(υ´Д`)アツー  本当に気を付けようね。

【キャンプ】”初めてのキャンプ” その③ デイキャンプのススメ。

アウトドア

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

( ゚д゚)ウム デイキャン行こ。

自分に感化されていますね。

ねこーん

キャンプ記事を書いていたら、キャンプへ行きたくなりました。時間が無いので、デイキャンにでもサラッと行くかな。この前に購入したガスストーブも使いたいし。

ここから本編

今回も【キャンプ】記事です。

( ゚д゚)ウム 続き記事となります。

最初から読んでくださいね。

ねこーん

最初の記事はコチラとなります。

アウトドア【キャンプ】”初めてのキャンプ” その① ちょっとだけ書いときますね。

デイキャンプのススメ

(゚д゚)(。_。)ウン 楽しいよ。

直ぐ帰れますしね。

ねこーん

前回までのおさらい

前回までの記事で、「キャンプブームに乗っかるのはダンゼン楽しい。でも、掛かり気味にならぬ様。」みたいな事を書かせて頂きました。

そうでしたっけ?

ねこーん

( ̄σ ̄)ホジホジ 纏めるとそうよ。

キャンプをやりたいと思うと、つい、泊まりキャンプを想像してギアを集めようとしちゃうんです。(経験者は語る。)

そんなアナタへ言いたい。「慌てるな。」と。

まあ、失敗も経験なので悪くはないんですケドね。アウトドア用品って決して安くはないので、最初の頃は失敗するとダメージが大きい。ファミリーならお金の問題はなおさら。良い想い出を作りたかったら、出先で喧嘩はぜったいダメ。

(`・ω・´)シャキーン ダメ、ゼッタイ。

子供を泣かしちゃダメです。

ねこーん

たまに見かけますよ、親同士が喧嘩したのを見て、泣いている子供を。せっかくのお出かけだもの、喧嘩しちゃダメ。最初はグダグダになるものだし、そんな失敗の方が思い出にもなるし、笑い話のタネになるんだから。

o(・_・= ・_・)oきょろきょろ むしろ、失敗を探すのよ。

それはブロガーのサガですね。

ねこーん

でも、失敗するとイライラはしちゃうもんね。なので、泊まりキャンプへ行く前にデイキャンプをお勧めします。失敗してもリカバリーが効くし、お酒さえ飲んでいなければ、忘れ物を取りに帰ったり、コンビニで購入するのもアリですから。

( ゚д゚)ウム ケチャップとマヨネーズは、何回購入したか忘れたくらい。

忘れやすいんですよねぇ…。

ねこーん

なので、先ずはデイキャンへ行きましょ。

場所をどうするの?

デイキャンを実施するとして、先ず考えないと行けないのが場所です。

(゚д゚)(。_。)ウン 大事よ。

ですね。

ねこーん

「こうでないといけない。」なんて決まりはありませんが、最初は、「近場の有料キャンプ場。」とかが良いと思います。

お金が掛かるので”無料キャンプ場”を選びたい気持ちもわかるんですが、無料キャンプ場って混むんですよね。んで、別にマッタク気にしなくて大丈夫なのに、周りに人が居ると気にしちゃう。なんだか周りに見られている気がして。特に「初心者ほど周りの目が気になっちゃう。」んです。

(  ̄っ ̄)ムゥ 人間の心理やな。

別に競争でも無いんですケドね。

ねこーん

それと、たまに必要もないのに、「教えるという名目でマウントを取りに来るオヤジ。」もいますからね。(スノー〇ーカーに多い気がするわ。)

怒られますよ。

ねこーん

( ̄σ ̄)ホジホジ 真実やもん。

有料キャンプ場は場所を区切ってくれてる所も多いです。不思議なもんで、「人間って境界線があると超えて来にくく。」なるみたい。自分のテリトリーで作業し始めるんです。なので、先に書きたことも起こり難くなります。もちろん、無料キャンプ場で仕切ってくれてたりする所なら同じ効果が得られると思います。

あと、トイレや炊事場も有料キャンプ場の方がキチンと管理してくれてます。今までお金を払うキャンプ場へ行って、トイレットペーパーが無かったコトありませんから。無料キャンプ場は…たまにある。なので、僕は常に携帯してますケド。

有料、無料の違いでキャンプに来る人の質も少し変わる気がします。無料だとマナーの悪い人をタマに見かけます。

  • 管理人さんが居ないから見回りも無い
  • 無料なので名前や住所を書く事も無い

そんな匿名性がマナーの悪さを助長していると思います。もちろん、有料にもマナーの悪い人が居ます。でも、そんな人は次から使えなくなる可能性が高いので淘汰されている気がするな。

せっかく時間を工面してキャンプへ行ったのだから、「気持ち良く遊んで、気持ち良く帰りたい。」そう考えたら、多少のお金を出すのはアリだと思います。

あと、最初は近場を選びましょうね。最初なので、「ギアを忘れる。調味料を忘れる。」なんて事は良くありますよ。取りに帰られる利便性は大きいです。失敗も想い出のエッセンスではあるけど、出来るなら少ない方が良いです。

( ゚д゚)ウム 特にお父さんは見せ場やで。

段取りバッチリ、失敗しても直ぐにリカバリーはカッコ良く見えます。

ねこーん

ネットで近隣を探してみましょう。ホームと呼べるようなキャンプ場が見つかるかも知れません。

計画を立てる

場所を決める事が出来たら、計画立てです。

前回の記事にも書きましたが、「自分が何をしたいのか。」を考えましょう。キャンプをやりたいと思ったのなら、何か経験したいことがあるハズ。

  • 薪割り(バトニング)
  • 火熾し
  • 炊飯
  • 珈琲を淹れる…

やりたい事によって、準備する道具は変わります。んで、コレがお勧めでもあるんですけど、出来たら、欲張りになってみましょう

やりたい事を少しだけ…。ではなく、やりたい事を全部やるくらいの勢いで行きましょう。(今回はデイキャンなので泊まりはなし。)

(゚д゚)(。_。)ウン そっちの方が良い。

ですね。

ねこーん

タブン、最初は詰め込み過ぎてやりたい事の半分も出来ないかと思います。火を熾すのだって大変だし、薪割り(バトニング)だってコツが掴めないとなかなか難しい。でも、「出来ないコトが出来るようになって行く。」のが楽しいんです。

出来ないコト、失敗した事があれば人間は出来る方法を考えます。新しいギアを準備したり、やり方を書いている書物を読み漁ったり。そして、その結果が次のキャンプでズバリとハマれば楽しさ倍増。考える事、調べる事、工夫する事はとても楽しいものだと確信出来ます。

( ̄ー ̄)ニヤリ んで、ドンドン難しい事にチャレンジする様になる。

明らかに成長した自分が見られますもんね。

ねこーん

そんな事も踏まえ、今回は、

薪割りして、火熾しして、もつ鍋作って、珈琲を飲む。

という計画で書いて行こうと思います。

これは、「最初に僕が体験したデイキャンプ。」です。

まとめ

またまた続きます。

長いですね。

ねこーん

(゚д゚)(。_。)ウン 思ったよりね。

次は道具紹介や思い出を書けるかな。最初のデイキャンプは一年と半年前になるのかな?本当に時間は立つのが早いです。

あっという間ですね。

ねこーん

(  ̄っ ̄)ムゥ そりゃ、歳をとるハズだよ。

最初の”もつ鍋”がビックリするほど美味しくて、キャンプ飯にハマったんだよな。今思えば、モツ肉の下ごしらえもしてなかったので、脂でギトギトだったけど。(笑) でも、美味しかったんだよな…。まま、そんな思い出も交えつつ、続きを書こうと思います。

今回は、キャンプをするなら場所を決めるべし。(有料キャンプ場がお勧め)、計画は欲張りにいくべし。という内容を書かせて頂きました。

それではでは…、

アウトドアで非日常を感じる。いつもと違った一日、いつもと違う経験は貴方の生活に新たな活力を与えてくれる。そんな趣味を持っていれば、普段の生活もいつもと違って見えるかもしれません。

飛び出せ! 外に。非日常をいっしょに楽しみましょう。 自分自身の生活を充実させるために。新しいワクワクを感じるために…。

また、次回のアウトドア記事でお会いしましょう。

(。・ω・)ノ゙ し~ゆ~。

ゆ~。

ねこーん

8 COMMENTS

あかつき

火を起こしてコーヒーを飲んでくる、ではなくて
がっつりしっかりメニューですね!
どういう手順で進んで行くのか気になります!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください