( 'ω')ŧ‹"ŧ‹" 栗の季節だよね。

【F1】第6戦 ”アゼルバイジャンGP” リゾルト。 あのスピードからは怖いな。

F1

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(  ̄っ ̄)ムゥ 流れが変わって来たか?

どうなんでしょうね。

ねこーん

東京オリンピック議論が白熱しています。開催派、中止派、いろいろな思いはあるでしょうが、国民がおざなりにならない様にして欲しいです。誰の為に協議しているのかを忘れない様にして欲しい。政争の具にするなど、もっての外だと思います。

ただ、ワクチン接種率がじょじょに上がっており、ソレに対し、コロナ罹患者数は何となく減って来ているので、開催で押し切られそうにも見えるかな。まあ、どうなるでしょうね。

ここから本編

今回の話題は【F1】です。

(;゚д゚)ゴクリ… また、やりおった。

面白かったですよね。

ねこーん

それでは、さっそく、第6戦のリゾルトをどぞ。

アゼルバイジャンGPリゾルト

(っ’-‘)╮ =〇 ほーれ。

順位 ドライバー名 チーム名
1 S.ぺレス レッドブル
2 S.ベッテル アストンマーティン
3 P.ガスリー アルファタウリ
4 C.ルクレール フェラーリ
5 L.ノリス マクラーレン
6 F.アロンソ アルピーヌ
7 角田裕毅 アルファタウリ
8 C.サインツJr フェラーリ
9 D.リカルド マクラーレン
10 K.ライコネン アルファロメオ
11 A.ジョビナッツィ アルファロメオ
12 V.ボッタス メルセデス
13 M.シューマッハ ハース
14 N.マゼピン ハース
15 L.ハミルトン メルセデス
16 N.ラフィティ ウイリアムズ
17 G.ラッセル ウイリアムズ
18 M.フェルスタッペン レッドブル
L.ストロール アストンマーティン
E.オコン アルピーヌ

※レッドブルとアルファタウリがホンダエンジンを搭載しています。

コンストラクターズポイント

順位 チーム名 ポイント
1 レッドブル 174
2 メルセデス 148
3 フェラーリ 94
4 マクラーレン 92
5 アルファタウリ 39
6 アストンマーティン 37
7 アルピーヌ 25
8 アルファロメオ 2
9 ハース 0
10 ウイリアムズ 0

((゚д゚; 三 ;゚Д゚))ヒィィィン まだ、焦ってはいけない。

顔と合っていませんよ。

ねこーん

レッドブルが他を引き離しに掛かっています。ホンダのラストイヤーを優勝で飾るためにも、ぜひ、このまま邁進して欲しい。でも、20~30ポイントなんて、あっという間にひっくり返りますからね、油断は禁物。

ましゅーの感想

Σ(・ω・ノ)ノ! スイマセンでした。

謝りましょう。

ねこーん

先ず、予選でのレッドブルの結果は、

フェルスタッペン選手:3位

ぺレス選手:7位

という結果でした。

ペレス選手は、「もうちょっと、予選成績が良ければ…。」って過去記事でも書きましたが、今回もビミョウな位置。対する、フェルスタッペン選手の位置はワルクナイ。

(ノシ ‘ω’)ノシ バンガン ペレスよ、頑張りなはれや!

頑張ってはいると思いますよ。

ねこーん

なんて思いつつ、本選での結果は…、

フェルスタッペン選手:リタイア

ぺレス選手:優勝

という結果となりました。

(」゚O゚)」 すみませんでした~。ペレスさん。

スライディング土下座でお願いします。

ねこーん

バクーが大好きだよ! レッドブルでの最初の勝利を飾ることができて最高の気分だ。チームは素晴らしい仕事をしてくれた。僕にシートと大きなチャンスを与えてくれた(レッドブル社創業者のディートリッヒ・)マテシッツ氏に感謝したい。

~中略~

今日のこの結果を喜びたい。ペースがとてもよく、マシンのレースパフォーマンスは素晴らしかった。これからも努力し続け、毎週末ベストを尽くしていく。まだ6戦が終わったにすぎない。僕にはさらに向上の余地がある。マックスやチームとの関係はとてもうまくいっている。これから長いシーズンを戦っていくことになる。
S・ペレス(F1ドライバー) F1速報より引用

(((uдu*)ゥンゥン やる子だと僕は思ってたよ。

手のひら返しが過ぎますよ。

ねこーん

フェルスタッペン選手のリタイア、ハミルトン選手のドライブミス。」というラッキーが重なったモノの、そのチャンスをキチンと手に入れたのは立派。ほゞ優勝が見えていたフェルスタッペン選手がリタイアとなっただけに、チームから見るとペレス選手の優勝は地獄から天国へ引き上げられた感じだったと思います。

対して、フェルスタッペン選手は…。

そのフェルスタッペンがミックスゾーンでのインタビューで唯一、怒りを露わにしたのは、タイヤがパンクした原因について尋ねられたときだ。「ピレリは『デブリ(破片)を拾ったからだ』と言っているが、僕は前の周も、そのまた前の周も、まったく同じラインを走っている。デブリはなかったし、デブリを拾うわけもない」
M・フェルスタッペン(F1ドライバー) F1速報より引用

タイヤがバーストして、そのままスピン。そして、リタイアという流れになりました。あのままなら、ほゞ優勝は間違いなく、また、レッドブルが1.2フィニッシュで終えるのもほぼ間違いなかった…。

しかし、あのスピードでタイヤバーストなんて恐ろしいわ。両端にはウォールもあったし。そう考えると、「F1ドライバーは常に危険と隣り合わせ。」で戦っているのは間違いない。

アストンマーティンのストロール選手もタイヤがバーストしてました。ソレを考えると、フェルスタッペン選手の怒りもワカル。おそらく、コース上のデブリの問題じゃなく、タイヤ性能の問題だと思うね。ピレリはゼッタイ言わないだろうケド。

アルファタウリについて

アルファタウリは…、

ガスリー選手:3位

角田選手:7位

という結果となりました。

(/・ω・)/ また、やりおった!

凄いですね。

ねこーん

ガスリー選手がやってくれました。シレっと表彰台へ乗っております。

いやいや、再開後のルクレール選手とのバトルは面白かった。手に汗握るとはこの事でした。少し、ガスリー選手のマシンに速さが無くなっていたんです。(エンジンパワーが出なくなっていたらしい。)なので、ストレートになるとルクレール選手が煽る×2。

((((;゚Д゚))))ガクブル もう、勘弁してください…。

早く終わってください…。

ねこーん

なんて思いながら観ていました。でも、ちゃんとガスリー選手が耐えましたね。ちゃんとフェアなバトルでしたので、面白さも倍増でした。

ルクレール選手も終わった後に、「終盤の彼(ガスリー)とのバトルはかなりハードだったよ!」と興奮気味に話していたし、レースが終わった後も健闘を称え合っていたので、二人にとって楽しい時間だったんでしょうね。

角田選手もね、7位は悪くない。でも、ガスリー選手が良かっただけにどうしても…。先ずはガスリー選手と対等、もしくはガスリー選手より速いという事を見せないとこの先は厳しいかも。でも、7位は立派やケドね。

レース優勝者は…

バクーを制したのは、レッドブルのペレス選手です。

ヾ(*´∀`*)ノ ひゃっは~。

良かったですね。

ねこーん

途中でも書きましたが、様々なラッキーが重なってたのは否めない。でもね、そのチャンスを手に入れられるのは、努力していた人間のみですからね。幸運の女神は前面ハゲらしいので。

( ゚д゚)ウム 後ろ髪しか無いらしいよ。

落ち武者ライクですね。

ねこーん

今回はチームから求められる最高の結果を出したと思います。あとは予選。とにかく予選を頑張りなはれ。

ニュース

今回はイロイロ書きたいんですけど、このニュースを書いておきます。

第16戦を予定していたシンガポールGPが中止

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン 残念。

仕方がないですね。

ねこーん

これは仕方がないコトではあるのだけど、実はこのシンガポールの後が日本GP(鈴鹿)なんですよね。近隣国が中止を判断となると、多少なりとも影響がありそうな気もする。

コロナ罹患者の推移とワクチン接種率の状況もありますが、「チケットが取れたら、行っても良いかな。」なんて思っていたんです。だって、ホンダのラストイヤーやもん。ホンダのラストをホンダの本拠地で見たいやん。

(ノシ ‘ω’)ノシ バンガン 目に焼き付けたいやん!

気持ちはわかります。

ねこーん

状況を確認しながらになりますが、今後も注視して行きたいと思います。

次回のレースは、

フランスGP ポール・リカール・サーキット 6/18~6/20

です。

それではでは…、

長く続くトンネルにも出口はある。苦しんで歩を進めれば進める程、出口の光は眩しく輝く。

「みろ、あそこに見える光がみえないのか。」

力は十分に蓄えた。いまは光へ向けて大きく羽ばたく時だ。その翼を大きく広げ、あの光輝く場所へ向かうのだ。

(* ̄0 ̄)/ オゥッ!! 行ったレ! レッドブル。

2 COMMENTS

ねぇやん

幸運の女神ネタ(;´∀`)
ペレスさんには、ましゅー。さんの頑張りなはれやと言う声が届いたんですよ( ´∀`)bグッ!

返信する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください