(-ω-;)ウーン 遊びに行きたい

【登山】“寒風山” その② その美しい稜線を見る。

アウトドア

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

Σ(・ω・ノ)ノ! マダお餅を食べていない。

去年もでしたよね。

ねこーん

(´・ω・`) うん、なんかお餅と遭遇するチャンスが減っている。

ここから本編

今回の話題は【登山】です。

(`・ω・´)シャキーン 続き記事となります。

前回は短かったですからね。

ねこーん

(・∀・)つ 前回記事はコチラです。

アウトドア【登山】“寒風山” その① 寒い風の山だよ? 大丈夫なのかい?

登山口から中腹まで

(`・ω・´) 行くよ。

頑張りましょうね。

ねこーん

登山口から

再度の写真となりますが登山口はコチラ。

寒風山登山口

( ゚д゚)ウム 先ずはココが気を付けるポイント。

そうですよね。

ねこーん

前回の記事にも書きましたけど、”寒風山”自体はとても登りやすい山です。ファミリーや初心者にも自信を持ってお勧め出来る山です。しかしながら、注意点は”登山口からの登り始めなんです”。

ヘタすりゃここが一番の難関ポイントかも知れません。登山口から暫くの間、悪路が続くんですよね。「いや、マジか…。こんなのが続くと僕は登れる自信がないのだが。」とずっと思ってましたから。登山初心者の僕としては。でもね、この悪路は長く続きません。「最初だけの我慢だ。」と歯を食いしばれば、あっという間に終了する短さでもあります。

ただ、最初は悪路が続いたことをよく覚えておきましょう。それは、「帰路の最後に悪路が待っている。」という事に他なりませんから。特に帰路は疲れが溜まってますし、登山は下りの方が筋力を使いますので。筋力が落ちている時は踏ん張り難くなっています。そこへ悪路が重なると転倒等にもつながりますのでね。「怪我をしないで帰る。」というコトは登山で最も大切なことですしね。

ひたすら歩く

寒風山

( ^ω^ )ニコニコ 陽光が気持ち良い。

登山の醍醐味ですよね。

ねこーん

この日はとにかく天気が良かったです。「雲ひとつない。」をリアルで感じました。

( ゚д゚)ウム 本当に雲ひとつないの。

こんな日は珍しいと師匠も言ってましたしね。

ねこーん

とにかく、歩いていてとても気持ち良かったです。まあ、僕は写真を撮りに山へ行くのが目的なので、登山は趣味ではないんですケドね。

( ゚д゚)、ペッ 登山はしんどいし苦手だよ。

その割には道具が揃ってきましたケドね。

ねこーん

「登山が趣味。」なんて言っちゃうと、毎週、師匠に山へ連れて行かれることになりますからね。(笑) それを避けるためにも、師匠には、「僕は写真を撮るのが趣味な訳で、登山は趣味ではない。」とつねづね言い続けております。

(゚д゚)(。_。)ウン 山登りしてたら、最高や! と思う瞬間も多いですケドね。

ですね。(笑)

ねこーん

寒風山の景色

寒風山からの景色

顔を上げるとこのような素晴らしい景色をガッツリ楽しむことが出来ます。

( ^ω^ )ニコニコ ええやん、ええやん。

気持ち良いですね。

ねこーん

目の保養も兼ねながら景色を楽しんでいると、こんな看板が目に飛び込んできます。

桑瀬峠 看板

中腹である”桑瀬峠”まであと25分。

桑瀬峠はかつて桑瀬氏が治めていた土地で、土佐と伊予との国境として番所が置かれていた歴史があるそうです。

(´・∀・`)ヘー こんな所に番所が…。

歴史を感じますね。

ねこーん

そんなこんなでテクテクと歩いていると桑瀬峠に辿り着きました。

桑瀬峠

桑瀬峠

笹山で見張らしも良かったのもさることながら、看板の、「まわる。」という字が気になって×2。

この看板、回るんですよ。おそらく絶景のビューポイントでもあるので、「好きな方向に回して写真を撮ってね。」というご配慮だと思います。

( ̄ー ̄)ニヤリ でも…まわるって…。

もうちょっと、書き方がある様なない様な。

ねこーん

桑瀬峠は分かれ道でもあり、

伊予富士 看板

”伊予富士”へと向かう登山ルートと、

寒風山 看板

”寒風山”、ならびに”笹ヶ峰”へと行くルートに分かれます。

(  ̄っ ̄)ムゥ 悩む。

今回は寒風山ですよ。

ねこーん

伊予富士に後ろ髪を引かれながらも、当初の予定である寒風山ルートを進みました。

素晴らしき稜線

稜線 伊予富士

(ノ・ω・)ノオオオォォォ- こりゃスゲェ。

絶景ですね。

ねこーん

寒風山ルートをしばらく歩いたのち、伊予富士方面を望んだ風景です。素晴らしい稜線でしたね。こんなのを見てたら、登山が趣味になっちゃうんだろうな。

(ΦωΦ)フフフ… 僕は違うけどね。

おおーって言いながら感動してましたケドね。

ねこーん

季節が11月ですので雪は見えませんが、ココから見る雪景色もとても素晴らしいものがあるそうです。まあ、僕は雪山が苦手なので行きませんけどね。…今は。

ちょっと短めですが今回はココまで。続きは次回をお待ちくださいませ。

(。・ω・)ノ゙ し~ゆ~。

ゆ~。

ねこーん

8 COMMENTS

ねぇやん

ホントに雲一つない青空(*´ω`*)
看板がまわると、サスペンスとかのあれ思い出しちゃう。
ほら、途中で看板回して迷子にさせちゃいやつ(^▽^;)
稜線、まるで生き物の背中のように滑らかで美しいです(*^▽^*)

返信する
風のましゅー。 風のましゅー。

そう。本当になかったんだよね。雲。( ^ω^ )ニコニコ この看板がサスペンスとは繋がらんかったわ。(笑)

返信する
ビー玉

近々雪山に登りそうな予感がする( ✧Д✧) カッ!!
山は登らないけど、雪キャンプは経験あり。焚き火とインスタントラーメンがたまらんのよ(ΦωΦ)フフフ…

返信する
風のましゅー。 風のましゅー。

そう、僕も雪山に登りそうなきがする。(  ̄っ ̄)ムゥ 雪キャンプは楽しそうやね。

返信する
Nick Ollie

キレイに晴れましたねー。これは登山が趣味じゃないけど趣味なはずのましゅーさん、楽しかっただろうな。いい写真もたくさん撮れたことでしょう。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください