(-ω-;)ウーン 遊びに行きたい

【キャンプ】”リュック” ソロ用リュックが欲しいのよ。

アウトドア

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(*- -)(*_ _)ペコリ 復活の兆しアリ。

お腹…治りました。

ねこーん

(・∀・)ウン!! 痛くは無くなりましたよ。

三連休を潰したおかげで体調を戻すことが出来ました。心配のコメントをくれた皆さま有難うございました。あとね、変なニオイのする魚は食べちゃダメですよ。

ここから本編

今回の話題は【キャンプ】です。

また、イチからですか…。

ねこーん

(-ω-;)ウーン そういう訳ではナイいケドね。

夏キャンプへの切り替え

(((uдu*)ゥンゥン 考えないとな。

そうですね。

ねこーん

デイキャンからソロキャンへ

だいぶん、気温が上がり始めましたね。最近は長そでを着ていたら汗ばむほどの陽気となってきました。

(υ´Д`)アツー  いっきに夏を迎える。

春ですけど、温度が高いですよね。

ねこーん

冬場は焚き火をメインとして”デイキャンプ”を楽しんできましたが、さすがにこれだけ気温が上がると焚き火をメインには据えにくくなってきました。暑いので、焚き火の近くがツラいんですよね。(笑) それでも火を見ていると落ち着きますケド。

ジーー (*・д・)― 火を見てると、ある意味、瞑想に近いよね。

キャベツの千切り瞑想なんてのもありますからね。

ねこーん

とにかく、「気温が少しでも下がる時間帯へキャンプ時間をずらす必要」が出て参りました。もちろん、キャンプ飯研究という名目で、デイキャンプも引き続き行う予定にはしてますが。(楽しいですしね。)

夏場の涼しい時…となると、夜か早朝という事になります。それに対応するとなると、「テントを伴ったソロキャンプの準備に入る必要性が出てきた」んですよね。

( ^ω^ )ニコニコ コレは仕方ないやね。

何だか嬉しそうに見えますケドね。

ねこーん

ですので、今、ソロキャンプが出来るギアの選定に入っております。

とりあえず、リュックが欲しい

( ゚д゚)ウム めちゃ悩んでいる。

楽しい時間ではありますケドね。

ねこーん

目的別で揃えるギアは違う

今までこのブログでも様々なギアを紹介してきました。(いや、紹介しきれていないので、マダ、紹介は続きますケド。)しかしながら、キャンプのギアって目的ごとに微妙に種類が変わるんですよね。

へーそうなんですか。

ねこーん

(゚д゚)(。_。)ウン そうなんだよね。

今まで僕はデイキャンプ仕様でギアを集めていました。デイキャンプですので、車で近くまでギアを運ぶことが可能だったんですよね。だから、少々荷物が重かろうが大きかろうが何とでもなったんです。

例にとれば、今、重宝している焚き火台の”ファイアグリル”。これも車があってこその焚き火台だと思います。大きいんです、重いんです。優れた焚き火台ではありますが、これを背負ってキャンプへ行くのはちょっと難しい。無理だ…とは言いませんが、辿り着ける頃にはぶっ倒れてる自信がある。

なので、焚き火台もソロキャンプにあった、小さく、軽いものへ変更する必要がある。今までのギアで使える物も多いが、再購入が必要なモノも多く出てきました。

実は、今夏に会社の子とキャンプへ行くことになりました。いつものアウトマン(彼はデイキャンプ専門)ではなく、若い頃にボーイスカウトをやっていた大のアウトドア好きっ子と。

「ましゅーさん。最近、アウトドアに嵌っているそうですね。良かったら、僕とキャンプへ行きませんか?」なんて誘われてしまいました。

断る理由もないので一緒に行くことにしたのですが、話がかなり盛り上がって、島へキャンプに行くことになったんですよね。しかも、その島は船でしか行けない。

となると、キャンプ道具のパッキングが必要となるんですよね。人力で運べるように。ちょうど、デイキャンプからソロキャンプへの切り替えを考えていた時だったので、これを機にギア全般の見直しを行うコトに決めました。

先ずはリュックが欲しい

ギアの見直しも必要あのですが、先ずは荷物を積み込むリュックの選定から入りたいんですよね。

ギアをいっぱい買っても…。

ねこーん

(゚д゚)(。_。)ウン 運べなきゃ持ってけない。

そう思いまして、幾つかのリュック候補で非常に悩んでおります。でも、いつも書いていますが選ぶのも楽しみのひとつであります。ですので、ついでに記事にしてやります。

それでは、僕が悩んでいる三つを見てやってください。

DDベルゲン


( ゚д゚)ウム カッコ良い。

ですね。

ねこーん

第一候補のリュックサックがコチラになります。

お値段も手ごろだし、使い勝手も良さそう。買い手の評価もソコソコですので悪い商品ではないと思います。売りはこんな感じかな。

  • 大容量:55L
  • 多めのポケットで使い勝手が良い
  • オックスフォード600D素材なので非常に丈夫

素直に良いリュックだと思うんだよな。欲しい。

サイバトロン


( ゚д゚)ウム 見たことある。

カーキ色の奴ですケドね。

ねこーん

”ヒロシキャンプ”で一躍有名になった商品ですね。コチラのカーキ色は人気があり過ぎて品薄状態となっているそうです。ヒロシ人気恐るべし。

僕の中では第二候補となりますが、コチラの売りは、

  • 大容量?(容量の記載はなし、レビューでは40L程度?とのこと。)
  • 900Dの防水仕様
  • コスパが高い

サイドバッグの取り付けはイマイチとのレビューもあります。コスパが良いのは有難いですが、こういう商品は頑丈さが値段と比例しちゃうので疑っている僕もいます。

CONDOR


(●>ω<●) カッコ良い

たまりませんね。

ねこーん

見た瞬間から欲しいんですよね。(笑) 裏、第一候補ですから。米軍規格で3日間の作戦行動が可能となる大容量でコンドルアウトドア社製で…。アウトドアという観点からすると血統書付きの逸品です。売りは…、

  • 大容量:49L
  • とにかく考え抜かれた機能美
  • 高い耐久性

などが上げられるでしょうか。ただね、デメリットとしては高いんだ。他より頭ひとつ抜けてる。あと気になる点としては、軍仕様だからね、キャンプメインでは考えていないと思うんだ。そういった意味では、ソロキャンプ用としては使い勝手が悪いかも知れん。

( ^ω^)… でも、カッコイイよネ。

よく考えて下さいね。

ねこーん

以上ですね。どれを買うかはまたの機会に。

o(^^o)(o^^)oワクワク 「どれが良いかな、どれが良いかな~。」

やっぱり悩むのって楽しいですね。どれを購入するか考えるだけでワクワクしますもんね。また、商品を購入した際にはレビューをアップしますね。

それではでは…、

アウトドアで非日常を感じる。いつもと違った一日、経験は、貴方の生活に新たな活力を与えてくれる。そうすれば、普段の生活もいつもと違って見えるかもしれません。

飛び出せ! 外に。非日常をいっしょに楽しみましょう。 自分自身の生活を充実させるために。新しいワクワクを感じるために…。

それでは、また、次回のアウトドア記事でお会いしましょう。

(。・ω・)ノ゙ し~ゆ~。

ゆ~。

ねこーん

10 COMMENTS

ビー玉

道具選ぶの楽しいね٩(●˙▿˙●)۶
夏のお泊まりキャンプいいよ〜♪ 星空をボーとみて過ごすのもいいし、早朝も朝靄もいい(≧∇≦)

返信する
ねぇやん

policeのwrapping around your fingerのプロモ見てると、落ち着くのって、やっぱり火のせいかしら…(・・?歌詞と相まってトリップしそうになる( *´艸`)

返信する
スヤスヤ

島!?リアル「どうぶつの森」か~(*´˘`*)♡(ゲーム脳w)
(-ω-;)ウーン、相変わらず高級品だけど
楽しいことを計画してる時ってとっても楽しいだろうから
計画も実践も是非お楽しみください(n*´ω`*n)
島キャンプ、記事見るの楽しみだな~((o(´∀`)o))ワクワク♪

返信する
Nick Ollie

どんどんギアもいろんな道具たちも充実していきますねぇ。ふふふ。読んでると、ましゅーさんの楽しい気持ちが伝わってきます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください