(-ω-;)ウーン 遊びに行きたい

【登山】“国見山” その③ 樹氷! 樹氷! 樹氷!!

アウトドア

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(ΦωΦ)フフフ… 最後の勝負に行ってくる。

今年最後のラウンドですね。

ねこーん

( ゚д゚)ウム ある意味、総決算やな。

ここから本編

今回の話題は【登山】です。

(`・ω・´)シャキーン 続き記事となります。

最初から見た方が気持ち良いですよ!

ねこーん

(・∀・)つ 記事の始まりはコチラです。

アウトドア【登山】“国見山” その① 初めての樹氷。

樹氷! 樹氷! 樹氷!!

( ゚д゚)ウム 感動した。

写真には撮れていないですよね。

ねこーん

氷のトンネル その①

国見山 樹氷

( ゚д゚)ウム タマラン

ワカリマスヨ。

ねこーん

コレは感動しましたね。僕は初めて見たんですケド、”氷のトンネル”が出来ているんですよね。周りも凄く静かだし、本当に神秘的な世界でした。「もし、一面の銀世界ならタマランやろな。」って素直に思えました。

(((uдu*)ゥンゥン 雪山にハマる人もワカルな。

ですね。

ねこーん

何だろうな、神秘の世界を感じるコトが出来るんですよね。明らかな異世界がソコにあるんですよね。コレを見ないのは確かに惜しい。”国見山”は標高1,400mしかない低い山なんですけど、それでこの感動ですから。「本気の雪山の世界ってどうなんだろう…。」なんて強く思いましたよ。

雪フレーム

国見山 樹氷

樹氷がフレームの様になっていましたので思わず撮っちゃいました。向こうに見える山は…、山は…。

(-ω-;)ウーン 忘れた。

師匠に教えて貰ったのにね。

ねこーん

なんかの山です。ある意味、不思議山で良いと思う。

それ、ワンピースのマネですよね。

ねこーん

( ̄σ ̄)ホジホジ うん、今、アラバスタ編見てるからね。

もこもこ

国見山 樹氷

途中でモコモコの木を見つけましたのでパシャリ。

これの何処がモコモコなんですか?

ねこーん

( ゚д゚)ウム これ見て。

国見山 樹氷

(`・ω・´)シャキーン ね?

確かに。

ねこーん

他の木と比べるとひときわ背が高かったので多めに雪が付着したんでしょうね。モコモコしてますけど、雪ですので少し温度が上がるとあっという間に無くなってしまいます。

儚いですね。

ねこーん

(((uдu*)ゥンゥン だからこそ良いんだよ。

氷柱も発見

国見山 巨石

四国の山は殆ど石山ですので、こういった巨石がアチラこちらに散見されます。また、それらの巨石は殆どが信仰の対象となっています。

( ̄人 ̄) 畏敬の念は覚えるよね。

人知を超えていますもんね。

ねこーん

こういった自然を見ると、「人間ってちっぽけだな。」とも感じますし、「これ、どうやってこんな感じになったんだろう。」と素直に疑問を感じるんですよね。答えは分からないんですけど、理由を考えているだけで楽しい。

なんだろな、こういう時は地質学者みたいな人とゆっくり話したくなるんだよな。この時だけなんだけど。(笑)

あとね、中央にこんなのも。

国見山 氷柱

ハイ、立派な氷柱が出来ていましたね。コレをポキッと折って珈琲なんかを作ってみたいんですよね。美味しいと思うんだ。大地の味がするだろうね。

大地の味ってどんな味ですか?

ねこーん

( ̄σ ̄)ホジホジ さあね。なんかそう言ったらカッコ良いやん?

氷のトンネル その②

国見山 樹氷

所々に氷のトンネルは有るんですけど、ココのトンネルがいちばん美しかったですね。

(-ω-;)ウーン でも、チガウンダ。

わかります。

ねこーん

美しさの半分も撮れていません。僕の腕も足りないし、”人間の目”という史上最強のレンズには勝てないですし、寒さや音も含めたシチュエーションも足りません。ソレが口惜しいのですけれども、少しでも伝わるコトを祈ります。

(`・ω・´)シャキーン 美しかったですよ。

ですね。

ねこーん

そして、山頂を目指す。

国見山 看板

ゆっくりと樹氷を堪能したところで山頂を目指してゆきます。

この樹氷でどれくらいの時間を使ったかな? ココまでは推定時間通り歩けていたのですが、樹氷の美しさに目を取られて、大幅に時間をロスしてしまいました。

( ゚д゚)ウム とはいえ、後悔はないがな。

今回の目的でもありましたしね。

ねこーん

この後、美しい展望を望むことになるのですが…、ソレはまた次の記事となります。明日はブログがお休み、土曜日はニュースの日なのでちょっと間が空きます。ご了承ください。

( `・∀・´)ノヨロシク よろしゅうに。

しゅうに。

ねこーん

ではでは…、

アウトドアで非日常を感じれば、普段の生活も充実するかも知れません。飛び出せ! 外に。非日常をいっしょに楽しみましょう。 それでは、また、次回のアウトドア記事でお会いしましょう。

(。・ω・)ノ゙ し~ゆ~。

ゆ~。

ねこーん

6 COMMENTS

Nick Ollie

雪フレームと氷トンネルの写真が好きだなー。すごいキレイ。
てか、この写真たちを見ると、相当寒かったんじゃないかな、と感じました。

返信する
風のましゅー。 風のましゅー。

いやそれが我慢できちゃう。(笑) というか、確かに寒いんですけど、地表でも普通にある位の温度なので耐えられましたよ。( ̄ー ̄)ニヤリ
というか、歩いてると暑いぐらいです。

返信する
ねぇやん

十分伝わりましたよー(*´ω`*)
寒いのは嫌いだけれど、こういうのを見ると、雪ってすごいいいな、って単純に思っちゃう。
ところで気になってたんですが、愛媛ってもう雪が降ってるんですか?

返信する
風のましゅー。 風のましゅー。

石鎚とかは真っ白だよ。( ゚д゚)ウム 愛媛って南にあるケド、スキー場とかも2ヵ所?あるからね。(`・ω・´)シャキーン

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください