(-ω-;)ウーン 遊びに行きたい

【キャンプ】”オピネルナイフ” 料理用のナイフとして購入しました。

オピネルナイフ

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(  ̄っ ̄)ムゥ マイッタ。

急がないといけないですね。

ねこーん

ここから本編

今回の話題は【キャンプ】です。

( ゚д゚)ウム 写真は使用前に撮りました。

実戦でも…。

ねこーん

( ̄ー ̄)ニヤリ  うん、ガッツリ使ってる。そのレビューも含めて。

今の流れ

デイキャンプ用の道具もまだ紹介できていないのに、ソロキャンプ用の商品がドンドン届いております。キャンプ記事の連投で申し訳ないですがお付き合い下さい。

ホントはね、ソロキャンの道具も使用してどんどんレビューとかをガッツリ出してゆきたいんですけど…。

(´・ω・`) 時期が時期だよネ。

ですね。

ねこーん

まあ、3密な場所へ行くわけではないし、僕が住んでいる場所は愛媛なので大きくは影響ないと思うのですが、家族連れがいるキャンプ場なんかは避けようと思っています。お互いに何となく嫌な気分になるかもしれませんので。

場所でズラすか、時間でズラすか…。良い方法を探してゆきたいと思います。

ナイフを購入しました

( ^ω^ )ニコニコ 料理用にね。

使い分けが大事ですよね。

ねこーん

オピネルナイフ

購入した商品はコチラになります。

オピネルナイフ No.12

 ( ゚д゚)ウム ナイフでは有名ですよね。

フランス産でしたっけ?

ねこーん

以前にもナイフを紹介しました。そのナイフがコチラ。

シュレードナイフ

(゚д゚)(。_。)ウン シュレードナイフですね。

良いナイフですよね。

ねこーん

いかつい感じがとてもカッコ良いナイフ。また、バトニングなんかにも非常に使い勝手が良いナイフです。でもね、このナイフは、「まったく料理に向かない。」んですよね。

いや、出来ますよ。出来るんですけど、しづらい事この上なし。バトニングでは有利に働く刃厚が料理では逆方向に働きます。

ですのでね、料理用にナイフの購入を考えていたんですよ。そこでこちらの商品の購入と相成りました。

(`・ω・´)シャキーン 買ったった。

良いですよね。

ねこーん

商品紹介

( ゚д゚)ウム では紹介しましょうか。

よろしくお願いします。

ねこーん

商品到着

オピネルナイフ

( ̄ー ̄)ニヤリ おフランス産ですよ。

へー。

ねこーん

最初、僕はフランス? ナイフ? と知識がナカナカ繋がらなかったんですが、そんな僕でも知っている超有名ナイフです。調べてみると、「フランスでは13世紀の頃からナイフ産業が興っており、長い歴史がある。」みたいです。

(´・∀・`)ヘー そうなんや。

勉強になりましたね。

ねこーん

また、今回のナイフは、「料理用なのでそこまでの耐久性は要らない。」という点から、パッキングに優れている”フォールディングナイフ(折り畳みナイフ)”を購入しました。

仕様

OPINEL No.12
ブレード長 120mm
ブレード材質 ステンレススチール
ハンドル材質 ブナ
重量 115g

主な材質として、「ステンレススチール」と「カーボンスチール」の二種類があります。僕は今回、ステンレススチールを購入しています。簡単に特徴を書いておきますね。

ステンレススチール
錆びにくく扱いやすいため初心者向け。切れ味はカーボンより劣るモノの実作業には問題のないレベル。ただし、ステンレスが硬いため、砥ぐにはちょっとしたコツが必要。
カーボンスチール
研ぎやすく、切れ味が鋭い。錆が発生しやすいため、黒さび加工等、取り扱いに手間がかかる。しかし、手間ひまかけたナイフは愛情もひとしお。

僕は料理用に使用したいと考えていましたので、お手軽仕様のステンレス製を選んでみました。

ナイフ本体

オピネルナイフ

( ̄ー ̄)ニヤリ カッコ良いやな。

使いやすいですしね。

ねこーん

僕は”No.12”を購入しています。オピネルナイフにはNo.が付いていて、このNo.はブレード長を表しています。以前のデイキャンプでアウトマンにNo.9を借りてみましたが、ブレード長90mmでは野菜が切り難かったんですよね。

ですので、ソレを加味してNo.12を購入しました。大きくなったせいで、玉ねぎの皮とかは剥きにくくなったんですケドね、大は小を兼ねるという事で。バツグンに野菜は切りやすくなったし。

特殊機構

オピネルナイフ

根元にNo.12とデカデカと書かれています。この根元にちょっとした”特殊機構”が付いています。

オピネルナイフ

銀色の部分が手で回せるようになっていて、刃の飛び出し防止となっています。まあ、普通に使っていてもめったに飛び出すコトはありませんけどね。安全機構が付いているに越したことはないですよね。

(((uдu*)ゥンゥン 安全大事。

ですよね。

ねこーん

オピネルナイフ

ブレードを出した後、銀色の部分を捻ると勝手に閉じない様になります。

長さを計測

オピネルナイフ

こんな感じで約120mmブレードがアリマス。この長さが重要なんだよネ。

オピネルナイフ

柄は約160mmほどあります。これぐらいあると握り心地も良くて使いやすいです。

まとめ&評価

もうすでに何回か実戦投入しています。

キャンプ ギア

( ゚д゚)ウム こんな感じ。

優秀ですよね。

ねこーん

切れ味も鋭いので非常に料理がしやすくなりました。でもね、敢えて書くと…、

アウトドア料理用の最強ナイフは万能包丁です。(笑)

いや、アレにはなかなか勝てん。万能包丁って本当に万能、優秀だもんね、安いし。でも、折り畳めないのでパッキングでは劣ります。そういう点ではフォールディングナイフに軍配が上がるかな。

あとね、アウトドアだからね。所有感はとても大事。所有感ではナイフが強いんだよなぁ…。

(゚д゚)(。_。)ウン 気分が大事だよね。

ソレも大事な要素ですもんね。

ねこーん

オピネルナイフ自体は非常に良いナイフです。「良いものは売れる。」今も愛され続けているのが何よりの証左でしょうね。興味がある人は検討して見て下さいね。

ではでは…、

アウトドアで非日常を感じれば、普段の生活も充実するかも知れません。飛び出せ! 外に。非日常をいっしょに楽しみましょう。 それでは、また、次回のアウトドア記事でお会いしましょう。

(。・ω・)ノ゙ し~ゆ~。

ゆ~。

ねこーん

10 COMMENTS

風のましゅー。 風のましゅー。

ですよね。( ゚д゚)ウム 最近は少しナイフを集める人の気持ちが分かり出しました。

返信する
ねぇやん

エイッ!!(/_・)/D=============∋-(><)→サク
家庭調理だと、万能刃物はキッチンばさみですが、キャンプだと、ナイフの方が楽?

返信する
スヤスヤ

カッコイイけど使い辛そう…(^▽^;)
(((uдu*)ゥンゥン、でもやっぱりキャンプに限らず、
形って大事よね!オレ…キャンプしてる♪みたいな(笑)
今はやっぱり不要不急…キャンプもあんまり良い目では
見られないでしょうねぇ…息抜きは大事だけどね(;´Д`)

返信する
風のましゅー。 風のましゅー。

そう、まさにその通り。(`・ω・´)シャキーン 三密を避けながらキャンプへは行く事にしました。しかし、高知が大変なコトになっているので、神社巡りは自粛の運びです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください