(-ω-;)ウーン 遊びに行きたい

【PC】”Logicool ERGO M575” 買いたいので調べてみた。

PC

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

( ゚д゚)ウム 上手いコトいかないもんだ。

何もかも勉強ですね。

ねこーん

数か所のサイトにライターとして登録してみました。簡単なテストを受けてみたんだけど見事に失格。ライティングの技術を磨かないと使い物にならんみたいです。でも、近い未来の為、頑張って勉強していこうと思います。

ここから本編

今回の話題は【PC】です。

( ゚д゚)ウム ホントはショッピング記事やけどな。

”やっぱりコレやけん。”で紹介したいですね。

ねこーん

まま、PC道具であることは間違いないので、コチラのサイト&カテゴリで紹介。10年ぶりの刷新ですので、とても気になっている話題です。

Logicool M570の後継機

(((uдu*)ゥンゥン M570も良い機体だぞ。

コストパフォーマンスに優れていますよね。

ねこーん

Logicool M570

今から3年前。紆余曲折あって”Logicool M570”を購入したんです。

(-ω-;)ウーン マウスが壊れたついでだったかな?

そうでしたっけ?

ねこーん

「トラックボール付きのマウスを使用したい。」というのも理由だったと思います。また、仲の良いブロガーさんが腱鞘炎になりにくいなんて教えてくれましたし。

( ゚д゚)ウム 実際、いちど使い始めると元には戻れん。

使い勝手が良いですもんね。

ねこーん

3年の使用で、「内部のマイクロスイッチが接触不良を起こしたり、トラックボール部分の汚れが酷くて動きが悪くなったり。」しましたが、それ以外には不満もなく使えています。

また、ネットを見ても評価がすこぶる高いんですよね。このマウスを高評価で紹介しているサイトに至っては、「生ける伝説。」とまで書いていましたね。確かにコストパフォーマンスが良すぎる程ですもん。まあ、こういう商品を名機と呼ぶのかも知れませんね。

7年越しに出た後継機

いや、こう書くと語弊があるかも知れません。

実は3年前、M570の後継機として”ERGO”と呼ばれるマウスが誕生していました。M570に足りなかった機能(Bluetooth機能とかね。)を追加して販売されたのですが…。

(  ̄っ ̄)ムゥ 今ひとつだったみたいなんだよな。

ましゅー。は購入しませんでしたケドね。

ねこーん

僕がトラックボールマウスを購入する際、候補には上がっていたんです。でもね、調べてみるとあまり評判が良くなかったんです。いや、商品自体は良いのだろうケド、その前のM570が優秀であっただけに厳しい評価を下されたんでしょうね。

( ゚д゚)ウム 優秀な商品の二代目はツラいよね。

人でもそうですよね。

ねこーん

何にせよ、この”ERGO”にはあまり触手が動かず、3年前は旧製品であるM570を購入するに至りました。

正当後継機 M575

ERGOから3年。M570の正当後継機として、”Logicool ERGO M575”の発売が発表されました。

Logicool ERGO M575

(((o(*゚▽゚*)o))) 来たね。

ドキドキしますね。

ねこーん

Logicool ERGO M575

( ゚д゚)ウム ちょっとダケ紹介。

詳細は購入してからですね。

ねこーん

エルゴデザイン

先ずはそのフォルムが大きな変更点となりそうです。まあ、大きな変更点と言っても、「M570より人間工学を追求し、更に使い易くなった。」というだけですけど。

( ゚д゚)ウム エルゴデザインゆえにね。

人間が使う形を意図した機器の造形表現がエルゴデザインですもんね。

ねこーん

Logicoolさんの公式サイトを読むと、「M570より更に手と腕の疲れが軽減されている。」そうです。また、トラックボールにも刷新が入り、親指の動きにすかさず反応、”高パフォーマンスのオプティカルセンサー”により、高精度と低い電力消費を実現したとか。

( ̄。 ̄)ホーーォ 凄いねぇ…。

これは使ってみないとワカリマセンね。

ねこーん

「トラックボールの反応が良くなったうえで電池も長持ちになった。」という感じでしょうか。使ってみないとワカリマセンが期待は高まります。

Bluetooth対応

これは”ERGO”の時から採用されていましたが、M570使いの僕にとっては新たな、そして、ありがたい機能。今も無線では使用できるのですが、Logicool専用のレシーバを使わないといけないんです。

専用レシーバを使うとなると、どうしてもUSBポートをひとつ失うことになる。コレが何気に勿体ない。だけど、Bluetoothに対応してくれるとそんな問題も解消されます。

(((uдu*)ゥンゥン 有難いのです。

ですよね。

ねこーん

自宅でデスクトップPCを使用している時はソコまで不便さを感じないのですが、外でノートPCを使うコトを考えれば、ポートは少しでも空いておくに越したことない。ノートPCはポートが少ないですからね。

消費電力の低減とタフネス

公式サイトによると単三1本で、

  • 約2年間 ※専用レシーバ使用時
  • 約20か月 ※Bluetooth使用時

持つそうです。

( ゚д゚)ウム スゴイね。

ですね。

ねこーん

その省電力性もさることながら、クリックに対しても300万回の耐久性を持っているとか。300万回と言えば、「50回/日クリックするとして16年間壊れない。」という計算となります。トラックボールのメンテナンス性も向上しているらしいので、まさに最強の相棒となれる可能性を秘めています。

まとめ

名機、M570の正当後継機として産声を上げたM575。仕様を見る限り、確かに正当進化と言えそうです。

しかし、ここで気になるのがそのお値段。新機能の追加、形状の見直し、耐久性の見直しが図られたワケですから、幾ら高くなるのかが気になる所です。

(-ω-;)ウーン コストパフォーマンスも売りだったからな。

あまり高価だと困りますね。

ねこーん

気になるお値段は、6,050円(税込み メーカ直販)

Amazon等では4,990円~5,500円(税込み)程度で販売されています。

( ̄∇ ̄ノノ”パチパチパチ やりましたな。

殆ど変わっていませんね。

ねこーん

見事にコストパフォーマンスさも受け継いだM575。僕も実際に購入して、その良さを身をもって経験したいと思います。皆さんもPC仕事の相棒として購入を検討されては如何ですか?

それでは、今回はこの辺で。

(。・ω・)ノ゙ またね~。

ば~い。

ねこーん

8 COMMENTS

ねぇやん

おお(゚д゚)!オサレなマウスだわΣ(゚Д゚)
ましゅー。さん。50回しかクリックしないの?一日100回以上はクリックするとしても、8年。凄いですね。

返信する
ビー玉

うちのロジクール のトラックボールの調子よろしくなくて、ましゅさんが前に記事書いていたのを参考してメンテしたら、直った٩(●˙▿˙●)۶
だけど、いよいよとなったらこれにしようかな(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

返信する
あかつき

ましゅーさんの文章は読みやすいと思ってますが
ライターとなるとまた別のスキルを要求されるんでしょうか
目標を決めて文章を磨いていくのは面白そうです

返信する
風のましゅー。

添削も頂けるんですけど、書いてある通りで文句言えん。(´;ω;`) 自分の文章力の無さを痛感している所です。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください