(-ω-;)ウーン 遊びに行きたい

【F1】第9戦 ”トスカーナGP” リゾルト。サバイバルと言えば聞こえはいいケド…。

F1

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾ ダンシン!

いえい! だんしん。

ねこーん

踊れ朝まで。嫌な事などすべて忘れるのだ!

₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾ だんしん!

サタデない!

ねこーん

ここから本編

今回の話題は【F1】です。

(  ̄っ ̄)ムゥ 何ともかんとも…。

ある意味、驚きでしたね。

ねこーん

なんだろ、今回のF1はかなり特殊でした。誰に非があるのか…。それはワカリマセンが、ちょっとガッカリなGPでもありましたね。

(  ̄っ ̄)ムゥ まあ、こんな時もあるケドね。

ですね。

ねこーん

それでは第9戦のリゾルトをどぞ。

トスカーナGPリゾルト

(っ’-‘)╮ =〇 ほーれ。

順位 ドライバー名 チーム名
1 L.ハミルトン メルセデス
2 V.ボッタス メルセデス
3 A.アルボン レッドブル
4 D.リカルド ルノー
5 S.ぺレス レーシングポイント
6 L.ノリス マクラーレン
7 D.クビアト アルファタウリ
8 C.ルクレール フェラーリ
9 K.ライコネン アルファロメオ
10 S.ベッテル フェラーリ
11 G.ラッセル ウイリアムズ
12 R.グロージャン ハース
L.ストロール レーシングポイント
E.オコン ルノー
N.ラフィティ ウイリアムズ
K.マグネッセン ハース
A.ジョビナッツィ アルファロメオ
C.サインツJr マクラーレン
M.フェルスタッペン レッドブル
P.ガスリー アルファタウリ

※レッドブルとアルファタウリがホンダエンジンを搭載しています。

コンストラクターズポイント

順位 チーム名 ポイント
1 メルセデス 325
2 レッドブル 173
3 マクラーレン 106
4 レーシングポイント 92
5 ルノー 83
6 フェラーリ 66
7 アルファタウリ 53
8 アルファロメオ 4
9 ハース 1
10 ウイリアムズ 0

(  ̄っ ̄)ムゥ 何だかな…。

ちょっとリタイアが多すぎですね。

ねこーん

ましゅーの感想

(-ω-;)ウーン チョイとみっともない。

運営側の問題なんですかね。

ねこーん

レッドブルについて

先ず、予選でのレッドブルの結果は…、

フェルスタッペン選手:3位

アルボン選手:4位

という結果でした。

初めてF1が開催されたムジェロ・サーキットでのF1トスカーナGPの予選で、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)は今シーズン最もポールポジションと僅差のラップタイムを叩き出して3番手を獲得した。予選後に開かれたFIA会見では、これまでになく、ご機嫌な様子だった。
※F1速報より引用

と言うくらい、フェルスタッペン選手は今回のマシンに自信があったようです。レース巧者の選手ですから、マシンの戦闘力に差が少ないと本選で巻き返せる自負があるのでしょうね。

( ゚д゚)ウム やってくれるかもしれん。

絶望的な差ではないですもんね。

ねこーん

そんな予選を経て、本戦の結果は…、

フェルスタッペン選手:リタイア

アルボン選手:3位

となりました。

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン まさかの…。

あらら…。

ねこーん

結果的に接触からのリタイアとなりましたが、

もちろん、ものすごくがっかりしている。今日はいいレースができたなずなのに。スタートの蹴り出しがうまくいき、ルイス(・ハミルトン)に並びかけたけれど、マシンが加速しなくなった。大幅にスピードが落ちて、パワーがなくなった。それで中団にポジションを落とし、他のマシンに追突された。
ここの最初の数コーナーで中団に落ちてしまうと、クラッシュに巻き込まれる可能性が高くなる。だからそのこと自体に失望しているわけではない。そういう位置で走るべきではなかったんだ。
M・フェルスタッペン F1速報より引用

とフェルスタッペン選手はレース後に語っています。

残念ながらホンダPUに異常が発生し、クラッシュに巻き込まれようが巻き込まれなかろうが、同じような結果になっただろうと語っていました。前回のイタリアGPに引き続き、2戦連続でPUのトラブルが発生したことに大きな失望を覚えているようです。

彼は稀有な才能を持ったドライバーですからね。ここで大きく落胆させ、チームを去るようなことを決意させてはいけません。次戦では今まで以上に気を付けてPUの整備を行って欲しいですね。

それに引き換え、アルボン選手は嬉しい初表彰台となりました。これで周りの雑音も少し黙らせさせられるかも知れません。

完走が12台という少し特殊な状況下ではありましたが、それでもチャンスを逃さず奪い取ったのは見事です。

( ̄∇ ̄ノノ”パチパチパチ おめでとん。

良かったですね。

ねこーん

その他ホンダ勢

その他ホンダ勢であるアルファタウリは…、

ガスリー選手:リタイア

クビアト選手:7位

という結果となりました。

ガスリー選手は、前回、初優勝を掻っ攫って気分も乗っていただけに残念な結果となりました。クビアト選手はキッチリと仕事をこなした感じですね。

かなりのサバイバルレースでしたから、この結果は致し方なしな気がします。

レース優勝者は…

乱戦を制したのはハミルトン選手でした。

( ゚д゚)、ペッ おめでとさん。

本当に嫌いなんですね。

ねこーん

うん、これ以上語る事ないです。あと、Tシャツ問題は尾を引くかもね。

ニュース

グダグダでした。

ムジェロ・サーキットでのF1は初開催だったんですけど、やはり、ムジェロはF1に適さないんですね。

( ゚д゚)ウム テストとかはしてたんだけどね。

へー。

ねこーん

コース幅が狭いとかの弊害もあり、始まって早々に多重クラッシュが発生しました。いや、これはF1では良くあるコト。第1コーナー、第2コーナーくらいまではどのサーキットでも大混戦ですし、ココで良いポジションを取れるとそのまま良い結果でゴール出来ますからね。

(゚д゚)(。_。)ウン ドライバーも簡単には引かん。

で、その結果にクラッシュしたり。

ねこーん

最初の多重クラッシュは仕方がないの。でもね、「セーフティーカーが出た後、レース再開時に多重クラッシュをしちゃダメ。」いや、見てるコッチもビックリしたわ。

運営が悪いのか、ドライバー達が悪いのかはワカリマセンが、ちょっと、不甲斐ないと思っちゃいましたね。その結果、レースはツマラナイものに…。まあ、終わった事は言っても仕方がありませんが、今回の事象をキチンと分析して2度とこのような事が無い様にして欲しいです。

まとめ

何だかスッキリしない結果のグランプリとなってしまいました。

とりあえず、初表彰台をゲットしたアルボン選手にはおめでとうですね。そして、フェルスタッペン選手には機嫌を損ねない様にして貰わないと…。

ただでさえ、

「(今年は)あまりにも遅いし、これほどギャップが大きいと、(タイトル獲得の目標は)実現しない。今も毎週末勝ちたいと思っている。でもチャンピオンシップは終了した」
M・フェルスタッペン F1速報より引用

と意気消沈しているみたいですからね。今年は駄目でも、来季に期待させるようなマシンを仕上げていかないと厳しいかも知れません。次戦、レッドブルの奮起に期待したいです。

次回、レースは、

ロシアGP ソチ・オートドローム 9/25~9/27

です。

それではでは…、

長く続くトンネルにも出口はある。苦しんで歩を進めれば進める程、出口の光は眩しく輝く。

「みろ、あそこに見える光がみえないのか。」

力は十分に蓄えた。いまは光へ向けて大きく羽ばたく時だ。その翼を大きく広げ、あの光輝く場所へ向かうのだ。

(* ̄0 ̄)/ オゥッ!! 行ったレ! ホンダ。

2 COMMENTS

風のましゅー。 風のましゅー。

いえい ₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾ だんしん! そして刺す。(((ง’ω’)و三 ง’ω’)ڡ≡シュッシュ

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください