(-ω-;)ウーン 遊びに行きたい

【キャンプ】”テント” 再びの悩み処。こうしてギアは増えてゆく。

バンドック ソロベース

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(  ̄っ ̄)ムゥ またか…。

仕方がないんでしょ?

ねこーん

やはり、人間の欲は留まるところを知りませんな。

ここから本編

今回の話題は【キャンプ】です。

やっちゃいますねぇ…。

ねこーん

(-ω-;)ウーン やるだろうねぇ…。

現在使用のテント

良いテントですが。

前回ね、「ソロ用テントを買いますぞ!」と意気込んで、実際に”BUNDOK”さんのテントを購入したんです。ええ、”ソロベース”ってめちゃカッコええ奴。

バンドック ソロベース

( ゚д゚)ウム コレな。

良いテントですよね。

ねこーん

耐防水性もいいし、値段も手ごろだし、何よりカッコ良いし。まあ、お気に入りのテントではあるんです。文句はないのよ、文句は…。

でも、問題があるからこうなったんでしょ?

ねこーん

(゚д゚)(。_。)ウン まあ、そうなんですけどね。

ソロベースの弱点

先ほども書きましたけど、とてもお気に入りのテントです。コレは間違いないんです。でもね、「うん、こりゃツライヨネ…。」と言う弱点がありましてね。

想像以上でしたよね。

ねこーん

(´・ω・`) 現物を見てみないと駄目だね。

ソロベースの弱点、それはテント重量なんです。ポール4本にゴツメのフライシート。プラス、インナーの蚊帳とペグを付けて約4.4kgの商品となっております。

グハッ (´゚ω゚)・*;’.、重いのよ。

本当に重そうですもんね。

ねこーん

デイキャンプやオートキャンプの様に、「荷物を運ぶ時間が短い。」時はこのテントを持って行ってもマッタク問題ありません。テント自体は素晴らしいテントですので。しかし、テントを担いで程度に歩く(もしくは登山)場合にはその重さが命取りとなります。

(´・ω・`) 駄目な、歩けへんもん。

ましゅー。の体力も足りませんけどね。

ねこーん

そして、辿り着く回答

実は次に行くキャンプが山に決まっているのです。ソロベースで戦えるかどうか何度も悩んだんですが…。

(-ω-;)ウーン カッコ良いんだ、雰囲気もいいし。

でも、ソコソコ歩くみたいですよ。

ねこーん

何度も考えたんだけど、コレをリュックにぶら下げて山道を歩くのはツラい。悩んで悩んだ結果、軽装用のテントを購入する事にしました。うん、悩んだ結果。コレは仕方ナス。

( ̄ー ̄)ニヤリ しゃあないな…。

喜んでません?

ねこーん

いや、ムダ使いやないもん。機動力重視で考えたらこうなっただけやから。ホラ、各々のシチュエーションで装具は変えねばいかんのよ。

テント選び

( ゚д゚)ウム そこで選ぶわけだ。

楽しい瞬間でもありますね。

ねこーん

軽装用テント選び

今回は”重さ”を重視して選びたい。もちろん、懐事情もあるのでそんなにお高いのも買えません。軽装と言うか、軽さで言うと、「ダントツで登山用のテント。」になってくるんです。

でもね、高いのよ。とにかく高いの。

いや、高いのは当たり前。登山用品って、物によっては命に関わってきますからね。キチンと高いなりの理由があるんです。

素材も良いヤツが多いですし、技術も…ね。合羽とかで言うと、「縫い目から雨が入ってこない様にシームレスになっていたり、合羽だけど動きやすいように素材が工夫されていたり、立体裁断だったり。」そうやってると自然に値段が上がるんですよね。

でも、今回の僕で言うと、「確かに多少歩きはするが、山登りというほど過酷なモノではない。また、恐らく年間で使用は数回に限られる。」んですよね。

登山途中でビバークしたいわけではないので、正直、そんなに本気バージョンを購入しても勿体ないんだよね。

でも、後で後悔するカモですよ。

ねこーん

(-ω-;)ウーン そうね、ソレも否めないのよね。

まま、皆さんも一緒に考えてみましょうよ。ましゅーの為に。

悩んでいるテントたち

それでは、今、候補に挙げているテントを紹介しておきますね。

BUNDOK ソロドーム

(゚д゚)(。_。)ウン 最有力候補

同じメーカですしね。

ねこーん

今、持っている”ソロベース”と同じメーカーであるBUNDOKさん販売の”ソロドーム”です。今のソロベースにも満足していますので、品質には問題なかろうと思っています。

かつ、ジェラルミンポール等の使用により、気になる重さは約1.88kg。

Σ(・ω・ノ)ノ! 今の半分やん!

軽くなりますね。

ねこーん

収納時の大きさもW38cm×D15cm×H15cmなので今よりも小さい。これはパッキングでかなり優位になりそう。また、値段もかなりお手頃です。

(`・ω・´)シャキーン 最有力候補

良いですよね。

ねこーん

Coleman クイックアップドーム

(゚д゚)(。_。)ウン 悩んではいるケドね。

ですね。

ねこーん

Colemanのソロテントと言えば”ツーリングドーム”なんです。僕も、「ソロテントを買い直すカモ。」と思った時に一番に思いついたのがソロドームでしたし。

でもね、ツーリングドームって何気に重いんですよ。4.2㎏もあるんでやんの。それなら、わざわざ新しく買う必要が無いんです。

(´・ω・`) ツーリングドーム欲しかった。

カッコ良いですもんね。

ねこーん

そんなこんなしながら、Colemanで見つけたテントがコチラ。重さは3.5kgと決して軽くはないですが気になるシステムを備えています。

そのシステムとは”ダークルームテクノロジー”。その名の通り、日光をほとんど遮ってダークなルームとなるそうです。

( ̄。 ̄)ホーーォ 暗い部屋ね。

どんな効果が?

ねこーん

その効果とは、「光を遮るため、室内の温度が向上しにくい。」んだとか。夏のテント室内は地獄絵図ですからね。そう考えると、このシステムは非常に有り難いかも。僕も前回のキャンプでは暑さに参りましたからね。候補のひとつとして考えても良さそうです。でも…。

(  ̄っ ̄)ムゥ 次に行くキャンプは寒い所なんだよな。

効果が分からないじゃないですか。

ねこーん

snowpeak ラゴ Pro.air 1

(゚д゚)(。_。)ウン いちおうね。

書いて見ただけでしょ?

ねこーん

いや、ひとつ位はsnowpeak商品を買ってみようとは思ってるんだよ。ほら、確かにキャンパーの憧れる商品ではあるしね。これ買うか、イチかバチかの小川テントでも良い。

でも、高いやな。目ん玉飛び出るぐらいです。でもね、ちゃんと高い理由はあるんです。ケースとペグを除いたテント重量は脅威の950g。耐水圧は1,500mm、大きさはΦ14cm×33cm。

軽くて小さくて、機能性も申し分なし。トレッキングポールがメインフレームの代わりになるらしいので、メインフレームを除外した重さは800g。

( ゚д゚)ウム 高いケド、物は良い。

物は良いケド、高い。(笑)

ねこーん

snowpeakの商品をひとつは欲しいと思ってるんです。でも、多分、これじゃないと思います。

と思ったら、前回のテント悩み記事でもこのテントのコトを書いていました。これはあれかも、嫌よ嫌よも好きの内…なのかも。

まとめ

以上が、今、悩んでいるテントたちです。

(-ω-;)ウーン 悩む。

この時間が楽しいんですケドね。

ねこーん

9月の中頃には出陣なので、あまり悩む時間も無いんですケドね。ソレでも、この、「悩んで悩んで楽しむひととき。」を楽しみたいと思います。まあ、7割答えは決まってるんですケドね。

( ̄ー ̄)ニヤリ あとはよほどのことがない限り…。

あれを買うんですね?

ねこーん

また、購入したらコチラのブログで紹介します。どのテントを選んだのか…? 少しの間、考えてみて下さいね。(笑)

それではでは…、

アウトドアで非日常を感じる。いつもと違った一日、いつもと違う経験は貴方の生活に新たな活力を与えてくれる。そんな趣味を持っていれば、普段の生活もいつもと違って見えるかもしれません。

飛び出せ! 外に。非日常をいっしょに楽しみましょう。 自分自身の生活を充実させるために。新しいワクワクを感じるために…。

また、次回のアウトドア記事でお会いしましょう。

(。・ω・)ノ゙ し~ゆ~。

ゆ~。

ねこーん

7 COMMENTS

たき子

重いのってつらいですよね。。。荷物テントだけじゃないし^^;
きっと選んだのはアレ!
お口チャックしときます(`・ω・´)ゞ

返信する
ねぇやん

そこはやっぱりBUNDOKでしょう。
一番先に書いてあるもの。
運動会の時に使う、ぶん投げると広がるやつとかじゃダメ?

返信する
風のましゅー。

(ΦωΦ)フフフ… ましゅーだぞ。天邪鬼なんだぞ。ポップアップテントも良いやね。( ゚д゚)ウム

返信する
Nick Ollie

確かに4キロ以上のテント、その他にいろんなギアたち。ソロだと重いですよねー。ふふふ、いろいろ揃えるの、楽しそう。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください