協定違反が気なるところですね(フェラーリもw)。マシーンがすごくなってくると、それを制御するドライバーもすごいなって思います(((uдu*)ゥンゥン

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください