(-ω-;)ウーン 遊びに行きたい

【F1】”メキシコGP” 今回の結果は残念。戦えるマシンだっただけにね。

F1

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

((((;゚Д゚))))ガクブル 寒くなってきた。

冬の到来が聞こえますね。

ねこーん

( ‘ω’)ŧ‹”ŧ‹” 焼き芋の季節だね。

ここから本編

今回の話題は【F1】です。

第18戦が終了しました。

エルマノス・ロドリゲス・サーキットですね?

ねこーん

(`・ω・´)シャキーン ホンダが初優勝したサーキットはココだよ。

メキシコGPリゾルト

(っ’-‘)╮ =〇 ほーれ。

順位 ドライバー名 チーム名
1 L.ハミルトン メルセデスAMG
2 S.ベッテル フェラーリ
3 V.ボッタス メルセデスAMG
4 C.ルクレール フェラーリ
5 A.アルボン レッドブル
6 M.フェルスタッペン レッドブル
7 S.ぺレス レーシングポイント
8 D.リカルド ルノー
9 P.ガスリー トロロッソ
10 N.ヒュルケンベルグ ルノー
11 D.クビアト トロロッソ
12 L.ストロール レーシングポイント
13 C.サインツJr マクラーレン
14 A.ジョビナッツィ アルファロメオ
15 K.マグネッセン ハース
16 G.ラッセル ウイリアムズ
17 R.グロージャン ハース
18 R.クビカ ウイリアムズ
K.ライコネン アルファロメオ
L.ノリス マクラーレン

※レッドブルとトロロッソがホンダエンジンを搭載しています。

コンストラクターズポイント

順位 チーム名 ポイント
1 メルセデスAMG 652
2 フェラーリ 466
3 レッドブル 341
4 マクラーレン 111
5 ルノー 73
6 トロロッソ 64
7 レーシングポイント 64
8 アルファロメオ 35
9 ハース 28
10 ウイリアムズ 1

(  ̄っ ̄)ムゥ 残念な結果だ。

ポイントは取れてますケドね。

ねこーん

(´・ω・`) コンストラクターズもレーシングポイントと並ぶし…。

面白くはなりましたね。

ねこーん

ましゅーの感想

(  ̄っ ̄)ムゥ 今回はイケたやろ…。

レッドブルについて

(# ゚Д゚) レッドブル首脳陣よ、今回はマックスを怒らにゃならん。

まあ、それでも6位は立派ですケドね。

ねこーん

まず、予選はこの結果でした。

  • フェルスタッペン選手:1位
  • アルボン選手:5位

でした。

そう、マシンの仕上がりは素晴らしかったんですよ。ホンダテクニカル陣、ここへ来てとても素晴らしい仕事をしていました。

「フェラーリは明日のレースで凄く速いだろうから、(逆転のためには)タイヤライフが重要な鍵を握ることになると思うけど、僕らには本当に素晴らしいレースカーがあるから、接戦に持ち込めるはずだ」 M・フェルスタッペン Formula1-DATA

フェルスタッペン選手もこの様に語っていましたからね。しかも、予選ではポールタイムを叩き出す速さもありました。しかしながら、「黄旗中に減速を行わなかったコト。」が規則違反となり、3グリッド降格となりました。(本選では4位からスタート)

しかも…、「スピードを緩めてない。」と記者会見で自ら語って審議となりましたからね。「口は禍の元とはこのことなり」って感じです。コレをやられると、スタッフ陣はガックリしちゃいますよね。(FIAはコメントは関係ないって言ってるケド…あったと思うよ。僕は。)

(  ̄っ ̄)ムゥ 全力で準備したのにね。

ポールを獲って喜んでただけにね。

ねこーん

そのミスを取り返そうとしたのか、本戦では第一コーナーでコースアウト、別のコーナーではボッタス選手と接触、その接触でタイヤがパンクして最後尾まで落ちました。その後、実力で6位まで順位を上げましたが…。

グダグダでしたね。

ねこーん

(゚д゚)(。_。)ウン 今回のは駄目だ。

今回のマシンは出来が良かっただけにこの結果は残念です。

アルボン選手は5位スタート、5位フィニッシュでした。きちんと仕事をこなした感じです。

最終的な本選結果はこんな感じです。

フェルスタッペン選手:6位

アルボン選手:5位

表彰台を取っておかねばならないレースでした。それだけに、この結果は残念でなりません。

その他ホンダ勢

その他ホンダ勢であるトロロッソは…、

ガスリー選手:9位

クビアト選手:11位

という結果となりました。

今回、「予選で全てのホンダPUを積んだマシンがトップテンに入る。」という嬉しいニュースを提供してくれました。先にも書きましたけど、素晴らしいマシンを準備してくれてたんですよね。スタッフ陣たちは。

その心意気を感じたのか、ガスリー選手は”ウイルス性胃腸炎”と戦いながらも9位を獲得しました。

( ̄∇ ̄ノノ”パチパチパチ おーがんばった。

気合ですね。き・あ・い。

ねこーん

残念ながらクビアト選手は11位とポイント圏内には入れませんでしたが、コレは接触をペナルティと判断されたため。レースを観ましたが、「どっちとも取れる。」判決でしたので、この結果に関しては気にしなくて良いと思います。

( ̄σ ̄)ホジホジ まあ、ホンダファンの僕としてはあれくらいセーフやケドね。

まあ、ひいき目で見ちゃいますよね。

ねこーん

レース優勝者は…

レースの覇者はメルセデスの”ハミルトン選手”となりました。

( ̄σ ̄)ホジホジ ハイハイ、おめでとさん。

メルセデスファンを敵に回してますね。

ねこーん

ブフッ∵(´ε(○=(゚∀゚ ) かかってこい! ごらぁ。

いや、本気で来られると困るんですが、まあ、見慣れた光景だよね。

チームは戦略の面でも最高の仕事をしてくれた。かなり早い段階でピットストップをした。あの時は正直言って早すぎると思ったが、最後にはすべてうまくいった。
L・ハミルトン F1速報

こう書くと、「運が味方した。」というように聞こえますが、努力と才能がないものは運が寄って来ても気付かないし、受け取れないですからね。ハミルトン選手が優秀なドライバーだからこその結果でしょうね。

(  ̄っ ̄)ムゥ でも…ツマラン。

ホンネ過ぎます。

ねこーん

ただ、ハミルトン選手のレース運びは巧みですね。狡猾と言うか、抜け目ないというか…。キッチリやることをやって勝つべき時は勝つ。という素晴らしいドライバーです。

( ̄σ ̄)ホジホジ デモつまらん。

上げるか落とすかはっきりしましょう。

ねこーん

次戦はアメリカですね。今回のマシンの出来を考えると、ホンダが魅せてくれる可能性は高いですよ!! 次戦も目が離せないと思いますぞ!

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください