(-ω-;)ウーン 遊びに行きたい

【ドラマ】”The 100(ハンドレッド)シーズン2” 第2巻をまったり鑑賞。

ドラマ

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(ノД`)シクシク 愛知を楽しめず。

残念でしたね。

ねこーん

三密を避けるため、車での移動を強いられた今回の出張。愛媛から愛知はケッコウ遠い。そのお陰で自由時間は殆どなし。そして、愛知の美味いもんも食えず。コロナを恨みます。

ここから本編

今回の話題は【ドラマ】です。

(`・ω・´)シャキーン シーズン2!

ネタバレもアリアリです。

ねこーん

作品について

( ゚д゚)ウム 前回までの振り返り。

大事ですね。

ねこーん

紹介作品

紹介している作品はコチラとなります。

The 100 season2


2014年から”CWテレビジョンネットワーク”で放映が開始されている作品。2020年現在では、シーズンファイナル(シーズン7)に入っており、ちょうど100話で終了予定です。

前回までのお話

前回は主要人物の紹介をさせて頂きました。

これからはどんどん話がややこしくなってくるので、登場人物をおさらいしておく事をお勧めしておきます。あと、ぜんぜん関係ないですが、今、”橋本環奈”さんがCMに出てます。やはり、何度見てもビックリするほど可愛いですね。

(((uдu*)ゥンゥン 完璧ですな。

ホントに全く関係ないですね。

ねこーん

(・∀・)つ 登場人物の確認はコチラ。

ドラマ【ドラマ】”The 100(ハンドレッド)シーズン2” ちょっとコレを先に読んでみて。

シーズン2 第1巻のストーリーおさらいはコチラです。

ドラマ【ドラマ】”The 100(ハンドレッド)シーズン2” 第1巻を鑑賞しました。

今回のあらすじ

シーズン2の第二巻(二話分)を鑑賞しました。

( ゚д゚)ウム 今回もアッサリと紹介。

サラッとお願いしますね。

ねこーん

”マウント・ウェザー”を森の民(グラウンダー)、かつ、敵対していた女首領”アーニャ”と抜け出したクラーク。リーパー達の住む洞窟を命からがら抜け出し、脱出に成功する。そして、アーニャは空の民で自分たちと敵対していたクラークを疑っていましたが、クラークの強さと勇気に信頼を見出し始めていた。

やがて、二人には信頼関係が生まれ、お互いのリーダーに話を付けて戦争を終わらせることを誓い合う。”アーク”達の生き残りである”キャンプ・ジャハ”からのバルーンを見つけた二人は、ひたすらキャンプ・ジャハを目指す。

「もう少しでキャンプ・ジャハへ辿り着く…、そして、この戦争を終わらせることが出来る。」二人の眼下にはキャンプ・ジャハの灯が見え始めていた。しかし、キャンプ・ジャハは森の民への警戒を強めており、アーニャはその凶弾に倒れてしまう。

「私の闘いは終った。」そう言い残し、倒れ込むアーニャ。クラークと語り合っていた和平への道は、彼女が死んだことによって潰えてしまう。

クラーク達が生き残っているコトを知らないベラミー達は、彼女たち仲間を探すためにキャンプ・ジャハを抜け出して探索の旅へ出る。

その旅の途中で、ベラミーらはクラークが大切にしていた時計を身に付けていた森の民を見つける。拷問し、彼女たちの居所を聞き出したベラミーら。そして、情報を聞き出して用済みとなった森の民をフィンは迷うことなく始末してしまう。

一方その頃、ミサイルで地球へ帰還するという離れ業を行ったジャハは、砂漠で倒れている所を”光の町”を目指す家族に助けられる。

九死に一生を得たジャハだが、家族は彼を売り飛ばしてしまう。空の民には懸賞金が掛けられており、家族は光の町へ向かうための馬と引き換えにしたのだ。家族の子供である”ゾラン”だけは何とかジャハを助けようとしていたが、逃げ出すと彼らに迷惑が掛かると察したジャハは静かに捕らえられる。

ε=( ̄。 ̄;A フゥ… みたいな感じ。

なるほど。

ねこーん

ましゅーの感想

( ゚д゚)ウム 書いとくね。

濃いですもんね。

ねこーん

えっとね、世界観を楽しむ作品ですので、多種にわたる種族を覚えないと駄目。そして、SFですので、少々、無理な設定やお話であってもゴクリと飲み込まないとダメ。

(゚д゚)(。_。)ウン ミサイルで宇宙から帰って来れるんだもん。

奇想天外でしたね。

ねこーん

今はとりあえず、

空の民 VS 森の民 VS マウンテンマン

という構図を覚えとけばOK。

今回のお話でうまく事が進めば、空の民と森の民は仲良くなれる可能性もあったのですが、残念ながら、そういう事にはならなくなったみたいです。あと、長くなったので書いていませんが、”ケイン”も和平を求めて森の民の総帥に合うべく旅立っていたりします。

とりあえず感じるのは、「金が掛かってんなぁ…。」ということですね。ドラマでこのお金を掛けられるのが海外ドラマの強みでしょうか。(日本ドラマもこれ位かけられたらねぇ…。)

何となくね、RPGをプレイしているような感覚になるんですよね。地球というフィールドで、様々な種族が、各々の信念を持って生きている感じ。おそらく、それぞれの種族にそれぞれの正義があって生きているんです。

また、「それぞれの種族に文化があり、信念や死生観が違う。」そのために他の種族を受け入れられないんですよね。そして、種族を民族に置き換えれば、今、地球で起きているコトと何も変わらないんですよね。

( ゚д゚)ウム だから面白いのかな。

そうかも知れませんね。

ねこーん

とりあえず第二巻まで視聴終了。第三巻も見終わっていますので、近々、あらすじを書きますね。

それではでは…、

「人々が君にどんなことを言おうと、言葉とアイデアで世界は変えられるんだ。」

”いまを生きる”でキーティング教授は語る。

エンタメから得られた力とは何だろう? ソレは例えば、明日への活力、打ちひしがれた時の勇気、悩んだ時の道しるべだろうか?

本当はそのセリフ自体に大きな意味などない。あくまで、用意されたシーンのセリフである。しかし、貴方がその言葉から力を与えられたと感じるなら、その言葉は何にも代えがたい力を持つ。他がどう思おうと関係ない。貴方が感じれば良いのだ。

エンタメは貴方に力を与えてくれる。そう、貴方が感じさえすれば。

4 COMMENTS

たき子

出張お疲れした!
手羽先に味噌カツ。。。どうせなら美味しいもの食べて帰りたいですよね^^;
愛から愛への移動なんだなとちょっとクスッとしたわ(*´艸`)

返信する
風のましゅー。 風のましゅー。

どもです。(`・ω・´)シャキーン なんか、愛知の美味いもん食べたかったです。

返信する
ねぇやん

いきなりのカンカンぶっこみ(笑)
出張、残念でしたねー、出張のだいご味は自由時間なのに(;´∀`)
ドラマ、家族に売られてしまうジャハさん、かわいそうすぎる…(´;ω;`)ウッ…

返信する
風のましゅー。 風のましゅー。

(゚д゚)(。_。)ウン 怒ってるのだ。(笑) ジャハさんからは目が離せないね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください