(。・ω・)ノ゙ おめでと~

【映画】”パパはわるものチャンピオン” 良い映画でした。いやいや、良い映画でした。

映画

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(`・ω・´)シャキーン ついに実行の時。

出来るかどうか不安ですケドね。

ねこーん

(((uдu*)ゥンゥン でも、間違いなく経験値は得られるからな。

レベルアップを目指しましょうか。

ねこーん

— ここから本編 —

今回の話題は【映画】です。

( ^ω^ )ニコニコ 面白かった。

泣きましたもんね。

ねこーん

今回紹介する作品はコチラです。

1.作品について

(((uдu*)ゥンゥン 良かった。

今回、紹介する作品はコチラです。

パパはわるものチャンピオン

本編では”ライオンプロレス”になっています。しかし、これはライオンマークを捩ったモノであり、”新日本プロレス”のこととなります。その新日本プロレスの協力を得ていますので、現役レスラーがわんさか出てきます。主演はイケメンレスラーで有名な”棚橋弘至”さんですし。

(`・ω・´)シャキーン ですし、おすし。

今年も引っ張るんですね。

ねこーん

プロレスファンはソレだけでも見る価値があるかも。

原作について

世の父親に熱い感動を届けた、”パパのしごとはわるものです”の続編となった絵本、”パパはわるものチャンピオン”が原作となっています。

絵本の原作は”板橋雅弘”さん。ラブコメ漫画”BOYSBE…”の原作などで有名な作家さんです。絵を書いているのは前作の絵本に引き続き”吉田尚令”さん。書籍の装画や絵本で活躍されています。

出演者

監督 藤村享平
大村孝志 棚橋弘至
木村詩織 木村佳乃
木村祥太 寺田心
大場ミチコ 仲 里依紗
編集長 大泉洋

( ´艸`) 思わず紹介人物をひとり増やした。

出演してるの知らなかったですね。

ねこーん

作品内容

「お前のパパ…マフィアじゃねぇの?」

パパが何の仕事をしているか教えて貰えない祥太(寺田心)は、学校で何度も友だちにそう聞かれていた。ある日、翔太は大好きな銭湯でパパに問いかける。「大きくなったらパパの仕事を教えて貰えるって言ったよネ。パパのお仕事はなに?」

そう問われ、答えに窮する孝志(棚橋弘至)。今、彼はヒールレスラー”ゴキブリマスク”としてリングに立っているプロレスラーだったのだ。ヒール役で嫌われている自分の姿を愛する息子には知られたくない…。「もっと大きくなったら教えてやるよ。」。孝志はそう言ってその場をごまかすのだった。

しかし、祥太は父の仕事を知ってしまう。自分の父は”ゴキブリマスク”であり、観客からは大ブーイングを受け嫌われているコトに。

2.ましゅーの評価

( ゚д゚)ウム 評価してみるか。

作品評価
演出
(4.0)
ストーリ
(4.0)
役者
(3.5)
総合
(4.0)

( ゚д゚)ウム こんなもんかな。

良い映画でしたね。

ねこーん

僕の感想

いやー良い映画でした。泣いた×2

いやね、ストーリは王道です。父と子の感動話。ありふれたストーリですがソレが良い。

男の子が最初に憧れる男性は父親であることが多いんじゃないかと思います。自分より力が強く、知識が深い。そこに優しいというフレーズが付けたされると、最初は父親に憧れるのだろうと思います。

でも、その父親が皆に嫌われているとしたら。「ヒーローではなく、皆が嫌う悪役だったとしたら。」。

大人なら理解できるはずです。悪役レスラーもショーを盛り上げる大切な役割であり、必要不可欠なモノであると。しかし、それが強くて優しい大好きなお父さんだと思っている子供には受け入れられない。ソレが原因で、いじめられていたら尚更です。

でも、悪役でも大好きなお父さんだから応援してしまう。父親も愛する息子のために、悪役であることを忘れカッコ良い所を見せようとしてしまう…。

最後の試合は新日本プロレスの迫力もさることながら、思いっきり感情移入しちゃいました。トップロープに登って時は「いけー。」って思いましたもん。

あとね、ラストシーンの試合に向かうコスチュームに感動しました。

過去の栄光に取りつかれた人間に前進などないのです。たとえ惨めでボロボロだったとしても、現在の自分で道を切り開いていくことにこそ意味があるのです。このメッセージはとても心に刺さりましたね。

( ゚д゚)ウム ここだけでも良い映画だと思ったもん。

感動しましたもんね。

ねこーん

棚橋さんはプロレスラーなので演技はどうかな…なんて思ったのですが、純朴な感じが如何にも不器用なお父さんみたいな感じで良かったです。脇を固める木村佳乃さんや寺田心くんが演技上手なので、しっかりフォローできていましたしね。

あとね、マニア役である大場ミチコを演じた”仲 里依紗”さんも良い演技でした。「いつか帰ってくると信じているんです。彼は約束したんです。」って言うセリフや、「プロレスは生き様です。」という言葉は、如何にもマニアが言いそうなセリフでありつつ、グッと胸に来るものがあります。

また、予備知識なく見ていたら、「あれ? 大泉さん出てる!」と偉くビックリしちゃいました。友情出演? 特別出演? で編集者役という名前すらない役で出てました。それでも存在感を見せるあたりはさすがです。(笑)

最近、ハズレが多かったですが、久しぶりにヒット作品と出会えました。興味がある人はぜひご鑑賞ください。つか、見て。

映画って本当に楽しいですね。また次回の映画紹介でお会いしましょう。さよなら×3

(。・ω・)ノ゙ し~ゆ~。

ゆ~。

ねこーん


3.宣伝

(。・ω・)ノ゙ ここから宣伝ですよ~。

エンタメの楽しみ方は千差万別です。

しかし、何より大切なのは、自分に合った楽しみ方が出来るコト。だと思うんですよね。僕としては。

そうですかね?

ねこーん

(゚д゚)(。_。)ウン 僕はそう思うよ。

自分に合った楽しみ方とはそんなに難しい話ではありません。

大音量でサウンドを聴きながら、迫力の映像を大きいスクリーンで楽しみたい人は、映画館へ行けばよいのです。しかし、映画館へ行っても他の観客が気になる人や、お菓子を食べながら観るのが好きな人、トイレへ頻繁に行きたくなる人もいるのです。

いますね。

ねこーん

(((uдu*)ゥンゥン 気になって楽しめなかったりね。

あと、普通にお値段が高くて行けない人と感じる人も居ますしね。そういう人たちは自宅で思う存分楽しめばよいわけです。エンタメをね。

そこで、自宅で簡単にお安くエンタメを楽しめる方法としてコチラをオススメします。

【広告】

ないエンタメがない。

というキャッチフレーズと共に展開している”U-NEXT”さんですね。

(`・ω・´)シャキーン あったお金がない。

それはいつもの事です。

ねこーん

観る・読む・聴くのエンタメ全部

”U-NEXT”さんの特徴としては、観る、読む、聴く…、と全てのエンタメを網羅しているのが特徴のひとつです。

観るでは…、

  • 映画 6,700作品(見放題)+1,500作品(レンタル)
  • 海外ドラマ 560作品(見放題)+260作品(レンタル)
  • アニメ 2,200作品(見放題)+200作品(レンタル)

読むでは…、

  • マンガ 160,000作品(購入)
  • 書籍 150,000作品(購入)
  • 雑誌 70誌以上(読み放題)

聴くでは…、

  • 今週のおすすめ見放題LIVE映像
  • 本日のミュージックビデオ

等のコンテンツがガッツリ揃っております。

(ノ・ω・)ノオオオォォォ- 凄いですな。

集まってますね。

ねこーん

お得な料金プラン

月々のお支払いは税込み1,990円。

でもね、毎月1,200ポイントチャージされます。このポイントはコンテンツ購入で使用するコトが出来ます。レンタル作品や購入商品は取得にお金が掛かりますが、1,200円分については初めからオマケとして付いています。

そう考えると…、

1,990円(月額) - 1,200(ポイント)=790円(実質の月額)

と考えることが出来ます。

実質790円で見放題チャンネルや見放題の雑誌を考えると…。

(`・ω・´)シャキーン 確かに安いね。

確かに。

ねこーん

また、ファミリーアカウントとして親アカウントに3つまでの子アカウントを無料で付けられます。同時再生も可能ですので、家族みんなで利用すれば更にお得。(諸所の規制がありますので、詳細はU-NEXTサイトをご確認ください。)

様々なモバイルで再生可能

自宅のテレビでなくても、スマホで、タブレットで、ゲーム機で、パソコンで…といったマルチデバイスでの視聴が可能。

出張中にコンテンツをチェックして、自宅の大きなテレビで楽しむのも良し。テレビで視聴中だったコンテンツを、空いた時間に別の場所で楽しむのも良し。

上手にマルチデバイスを使用できれば、常にエンタメを持ち歩けるかも…。

自分のスタイルでエンタメを楽しむ。これからは、これからも。

もっかい貼っときますね。

【広告】

(。・ω・)ノ゙ そろそろ良い時間です。それではこの辺で。

6 COMMENTS

ねぇやん

おお(゚д゚)!辛口のましゅー。さんが高評価をΣ(・ω・ノ)ノ!
プロレス知らなくても楽しめますかね(・・?
スイーツ真壁とガサガサ本間しか知らない…

返信する
風のましゅー。 風のましゅー。

真壁はね…(ΦωΦ)フフフ… いや、基本、評価は甘い方なんですよ。でも、最近は見事にハズレを引いていたみたいです。(´・ω・`)

返信する
えたばりゅ

こういう人たちこそ、縁の下の力持ちって感じですよね(^^♪
これが段々と分かり始めるのには、過程が必要かと思いますが、これは確かに見てみたい(^^♪

返信する
風のましゅー。 風のましゅー。

そう、盛り上げる人たちって絶対必要なんですよね。( ゚д゚)ウム 嫌われ役なのでしんどいですけど。
面白かったですよ、チャンスがあればぜひ。

返信する
風のましゅー。 風のましゅー。

そう。( ̄ー ̄)ニヤリ 大泉さんにはビックリしましたよ。(笑) その後、映画の公式サイトへ行ったら、大体的に書かれてた。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください