(☼ Д ☼) クワッッ!!! 俺の背後に立つな…

【F1】第15戦 ”バーレーンGP” リゾルト。 無事でよかったです。

F1

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

((((;゚Д゚))))ガクブル 震えたよ。

何事も無くて良かったですね。

ねこーん

バーレーンGPで大クラッシュが発生しました。とりあえず、何事も無くて良かった。

ここから本編

今回の話題は【F1】です。

(゚д゚)(。_。)ウン あと3戦ですね。

今回のを入れてですよね。

ねこーん

それでは第15戦のリゾルトをどぞ。

バーレーンGPリゾルト

(っ’-‘)╮ =〇 ほーれ。

順位 ドライバー名 チーム名
1 L.ハミルトン メルセデス
2 M.フェルスタッペン レッドブル
3 A.アルボン レッドブル
4 L.ノリス マクラーレン
5 C.サインツJr マクラーレン
6 P.ガスリー アルファタウリ
7 D.リカルド ルノー
8 V.ボッタス メルセデス
9 E.オコン ルノー
10 C.ルクレール フェラーリ
11 D.クビアト アルファタウリ
12 G.ラッセル ウイリアムズ
13 S.ベッテル フェラーリ
14 N.ラフィティ ウイリアムズ
15 K.ライコネン アルファロメオ
16 A.ジョビナッツィ アルファロメオ
17 K.マグネッセン ハース
S.ぺレス レーシングポイント
L.ストロール レーシングポイント
R.グロージャン ハース

※レッドブルとアルファタウリがホンダエンジンを搭載しています。

コンストラクターズポイント

順位 チーム名 ポイント
1 メルセデス 533
2 レッドブル 274
3 マクラーレン 171
4 レーシングポイント 154
5 ルノー 144
6 フェラーリ 131
7 アルファタウリ 97
8 アルファロメオ 8
9 ハース 3
10 ウイリアムズ 0

( ゚д゚)ウム まあ、チームチャンピオンも決まってるけどね。

でも、順位によって賞金が違いますからね。

ねこーん

ましゅーの感想

Σ(・ω・ノ)ノ! びっくりしたわ。

他チームの事とは言え…。

ねこーん

先ず、予選でのレッドブルの結果は…、

フェルスタッペン選手:3位

アルボン選手:4位

という結果でした。

1位、2位は相変わらずメルセデスなんですけど、今回はなんだか戦えそうな予感。うん、そんな予感。良い予感、伊予柑

それを言いたかったダケですね。

ねこーん

( ̄σ ̄)ホジホジ わるい?

まま、そんな面持ちで見てた決勝は…、

フェルスタッペン選手:2位

アルボン選手:3位

という結果となりました。

( ̄∇ ̄ノノ”パチパチパチ 今、考えられる最高の結果。

凄いですね。

ねこーん

3連戦の初戦でしたが、好調に終えられたと思います。もちろん(ルイス)ハミルトンを破ることができなかったのは残念ですが、今の力を出しきれたかと。レッドブルのダブル表彰台には、非常に喜んでいます。ラッキーな部分もありましたが、アルボンがきっちりフェルスタッペンに続く結果を出した。棚ぼたを拾える走りができていたということです。
田辺豊治(テクニカルディレクター) F1速報より引用

ただ、フェルスタッペン選手はこの状況にも不満な様で…、

僕たちは(メルセデスに)プレッシャーをかけなきゃいけない立場なんだ。それなのに、今日の戦略は逆だった。あまりにコンサバだった。僕たちは(メルセデスより多くのハード)タイヤがあったんだから、もっとアグレッシブな作戦を採るべきだったんだ
M・フェルスタッペン(F1ドライバー) F1速報より引用

と言ったコメントを残してます。

まあね、F1ドライバーは勝ってナンボですもんね。確かに2位で満足してたらいかんわな。まま、その心意気やよしという事で次回に期待しましょうか。

アルファタウリについて

アルファタウリは…、

ガスリー選手:6位

クビアト選手:11位

という結果となりました。

ガスリー選手に関しては上出来です。

本人も、

パフォーマンスの話をすると、今日の自分たちの仕事にとても満足している。リスクの高い戦略を選び、ギャンブルをしたのだが、最終的にはそれがうまくいった。今までで一番きついレースといってもいいぐらい苦労して、クルマのなかで必死に頑張った。タイヤを傷めないようにしてうまく管理し、できる限り長持ちさせながら、同時に可能な限りプッシュする必要があった。とても難しい仕事だったけれど、その結果、今年ベストのひとつといえるリザルトを達成した。今日最大限の結果を出して、またポイントを獲得できたことがとてもうれしい。
P・ガスリー(F1ドライバー) F1速報より引用

と喜びのコメントを出しています。

(  ̄っ ̄)ムゥ クビアト選手はな、何ともかんとも。

ですね。

ねこーん

レーシングポイントのストロール選手と接触し、この接触でストロール選手のマシンがひっくり返ってリタイアとなりました。その責任がクビアト選手にあると運営が判断し、10秒のタイムペナルティが課されました。そのペナルティを受けマシンは大きく後退、11位とポイント圏外となってしまいました。

「アレさえなけりゃ良い結果が出ただろうに…。」そう思える走りだっただけに残念です。でね、この判定が微妙に疑わしい。ストロール選手もかなり強引だったからね。まあ、運営の判定はゼッタイなので、ひっくり返らないんですけど。

レース優勝者は…

バーレーンを制したのはハミルトン選手でした。

( ゚д゚)、ペッ おめでとさん。

ガラが悪いですよ。

ねこーん

ただね、ハミルトン選手…「コロナウイルスに罹患した。」のが発表されました。ですので、次回のサクヒールGPは欠場するそうです。

( ̄。 ̄)ホーーォ そうなんや。

コロナ…早く治ると良いですね。

ねこーん

代役として誰が乗るかはまだわかりません。でも、次はレッドブルにも勝つチャンスが出て来たかも。まあ、不本意な理由ではありますケドね。

ニュース

Σ(・ω・ノ)ノ! いや、驚きました。

ですね。

ねこーん

レース開始、早々、ハースのグロージャン選手のマシンが他車と接触、コントロールを失いそのままウォールへ。マシンは真っ二つ、燃料へ火が引火し、大炎上となりました。

((((;゚Д゚))))ガクブル アカンて…、コレは。

マズいですね…。

ねこーん

本当に大惨事でしたので、最悪の結果も予見されていました。しかし、数分後、グロージャン選手は燃え盛るマシンから自力で脱出、火傷はしたものの、骨折もないとの事です。

ε-(;-ω-`A) フゥ… 良かった。

どうなるかと思いましたね。

ねこーん

グロージャン選手は、

何年か前にヘイロー(頭部保護デバイス)に反対していたが、今は、これはF1に導入されたもののなかでも最も素晴らしいものだと思っている。ヘイローがなければ今日僕は、あなた方にこうして話をすることはできなかっただろう。
R・グロージャン(F1ドライバー) F1速報より引用

と語っています。自分が反対した物に助けられるのは皮肉としか言えませんが、何にせよ、無事で良かったです。レースでの事故は嫌ですね。特に今回みたいな大惨事は勘弁です。安全に、激しく、レースして欲しいものです。

( ゚д゚)ウム 激しい闘いはみたいけど、悲報は聞きたくない。

ですね。

ねこーん

次回、レースは、

サクヒールGP バーレーン・インターナショナル・サーキット 12/04~12/07

です。

それではでは…、

長く続くトンネルにも出口はある。苦しんで歩を進めれば進める程、出口の光は眩しく輝く。

「みろ、あそこに見える光がみえないのか。」

力は十分に蓄えた。いまは光へ向けて大きく羽ばたく時だ。その翼を大きく広げ、あの光輝く場所へ向かうのだ。

(* ̄0 ̄)/ オゥッ!! 行ったレ! レッドブル。

2 COMMENTS

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください