(。・ω・)ノ゙ おめでと~

【映画】”沖縄を変えた男” この方法は今なら大問題だね。

映画

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

((((;゚Д゚))))ガクブル 本気の冬が来てる。

今日は寒かったですね。

ねこーん

( ゚д゚)ウム 今日の雨は夜更け過ぎに雪へ変わるかもな。

— ここから本編 —

今回の話題は【映画】です。

(  ̄っ ̄)ムゥ 大問題だね。

凄かったですもんね。

ねこーん

今回紹介する作品はコチラです。

1.作品について

(  ̄っ ̄)ムゥ ヘタすりゃバイオレンス。

沖縄を変えた男

ガレッジセールの”ゴリ”さんが主演しているとの事もあって楽しみにしている映画でした。また、題材になった人は実在する人物であり、高校野球に生涯を掛けた伝説の人です。僕、沖縄大好きだし。

(-ω-;)ウーン すごく期待していたんだ。

まあ、期待しすぎるとそういうの多いですよね。

ねこーん

原作について

高校野球にその生涯を掛けた、”栽弘義”監督のノンフィクション本が原作となっています。

大酒飲みで女好き。豪放磊落な性格で敵も多かったが、沖縄人の誇りとアイデンティティーを失わないために生涯を野球に捧げた男。その裏には重圧と孤独があったのですが…。

(-ω-;)ウーン しかしながら。

ですね。

ねこーん

出演者

監督 岸本司
裁弘義 ゴリ
太田 田中栄一
伊禮香 川満彩杏
敵の監督 川田広樹

( ^ω^ )ニコニコ ガレッジセールは二人とも出演

沖縄の映画ですしね。

ねこーん

作品内容

「沖縄は小さな島国で絆が強い。だからこそ、ソレが競争精神を邪魔しているんだ。また、先の戦争で沖縄には負け犬根性が付いている。甲子園で優勝すれば、沖縄人の心はきっと変わる。」

甲子園で勝利するためには暴力指導も厭わない。彼の信念に基づいた教育方法は球児たちを大きく強くした。しかし、その極端な教育方法や多大な犠牲を強いる取り組みは、彼自身に大きな重圧と深い孤独を与えることとなった。

2.ましゅーの評価

( ゚д゚)ウム 評価してみるか。

作品評価
演出
(1.0)
ストーリ
(1.0)
役者
(2.0)
総合
(1.5)

( ゚д゚)ウム こんなもんかな。

き…厳しいですね。

ねこーん

僕の感想

小説なら深く読み込めたかもしれないな。

いやいや映像にすると、暴力教育が酷くて正視する気になれない。特に”愛のムチ”とは言えど、エースである太田にした仕打ちは許されるものではない。実際、太田選手のモデルである”大野”選手は、肘を故障し、ピッチャーであることを止めたワケですから。(外野手としてプロの選手にはなってます。)

本当はもっと師弟関係があったでしょうし、もっと深い信念もあったハズなんでしょうけど、映画を観ただけではタダの体罰映画にしか見えません。

ゴリさんも熱演なんですけど、熱演だからこそ暴力が目立つ…ていう悪循環。いじめ問題や体罰、虐待が問題となっている昨今、「この手の映画は受けいられないんじゃないかな。」なんて変に心配してしまいましたね。

(-ω-;)ウーン なんだかな…。

もっと深いはずなんですけどね。

ねこーん

でも、沖縄の高校野球を強くしたのは間違いなくこの監督です。また、僕もオリンピックとかで良く言われていた、「参加することに意味がある。」という考え方は好きではありません。

一生懸命準備していればしているほど、負けたら悔し涙が出るはずです。その悔しさがあるからこそ、大きく飛躍を誓って、また練習に打ち込むことが出来るはずです。そういう意味では、「何が何でも甲子園で優勝しなければだめだ!」という栽監督の想いもワカリマス。分かるんですが…。

(-ω-;)ウーン にしてもこの映画はな~。

ちょっと過激でしたね。

ねこーん

僕は正直、あまりお勧めできません。ただ、高校野球好きな人は楽しめるかもしれません。


3.宣伝

(。・ω・)ノ゙ ここから宣伝ですよ~。

エンタメの楽しみ方は千差万別です。

しかし、何より大切なのは、自分に合った楽しみ方が出来るコト。だと思うんですよね。僕としては。

そうですかね?

ねこーん

(゚д゚)(。_。)ウン 僕はそう思うよ。

自分に合った楽しみ方とはそんなに難しい話ではありません。

大音量でサウンドを聴きながら、迫力の映像を大きいスクリーンで楽しみたい人は、映画館へ行けばよいのです。しかし、映画館へ行っても他の観客が気になる人や、お菓子を食べながら観るのが好きな人、トイレへ頻繁に行きたくなる人もいるのです。

いますね。

ねこーん

(((uдu*)ゥンゥン 気になって楽しめなかったりね。

あと、普通にお値段が高くて行けない人と感じる人も居ますしね。そういう人たちは自宅で思う存分楽しめばよいわけです。エンタメをね。

そこで、自宅で簡単にお安くエンタメを楽しめる方法としてコチラをオススメします。

【広告】

ないエンタメがない。

というキャッチフレーズと共に展開している”U-NEXT”さんですね。

(`・ω・´)シャキーン あったお金がない。

それはいつもの事です。

ねこーん

観る・読む・聴くのエンタメ全部

”U-NEXT”さんの特徴としては、観る、読む、聴く…、と全てのエンタメを網羅しているのが特徴のひとつです。

観るでは…、

  • 映画 6,700作品(見放題)+1,500作品(レンタル)
  • 海外ドラマ 560作品(見放題)+260作品(レンタル)
  • アニメ 2,200作品(見放題)+200作品(レンタル)

読むでは…、

  • マンガ 160,000作品(購入)
  • 書籍 150,000作品(購入)
  • 雑誌 70誌以上(読み放題)

聴くでは…、

  • 今週のおすすめ見放題LIVE映像
  • 本日のミュージックビデオ

等のコンテンツがガッツリ揃っております。

(ノ・ω・)ノオオオォォォ- 凄いですな。

集まってますね。

ねこーん

お得な料金プラン

月々のお支払いは税込み1,990円。

でもね、毎月1,200ポイントチャージされます。このポイントはコンテンツ購入で使用するコトが出来ます。レンタル作品や購入商品は取得にお金が掛かりますが、1,200円分については初めからオマケとして付いています。

そう考えると…、

1,990円(月額) - 1,200(ポイント)=790円(実質の月額)

と考えることが出来ます。

実質790円で見放題チャンネルや見放題の雑誌を考えると…。

(`・ω・´)シャキーン 確かに安いね。

確かに。

ねこーん

また、ファミリーアカウントとして親アカウントに3つまでの子アカウントを無料で付けられます。同時再生も可能ですので、家族みんなで利用すれば更にお得。(諸所の規制がありますので、詳細はU-NEXTサイトをご確認ください。)

様々なモバイルで再生可能

自宅のテレビでなくても、スマホで、タブレットで、ゲーム機で、パソコンで…といったマルチデバイスでの視聴が可能。

出張中にコンテンツをチェックして、自宅の大きなテレビで楽しむのも良し。テレビで視聴中だったコンテンツを、空いた時間に別の場所で楽しむのも良し。

上手にマルチデバイスを使用できれば、常にエンタメを持ち歩けるかも…。

自分のスタイルでエンタメを楽しむ。これからは、これからも。

もっかい貼っときますね。

【広告】

(。・ω・)ノ゙ そろそろ良い時間です。それではこの辺で。

4 COMMENTS

ねぇやん

今日も厳しめですね(^_^;)
その…大野選手は厳しすぎる練習でひじを痛めてしまったのですか?
それとも愛のムチと言う名の暴力?

返信する
風のましゅー。 風のましゅー。

試合で骨折しているのを監督も知っていながら投球して壊れてしまったんです。(ノД`)シクシク
ただ、映画でも表現されていましたが、エースだという期待故に、他の選手より教育はさらに厳しかったそうです。

返信する
ビー玉

昔は体罰とか当たり前だったんだろうけど、今のはもう違和感しか憶えないわぁ・・・全ての暴力がダメだと言うわけではないけど、暴力にいたるまでをしっかり描かないと共感するのは難しいよねぇ(´-ω-`)

返信する
風のましゅー。 風のましゅー。

ちょっとね、あまりにも…って表現だったからね。( ゚д゚)ウム
あと、最初に教えた学生たちへの仕打ちは許せないものがあります。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください