(-ω-;)ウーン 遊びに行きたい

【F1】ついにF1始動。開幕ウインを目指すことになる。

F1

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(-ω-;)ウーン ムシムシする。

梅雨時ですもんね~。

ねこーん

雨は降ってないんですケドね。なんだか湿度は高い気がします。というか、初夏を超えて、もはや夏本番な感じもありますね。コロナも怖いケド、熱中症にも気を付けないといけないですね。

ここから本編

今回の話題は【F1】です。

( ^ω^ )ニコニコ 始まったね。

ついに始まりましたね。

ねこーん

コロナ禍の影響によって長らく止まっていた時が動き始めました。今回はそんなF1の記事を書いておこうと思います。やっとですね、やっと。待ち続けましたよ。

2020年スケジュール

( ゚д゚)ウム とりあえずはね。

これから確認ですね。

ねこーん

スケジュール発表

2020年のF1スケジュールが発表されました。開幕されるレースは全て無観客で、前半だけではありますけれど。

( ゚д゚)ウム 今は仕方ないやん。

まあそうですね。

ねこーん

ひとまず、発表されているカレンダーはコチラです。

ラウンド 日付 開催国 リンク名
第1戦 7/03~7/05 オーストリア レッドブル・リンク
第2戦 7/10~7/12 オーストリア レッドブル・リンク
第3戦 7/17~7/19 ハンガリー ハンガロリンク
第4戦 7/31~8/02 イギリス シルバーストン
第5戦 8/07~8/09 イギリス シルバーストン
第6戦 8/14~8/16 スペイン バルセロナ
第7戦 8/28~8/30 ベルギー スパ・フランコルシャン
第8戦 9/04~9/06 イタリア モンツァ

(;^_^A コミコミだね。

かなり詰め込みましたね。

ねこーん

約2か月の間に8戦。ほとんど毎週レースを行う感じです。今までの借りを取り返す感じでしょうか? オーストリアとイギリスでは連戦だし。

無理やり感は感じますが、「今年はこれでも良く開幕したな。」というのが僕の本心ですかね。まあ、一年間ずっと中止すると運営が厳しくなる会社も多いですからね。無理な形であろうと、何とかしてレース人気の高いヨーロッパラウンドだけでも開催したいという運営の気持ちでしょうね。

ニュース

例えばカレンダーに並ぶグランプリが全て超高速のモンツァであるとするならば、各チームのマシンの姿は今とだいぶ異なる事だろう。不可抗力とは言え、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で2020年シーズンのF1カレンダーはチームが当初想定していたものとは大きく様変わりした。この影響は誰の利となるだろうか。

F1は6月に入って遂に改訂版カレンダーを発表した。世界選手権連続開催70周年のアニバーサリーは、7月初旬のレッドブルリンクでのダブルヘッダーとハンガリーでのシングルレースを皮切りに始動する。そう、つまりはレッドブル・ホンダのオーストリアGP 4連覇と、開幕3連勝の可能性が出てきたわけだ。 ※formula1-dataより引用

(ΦωΦ)フフフ… そう、それは僕も思うのだ。

ですね。

ねこーん

オーストリアGPのサーキットである”レッドブル・リンク”は、レッドブル・ホンダの本拠地となります。いわゆるホームコースなんですが、レッドブル・ホンダはホームコースですこぶる強いんですよね。昨年もきっちり勝っていますし、今年も良い成績を残してくれそうな気がする。

(`・ω・´)シャキーン 楽しみですな。

楽しみですねぇ…。

ねこーん

しかも、今回、オーストリアGPはダブルヘッダーとなっています。レッドブルからすれば、「得意コースで2連戦。」出来ますので、コレは大きなメリットとなり得る。上手くいけば、「開幕2連勝もひょっとしたらあり得るかもしれん。」という希望すら湧いてきます。

( ̄ー ̄)ニヤリ そういう意味でも楽しみですね。

ですね。

ねこーん

まとめ

前々回の記事でも、「F1が7月から開幕されそうだ。」と書かせて頂きましたが、今回、スケジュールが正式に発表されました。

無観客、強行スケジュール、同じリンクでのダブルヘッダー。」と今までは考えられなかった事ばかりですが、1年間まるッと休むわけにはいけませんからね。今回のこの処置は仕方がないかと思います。

ダブルヘッダーも驚きのアイデアでしたね。人によっては、「続けて同じリンクで戦うのはつまらないから、逆回りにしたらどうだろう?」という案も出ていたようです。(流石にこれはコース設計者に止められたみたいですケドね。)

サーキットって逆回りに回るとまるで別物になるんですよね。たいていの場合は、逆に回った方が難しいと言われています。(生ダラで、セナが逆回りしたのを知ってる人いるかなぁ?)そう考えると面白い案ではありますケドね。

ただ、コースの安全が取れませんからね。セーフティゾーンもタイヤバリアも逆回りを想定して作っていませんので機能してくれないんですよね。ですので、コース設計者が止めたんです。逆回りをする所も見てみたかったんですけど、普通にダブルヘッダーとして開催されることになりました。

ダブルヘッダーには賛否あるみたいです。しかし、アメリカやメキシコなどはコロナの影響がマダマダ大きいのでF1開幕の見通しが立ちません。ですので、何とか回数をこなそうとしたら、このダブルヘッダーも仕方がないんですよね。

( ゚д゚)ウム ただ、これも考えよう。

ですよね。

ねこーん

レッドブルにとってはこのダブルヘッダーがかなり有利に運ぶかも知れません。開幕2連勝出来たら、いっきに大量ポイントをゲットすることが出来ますからね。

何にせよ、遅くなりながらも開幕を迎える事が出来たのは嬉しい限りです。ギュウギュウのスケジュールですので、7月はこのブログでも記事のアップが大変になりそうです。

(・∀・)ニヤニヤ 大変やな。

嬉しそうですね。

ねこーん

開幕戦が楽しみで仕方がありません。今年は魅せてくれますよ、きっと。

(* ̄0 ̄)/ オゥッ!! 行ったレ! ホンダ!

それではでは…、

0.1秒を競って人は命を賭ける。たかが、0.1秒。されど、0.1秒。

その0.1秒は闘う者にとっては恐ろしく長い時間なのだ。その0.1秒の向こうに栄光と名誉が待っているのだから。たかが0.1秒。しかし、その0.1秒に全てを賭ける。あらん限りの力を。

(。・ω・)ノ゙ では、また次回の記事で~。

6 COMMENTS

風のましゅー。

そう思ういますよね。(゚д゚)(。_。)ウン 開催されただけでもありがたいと思わねば。

返信する
風のましゅー。

( ゚д゚)ウム その通りだ。ちなみに1秒だとかなり差が付いてるぞ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください