(-ω-;)ウーン 遊びに行きたい

【キャンプ】”ファイアスタータ” 不便を楽しむ。それもまた…。

ファイアスタータ

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(´・ω・`) 良い天気だけどね。

今は我慢ですね。

ねこーん

ここから本編

今回の話題は【キャンプ】です。

( ゚д゚)ウム 写真は使用前に撮りました。

実戦でも…。

ねこーん

( ̄ー ̄)ニヤリ  うん、ガッツリ使ってる。そのレビューも含めて。

今の流れ

(  ̄っ ̄)ムゥ 我慢ですね。

ツラいですケドね。

ねこーん

周知のとおり、コロナウイルスが世界を席巻しています。日本でも感染者は増え続け、のっぴきならない状態へ移行しつつアリマス。その中での週末だよネ。

外でのデイキャンプなら問題はないと思います。でも、何となく今はね。外で出来るデイキャンプは子供がいるご家庭がわさわさ来ていますからね。ちょっと、キャンプサイトもごった返して来ているので、少し、間を開けた方が良いんじゃないかと思っています。

(-ω-;)ウーン 有休取っていくかな。

それが良いかも知れませんね。

ねこーん

いろいろ気にしないといけないのはしんどいですけど、今は仕方がないですね。心からアウトドアを楽しむためにも、早く終息して欲しいと思います。

紹介する商品

( ゚д゚)ウム 不便こそ。

ある意味、贅沢ですよね。

ねこーん

ファイアスタータ

紹介する商品はコチラです。

ファイアスタータ

見たことない人は、「何だこれ?」と思うかも知れませんね。

コチラの商品は”ファイアスタータ”という商品となります。その機能は名前の通り、「火熾し用の火花を発生させる道具です。」。

焚き火の火を熾す場合、ライターとかを使ってパッと火を付けてもいいんですけど、アウトドアって少しだけ不便を楽しむ処があるんですよね。なので、火を付ける場合にも、火打石を使ってみたり、虫眼鏡で火を付けてみたり…なんてことをしてる人もいるし、実際、そんな道具も多く売っています。

へー、そうなんですね。

ねこーん

(((uдu*)ゥンゥン 自分で火種から作るとなおさら楽しいのよ。

僕も本当は火打石とかをやってみたいんですけど、火打石とかは意外と難しいらしいので、比較的、初心者向けのコチラの商品を購入しました。

仕様

ファイアスタータ―
ハンドル 木繊維、ポリプロピレン
ストライカー ステンレス鋼
ロッド フェロセリウム
その他 フィンランド製

今回は素材表となります。

使い方

ファイアスタータ

この黒い棒のようなところをストライカーと呼ばれる金属棒で擦ると火花が飛びます。ちなみに購入当初はナイロンが巻き付けられていますので、コチラを剥がしてから使ってくださいね。

ストライカー

コッチがストライカーと呼ばれる金属棒です。触るとわかるんですけど、ツルツルしてる方とザラザラしている方がありますので、ザラザラしている方で黒い棒を擦りましょう。

取扱説明書

取り扱い説明書

コチラが取扱説明書ですね。

僕はモンベルさんで購入させて頂きました。

(´・∀・`)ヘー 火花って3,000℃になるんだね。

スゴイデスネ。

ねこーん

取り扱い説明書 裏側

コチラが取扱説明書の裏側です。うん、けっこう高かったですね。でも、かなり使用してますので、もう元は取れてるんじゃないかと思いますケドね。

Scandinavia award

スカンジナビア アワード

”SCANDINAVIA OUTDOOR AWARD”って言うのを受賞されているみたいです。調べてみると、毎年、スカンジナビア半島で優れたアウトドア製品に送られる賞みたいですね。こういうのを獲ってる商品ってヤハリ良い商品が多いですよね。その分、お高かったりしますケドね。

まとめ&評価

この商品を纏めると…、

無くても良いが、有ったらとても楽しい。

商品ですね。

いやね、無くても良いの。気にしない人はライターでポッと火を付けた方がダンゼン早いですし。でもね、火種から作った火はまた格別。自分で頑張って火種を作って…、

ファイアグリル

こうなると、とても楽しいから。

あとね、ファイアスタータ自体はイロイロなメーカから発売されています。100均でも売ってますしね。でも、ロッドは長い方が使い良いです。”アウトマン”が100均のファイアスタータを持っていたので使わせてもらったのですが、ロッドが短いので、まあ、火が飛ばしにくい。

コチラの商品はロッドが長めになっていますし、柄も持ちやすくなってますのでストライカーで擦りやすいです。また、柄が大きめですので手袋とかをしてても握りやすいです。

ちょっと値は張るけど、最初から良いものを買っておいた方が楽です。あまりにも火種が作れないとイライラしちゃいますから。

火種を作ってイチから火を熾す。」

これは”ブッシュクラフト”の入り口かも知れませんね。ファイアスタータを使えばそこまでハードルも高くありません。ブッシュクラフトの扉を叩き、無心に火を熾してみませんか?

それではでは…、

アウトドアで非日常を感じる。いつもと違った一日、経験は、貴方の生活に新たな活力を与えてくれる。そうすれば、普段の生活もいつもと違って見えるかもしれません。

飛び出せ! 外に。非日常をいっしょに楽しみましょう。 自分自身の生活を充実させるために。新しいワクワクを感じるために…。

それでは、また、次回のアウトドア記事でお会いしましょう。

(。・ω・)ノ゙ し~ゆ~。

ゆ~。

ねこーん

4 COMMENTS

ねぇやん

木をこすって火をおこしましょうよ~ヾ(≧▽≦)ノ
最初、地味目なキーホルダーかと思っちゃった(^▽^;)

返信する
風のましゅー。 風のましゅー。

木を擦るのは大変なのよ。(´・ω・`) どっかでチャレンジはしたいんだけどね。

返信する
スヤスヤ

素敵(≧∇≦)コレはアイテムとして興味ある!
キャンプってそもそも便利道具を買うんじゃなく、
大元は何もなくなった世界でのサバイバル生活の練習なイメージ♪
こういう道具は持ってた方がいいのかな~?ってたまに思う!
ライターとか油なんていざという時ないし、
木や石から火をつけるなんてなかなか絶望的よね(笑)( ^ω^ )ニコニコ♡

返信する
風のましゅー。 風のましゅー。

やってみると意外と面白いよ。( ^ω^ )ニコニコ ぜひ、チャレンジしてみて。100均にもあるし。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください