( ̄¬ ̄*)じゅる 芋だよ。やっぱり。

【キャンプ】”焚き火台” どれにする! 探してみようぜ。

アウトドア

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(ノД`)シクシク 体がイタイ。

登山が原因ですよね。

ねこーん

(´・ω・`) ストックが抜けなくなって、ずさーっとコケちゃったもんね。

詳細は登山記事で。

ねこーん

— ここから本編 —

今回の話題は【キャンプ】です。

今がいちばん楽しいかもですね。

ねこーん

(゚д゚)(。_。)ウン ソウダネ。

1.焚き火の準備を

o(^^o)(o^^)oワクワク  タノシイヨネ。

毎日がわくわくするって大事ですね。

ねこーん

会社での情報集め

前回、新設したキャンプ記事。会社でも情報集めをしていたんです。そうすると、「めっちゃ、嬉しいです。ぜひやりませんか?」。

Σ(・ω・ノ)ノ! ええ! お前もか!

多いですね。

ねこーん

いやいや、隠れキャンパーって多いんですね。ビックリしましたよ。中には、「僕は薪ストーブが大好きなんだよなぁ。」なんて言う渋い趣味の人もいましたが。

でね、前回もお話ししましたが、僕の中でイマ気になっている商品。それが”焚き火台”なんですよね。

その焚き火台の情報を得ようと思ったのですが、コレがね…正に千差万別でした。皆、それぞれの個性があるんですよね。拘りと言うかなんというか。

素直に、「使ってみたら意外とヨカッタよ。安いんですケドね。」という商品を紹介する人や、「snowpeakですよね。高いケド、アウトドアなんて趣味の世界だし、良い商品を購入した方が、けっきょく安上がりだぞ。」という人。「この薪ストーブの渋さがわかるか…。」なんて人も。

薪ストーブの人、イラナイですね。

ねこーん

(´・ω・`) いちばん仲が良いヤツだけどね。(笑)

悩むのも楽しい

「商品が揃い、キャンプ開始時に記事の続きをアップしよう…。」なんて思っていたんですが、旅行も準備中がいちばん楽しいじゃないですか? それと同じで、キャンプもギア選び中がめちゃ楽しいんですよ。

実話ですもんね。

ねこーん

(`・ω・´)シャキーン うん、今まさにそうだから。

「種類が多すぎて選べない!」、「初心者向けがワカラナイ!」って嘆いている人もいるみたいですがソレは違いますよ。

種類が多いから選択肢が多くて楽しいんです。それに、もともと製品に初心者向けなんてないんですよ。初心者向けと呼ばれる多くの商品は、「様々な機能を削って、ある特定の機能のみに特化した商品のこと。」です。ですので、ある程度、ユーザ側に技量が付けば必ずその機能の少なさにショックを受け、上位商品を購入することになります。

上級者が好んで使う商品は使いこなすのはムツカシイ。でも、ユーザの工夫次第で様々な事が出来たりするんですよ。だから、例え間違って最初に難しい商品を買っても、行く回数を増やして技量を付けちゃえば、二度買いしなくて済む分、安上がりになるかもしれませんよ。

纏めると…「自分が欲しい! と思った商品を素直に買おう!」となります。

もちろん、自分が欲しいという気持ちになるよう、様々なリサーチを実施するコトは必須。また、「圧倒的な品質の違い。」はメーカ毎に存在します。見た目は良さそうに見えても、使用している原材料や加工技術には如何ともしがたい差が存在します。いわゆる、高価な一流メーカにはブランド価格も含まれますが、そのブランド力に裏打ちされた製品品質の高さがあるんですよね。

(-ω-;)ウーン 見た目で分からないからムツカシイんだよな。

ピカピカに光ってたら綺麗に見えますもんね。

ねこーん

個人的には、「安い商品で大失敗。」しても僕は良いと思っているんだよな。ソレが今後の知見にもなりますしね。最近はアウトドアブームの波に乗って、様々なブランドがECサイトを賑わしてくれてますから、初心者だからこそ、変な色眼鏡は付けずに見て行こうかな。安くて良い商品もあるハズさ! きっと。

前フリにしか聞こえませんね。

ねこーん

( ̄ー ̄)ニヤリ せやろ。

”風のましゅーBlog”では、安かろうが、高がろうが、僕が気に入った商品を紹介してゆきます。

それでは長くなりましたが、今回の欲しい商品である焚き火台を探しましょうか。

焚き火台…どれにする?

それでは前置きが長くなりましたが、今悩んでいる焚き火台を紹介します。

(-ω-;)ウーン どれにしよう。

どれもカッコ良いですね。

ねこーん

LOGOS TAKIBI M

以前、コチラの記事でも書きました。

欲しいもの【欲しいもの】”冬のボーナス” で絶対欲しいもの! コレで確定カナ。

今、いちばん気になっている焚き火台ですね。

  • 薪が縦における。
  • シッカリしたゴトクが付いており、ダッチオーブンも置ける。
  • 串焼き用の穴が常設されている。

LOGOSは中級ブランドとなるらしいので比較的値段も安価。コチラの商品は、”8,470円”となります。

( ゚д゚)ウム これなら失敗しても大丈夫な値段。

評価は良さそうですケドね。

ねこーん

材質は、

  • 本体:ステンレス、部分的にスチール。

もっと細かく書いていてほしいんだけど、残念ながらLOGOSサイトにも書かれてはいなかったです。

”串焼き用の穴”と”ダッチオーブンが置けるゴトク”は良いやね。心擽られる。

いいですよね。

ねこーん

( ^ω^ )ニコニコ ええやろ。

一人用の焚き火台も多く出ているんですが、僕は、「ダッチオーブン料理もしたい。」と思っていますからね。出来たら、焚き火台の上にダッチオーブンを設営できるタイプの方が使い勝手が良いように感じる。トライポッドを立ててダッチオーブンを吊っても良いんだけど…。

(´・ω・`) 正直メンドイ。

ハマったら…にしましょうか。

ねこーん

あとね、串にソーセージ刺して焼きたい。

ぼ…ぼくは魚でいいです。

ねこーん

( ̄σ ̄)ホジホジ りょうかい。

何にせよ、第一候補の焚き火台はコレです。

snowpeak 焚き火台 M

コレが第二候補。

  • 会社の人に強く勧められている。
  • とにかく頑丈。
  • 網を敷けばダッチオーブンも置ける。

会社の人に強く勧められております。

( ̄σ ̄)ホジホジ スノーピーカーなのかな?

でしょうね。

ねこーん

snowpeakが大好きで愛用する人を”スノーピーカ”というらしいです。「いろいろな道具を使っていて、行きついた場所がSPだった。」という人もいる程、愛されているブランドと言っても良いかも知れません。

ただね、愛される理由は分かる。楽天のサイトを見ても、その品質の良さがさり気に出てるのよ。

材質が、

  • 本体:ステンレス(厚さ1.5mm)
  • 炭床:鋳鉄
  • ベースプレート:スチール(黒塗装)

みたいな感じで、こと細かく素材が書かれているんです。また、溶接部の説明とかもきちんと書かれていて、「品質に自信あり!」って気持がバンバン伝わってくる。

( ゚д゚)ウム 実際に自信があるんでしょうね。

でしょうね。

ねこーん

でもね、問題点もあるやな。とにかく高い。この商品だと、”21,780円”します。

グハッ (´゚ω゚)・*;’.、 よ…予算が。

あらら…。

ねこーん

最初の説明で書きましたけど、今後、ずっと使い続けるコトを考えれば、決して高いお値段ではないと思います。でもね、「運転免許を取って、いちばん最初に乗る車がベンツ。」というのもどうかと思うのよ。ちょっと背伸びしすぎカモ。

ただね、商品を見れば見る程、確かに心は擽られる。でも、予算がありますので、コレを購入するとダッチオーブンは見合わせることになると思います。(今回はね。)

ま…まあ、第二候補。僕の事なので、「急転直下でコレを購入した。」というオチもあり得ます。

CAPTAINSTAG ヘキサステンレスファイアグリル

最後はコレ。

  • コスパに優れている。
  • 組み立てが簡単。
  • 網の上にダッチオーブンも置ける。

とにかく安価。コレが売りみたいですね。こちらの商品は、”4,821円”です。

実は焚き火台を探していて、いちばん最初に目を付けていた商品です。「お値段が安い&ネットでの評価もワルクナイ。」ので購入候補だったんですよ。

材質は、

  • 本体:ステンレス
  • 底板:ステンレス
  • スタンド:スチール(クロムメッキ)

みたいな感じです。

コチラの商品も悪くはない。ただね、気になるコトが少しあるんです。

先ずは、”灰受けが付いていない。”

どーも、灰受けが付いていないんですよね。ですので、ぽろぽろと下に灰が落ちちゃうみたいです。これだと地面を痛めちゃいますよね。購入された人のレビューを読んでみると、下にアルミ皿を置いたりなんだりと苦労されているみたいです。

もうひとつ気になるのが、”歪みが早い。”

どの評価を読んでも、早期に商品が歪むみたいです。これはステンレスの厚みによるものだと思います。薄いので焚き火の温度に負けちゃうんでしょうね。メーカーサイトには、「薄いので後片付けも大変ラクでしかも軽い。」と書かれていましたが、その良さが裏目に出てるのかもしれません。

もっと正直に書くと…。

ねこーん

( ̄σ ̄)ホジホジ 薄くすると安くできるからね。

第三候補ではありますが…、まあ、コレは購入しないと思います。

以上ですね。

これ以外の商品も閲覧していますが、おそらく、この中から選ぶことになると思います。

(’▽’*)ニパッ♪ ”snowpeak”カッコ良い…。

もう心揺れてるんですか?

ねこーん

どの商品を購入するのかお楽しみに。(笑) 購入したら、ここぞとばかりにレビューを書く事にします。


2.宣伝

ここから宣伝ですよ~。(。・ω・)ノ゙

皆さん! 様々な商品を買う時に、どのECサイトを利用していますかね?

有名どころのAmazonですか? それともYahooショッピングですか? セブンショッピングかな?

それぞれのサイトにそれぞれの強みがありますが、今回は”楽天市場”をオススメします。

【広告】

お勧めの理由

お勧めの理由と書きつつこんな事も書いちゃうのだが、商品数、現金での安さという点では、Amazonの方が上だと思います。楽天にはないケド、Amazonにはあるという商品が結構ありますので。しかも、どれも安いので。

ただね、それはECサイトとして比べたら。の話だと思っています。商品を販売するサイトとしては、楽天よりAmazonだと思うんです。しかしながら、”楽天経済圏”として考えると、チョイと見方が変わると思うんですよね。

そう、イロイロと楽天サービスを使っている…。となると、話は変わってくるんですよね。

例えば、ゴルフの予約をするのに”楽天GORA”を使い、ネットで銀行を使うのに”楽天銀行”を使い、カード払いに”楽天カード”を使う人なら、買い物市場も”楽天市場”を使った方がお得となる事が多いんですよね。

その理由はずばり…ポイントだよね。

楽天と言えばそうですね。

ねこーん

(゚д゚)(。_。)ウン 本当に大盤振る舞いの時があるからね。(笑)

ポイントについて

ポイントが大盤振る舞いされる時…それは”楽天マラソン”ですね。今や、楽天市場の代名詞と言っても良いほど、破壊力を持ったイベントです。

様々な制約があるモノの、上手にお店の買い回りをすると最高43倍のポイントを得ることが出来ます。43倍のポイントが付くというコトは43%引きされているのとと同じですからね。(ただし、貰えるポイントは期間ポイントで、上限10,000ポイントとなりますケドね。)

ポイントって実は結構使いにくい…。なんて思っている人も大丈夫です。

ポイントは楽天Edyへチャージするコトが出来ます。(期間ポイントは出来ません。)楽天Edyは電子マネーですが、昨今のキャッシュレスの流れもアリ、使える場所がかなり増えました。そのお陰で、楽天Edyへチャージ出来る…というコトは、実質、お金を貰っているコトと変わらなくなりました。

ECショッピングサイトで見れば楽天は未だナンバーワンではアリマセンが、”楽天経済圏”へ入り、様々に派生しているサービスを使いこなすコトを考えれば…お得になると思いますよ。

(`・ω・´)シャキーン 使いこなすのだ!

フォースと共に!

ねこーん

もっかい貼っときます。

【広告】

以上、宣伝でした~。

(。・ω・)ノ゙ それでは今日はこの辺で。

4 COMMENTS

ねぇやん

焚き火台ってバーベキューコンロとは違うの?あ、でも最後のはコンロだわ。
安くても気に入ったもの、いいですね、高ければいいという風潮は嫌いです(*^▽^*)

返信する
風のましゅー。 風のましゅー。

似たような感じヨ。…(^_^;)ゞ タブン。 そう、良いものは良いでいくのだ。

返信する
ビー玉

あ!私、薪ストーブも好きです。マンションだから設置できないんだけど、ショールームなどにちょくちょく顔を出したりしています。焚き火もだけど、燃える火が好きなんだろうなぁ・・え?放火とかはしませんよ絶対( •ὢ•)

返信する
風のましゅー。 風のましゅー。

火って神聖だもんね。( ゚д゚)ウム もちろん、僕も放火なんてしないぞ、絶対。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください