(-ω-;)ウーン 遊びに行きたい

【F1】”アメリカGP” ドライバーズタイトルも決定!

F1

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(  ̄っ ̄)ムゥ やりたい事がイロイロある。

でも?

ねこーん

(´・ω・`) ソレらを実施する時間が無い。

何とか作り出さないとですね。

ねこーん

ここから本編

今回の話題は【F1】です。

第19戦が終了しました。

サーキット・オブ・ジ・アメリカンズですね?

ねこーん

(`・ω・´)シャキーン 最大傾斜角12.5度の第一コーナーが名物ですよ。

アメリカGPリゾルト

(っ’-‘)╮ =〇 ほーれ。

順位 ドライバー名 チーム名
1 V.ボッタス メルセデスAMG
2 L.ハミルトン メルセデスAMG
3 M.フェルスタッペン レッドブル
4 C.ルクレール フェラーリ
5 A.アルボン レッドブル
6 D.リカルド ルノー
7 L.ノリス マクラーレン
8 C.サインツJr マクラーレン
9 N.ヒュルケンベルグ ルノー
10 S.ぺレス レーシングポイント
11 K.ライコネン アルファロメオ
12 D.クビアト トロロッソ
13 L.ストロール レーシングポイント
14 A.ジョビナッツィ アルファロメオ
15 R.グロージャン ハース
16 P.ガスリー トロロッソ
17 G.ラッセル ウイリアムズ
18 K.マグネッセン ハース
R.クビカ ウイリアムズ
S.ベッテル フェラーリ

※レッドブルとトロロッソがホンダエンジンを搭載しています。

コンストラクターズポイント

順位 チーム名 ポイント
1 メルセデスAMG 695
2 フェラーリ 479
3 レッドブル 366
4 マクラーレン 121
5 ルノー 83
6 レーシングポイント 65
7 トロロッソ 64
8 アルファロメオ 35
9 ハース 28
10 ウイリアムズ 1

(`・ω・´)シャキーン ドライバーズタイトルが決まったよ。

あの人ですよね。

ねこーん

(゚д゚)(。_。)ウン 予想通りの人。

ましゅーの感想

( ゚д゚)ウム 今回は順当かな。

レッドブルについて

(((uдu*)ゥンゥン 今回はコレでヨカッタというべきか。

ドライバーも車に文句言って無いですもんね。

ねこーん

まず、予選はこの結果でした。

  • フェルスタッペン選手:3位
  • アルボン選手:6位

でした。

2019年の序盤とは違い、明らかにマシン戦闘力が上がっています。フェルスタッペン選手もレース後にはこのようなコトを語っています。

僕らはしっかり前進して、上位争いの場に戻ってきた。これからも楽ではないだろうが、絶対に諦めない。
M・フェルスタッペン F1速報

今回のフェルスタッペン選手は、予選リザルトと同じの3位フィニッシュとなりました。

レース序盤から車にオーバーステア症状が出ており、ずいぶんと苦労しながら走っていたそうです。レース後にマシンを確認すると、フロアに大きな破損が見つかったそうです。

言い換えれば、ソレが無ければマシンの戦闘力はさらに高かったというコト。十分勝てる可能性があるマシンを手に入れたのですから、残り2レースと来季に向け、キチンと爪痕を残して欲しいですね。

アルボン選手はベッテル選手がリタイアしたこともあり、予選よりひとつ順位を上げて5位フィニッシュとなりました。とはいえ、最初のコーナーで接触、最後尾へ落ちてから復活の5位なので良いレースでした。

( ゚д゚)ウム 着実に仕事をこなしている。

ですね。

ねこーん

今は明らかにフェルスタッペン選手の方が速いです。ですので、セカンドドライバとして、チームの為にコツコツとポイントを重ねてゆけば更にチームからの信頼が得られると思います。”トロロッソ・ホンダ”にレッドブルへの再昇格を虎視眈々と狙うガスリー選手がいますから、隙を見せないようにするのが大切です。

最終的な結果はこうなりました。

フェルスタッペン選手:3位

アルボン選手:5位

( ゚д゚)ウム ワルクナイ。

ですね。

ねこーん

その他ホンダ勢

その他ホンダ勢であるトロロッソは…、

ガスリー選手:16位(リタイアですが完走扱い)

クビアト選手:12位

という結果となりました。

(☼ Д ☼) クワッッ!!! 敵は”レーシングポイント”にあり!

であえ~。であえ~。

ねこーん

いやいや、レーシングポイントのぺレス選手に泣かされた結果となりました。ガスリー選手はぺレス選手と接触、右フロントサスペンションが破損してリタイア(16位完走扱い)となりました。

クビアト選手はぺレス選手とのバトル中に接触、その接触が違反に当たるというコトで5秒ペナルティを受けました。その結果、10位(ポイント圏内)でフィニッシュしましたが、ペナルティによる制裁で12位へ降格し、ポイント無しとなりました。

まあ、レーシングポイントとトロロッソは”コンストラクターズポイント”を僅差で争っていますからね。このバチバチのバトルは嫌いじゃないです。というか、後半はコレをみて楽しんでいます。

チームによる意地の張り合い。例え、「1ポイントでもライバルより上へ行きたい。」こういうのいいですね。

レース優勝者は…

レースの覇者はメルセデスの”ボッタス選手”となりました。

( ̄σ ̄)ホジホジ ハイハイ、おめでとさん。

メルセデスファンを敵に回してますね。

ねこーん

ブフッ∵(´ε(○=(゚∀゚ ) かかってこい! ごらぁ。

前回とマッタク同じ状態から始まっていますが、またもやメルセデスが優勝、しかも、ハミルトン選手が2位に入り、1-2フィニッシュとなりました。ハミルトン選手が2位となりましたので、コレにより”ドライバーズタイトル”も取得。通算6度目のチャンピオンとなりました

( ̄∇ ̄ノノ”パチパチパチ コレはすごいですね。

なかなか出来るコトじゃないですね。

ねこーん

僕はボッタス選手の方が速いんじゃないか? と考えているので、「来季はどうなるかわからんぞ。」と思っています。しかも、「戦闘力が上がったレッドブル」と「異様に速い時があるフェラーリ」もいますから、来季は面白い戦いになるんじゃないかと思っています。(まだ、今季も2レース残っていますケドね。)

また、そろそろストーブリーグも始まりますからね。「ドライバーは移籍するか? 行くならどのチームを選ぶのか?」によっても戦力図は大きく変わりますからね。今後の情報に注目です。

次回はブラジルGPです。(11月14日~17日)です。目が離せませんよ。

それではでは…、

長く続くトンネルにも出口はある。苦しんで歩を進めれば進める程、出口の光は眩しく輝く。

「みろ、あそこに見える光がみえないのか。」

力は十分に蓄えた。いまは光へ向けて大きく羽ばたく時だ。その翼を大きく広げ、あの光輝く場所へ向かうのだ。

(* ̄0 ̄)/ オゥッ!! 行ったレ! ホンダ。

2 COMMENTS

ビー玉

時間・・・確かに難しいよねぇ・・・私もやりたいことがいっぱいあるの!!体力と時間を何とかするのが課題(ง •̀_•́)ง‼

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください