( 'ω')ŧ‹"ŧ‹" 栗の季節だよね。

【チェロ】”ニーナ・コトワ”さんのCDを買ってみました。

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

Σ(゚д゚lll)ガーン なんで?

どうしたんでしょうね。

ねこーん

理由はわかりませんが、”Google searchconsole”でPV数が激減しています。でも、エラーが出たとかは無いんだよな。さては、Googleさんに面白くないブログだとバレたかな~。

まま、頑張って取り戻してゆきますよ。

ここから本編

今回の話題は【チェロ】です。

( ^ω^ )ニコニコ 買ってやった。

勢いですよね。

ねこーん

今回はチェリストの紹介になるかな。新しいCDを購入したので、それの自慢も込めて。(笑) 

CDを購入しました

( ̄ー ̄)ニヤリ 仕方なくだよ。

こうやってお金が無くなるんですね。

ねこーん

現在の状況

前回の記事でも書きましたが、チェロ本体の購入は9月まで延期しました。まま、コロナの状況を見ながら…なんて思っていたんですけど、ここへ来てかなりの罹患者が出てますよね。

(・ε・)ムー  ますます遠くなるのぅ…。

ですね。

ねこーん

関東は諦めて関西へ…と思い直したのですが、その関西でもかなりの勢いで罹患者が出ています。

僕の方はと言うと、「基礎疾患持ちという事もあり、ワクチンを接種。」出来るコトとなりました。すでに1回目は接種しており、9月初旬に2回目の予定です。ですので、9月中旬~下旬まで待てば抗体は出来るのかな?

( ゚д゚)ウム 個人での準備はバッチリ。

ですよね。ガッツリOKなんですけどね。

ねこーん

でも、わざわざ罹患者多い所へ…、しかも、不要不急でない用事で行くのにも抵抗があります。もし罹患したら、会社に申し開き出来ないしね。

嘘つけば良いんじゃないですか。

ねこーん

(-ω-;)ウーン まあ、そうなんだけどね。

なので、9月中旬からは大阪の罹患数を注視しておきます。人数が減れば行きます、直ぐにでも。そんな思いを持ちつつ、レッスンを頑張っております。

CDを購入しました

いよいよ本題ですね。

コロナ禍のせいで自宅にて過ごす時間が増えました。まま、外にも出てますけど、積極的に出てはいけませんよね。本を読む、DVDを見る。いろいろとお家時間を過ごす方法はあるのですが、クラシック好きはやはり音楽を聴きながら過ごしちゃうのよ。

(/◎\)ゴクゴクッ・・・ 音楽を聴きながらの珈琲が…。

また、美味しいんですよ。

ねこーん

んでね、そんな事を知ってか、タワレコさんの攻勢が凄いのよ。どんどんお勧めの商品をメールしてくるねん。んで、どれも魅力的なタイトルやねん。

((゚д゚; 三 ;゚Д゚))ヒィィィン あかん、騙されてる…。

詐欺師の手口ですね。

ねこーん

今回もそんな中で購入したCDとなります。

「Cello Sonatas」 Rachmaninov & Prokofiev

(´・∀・`)ヘー モデルさんやって。

ロシアの人って多才な人が多いですよね。

ねこーん

ニーナ・コトワ

1969年ロシア生まれの女性チェリスト。

7歳からモスクワ音楽院でチェロを学び、11歳でソロデビュー。プラハ国際音楽コンクールでは優勝されていますね。その後、ロシア(当時のソ連)を離れ、ドイツとアメリカでチェロ修行。2017年に発表した、「バッハ:無伴奏チェロ組曲。」が高い評価を受ける。

僕の感想

出会いはYouTubeでした。

僕がチェロを弾き始めた理由は、「バッハの無伴奏チェロ組曲が弾きたい。」っていう夢からなんですよね。なので、時間があれば、いろいろなチェリストの無伴奏チェロ組曲を探して聴いています。

そこで、2017年発表の”ニーナ・コトワ”さんが演奏している無伴奏チェロ組曲を聴いたんですよね。

うん、カッコ良かった。

上手なチェリストっていっぱいいます。と言うか、CDを出せるレベルの演奏者はみんな上手いよ。だって、上手くないとCD出せないんだもん。

チェリストを好きになると言うか、演奏される音を好きになるんだよな。

良い楽器を使って、良い弓を使えば良い音は出るかも知れん。でも、その音が好きかどうかは別。その楽器を使って、その弓を使って、その人の技術で作り出される音が好きかどうか。これだと思う。

(゚д゚)(。_。)ウン グッと来るかどうかだよね。

なんか、表現に擬音が多いですね。

ねこーん

まま、この人が作り出す音にはグッと来たんだよな。カッコいいもん。

( ̄σ ̄)ホジホジ 決して、顔で選んだわけじゃないぞ。

疑わしいですケドね。

ねこーん

今回、購入したCDは無伴奏チェロ組曲ではないけど、”ラフマニノフ”、”プロコフィエフ”、”チャイコフスキー”と豪華なラインナップ。夏よりかは秋の夜長に似合いそうです。

まとめ

コロナ禍の中で辛うじて良かったコトと言えば、家で過ごす時間が増えたコトですかね。音楽を聴く時間もあきらかに増えたし、本を読む時間も増えた。

( ゚д゚)ウム お陰で積読本も減り始めている。

そこに関しては良かったですよね。

ねこーん

ネットショッピングも増えましたので、今回のような良作と出会える回数も増えましたね。

コロナ禍は簡単に終息しそうにありませんので、適した生き方を見つけておくのも良いかも知れません。じっくりとね、イロイロと見直す事も良いかも知れん。

まま、そんな言い訳もしつつ、このまま、良いCDをドンドン探してゆこうと思います。気になるチェリストも多いんだよな。巨匠と呼ばれる人も良いケド、近代でお気に入りのチェリストを探すのも良いかも知れませんね。

それではでは…、

人が生まれた落ちた日から、音楽は常に人と共にあった。

喜びの旋律を奏で、怒りを太鼓のリズムへ載せる。悲しみを歌い、楽しみを送り届ける。常に人と寄り添ってきた音楽には、何かを乗り越える力がある。悲しみを癒す力がある。そして、楽しさを与える力も。

No music No life

常に音楽は人と共に。

8 COMMENTS

mainichihime01

(((uдu*)ゥンゥン、同じ曲なのに、演奏する人によってうんと違う。

抗体は3週間後からと言われました。
大阪までの距離感がちょっと掴めませんが、
サッと行ってサッと帰ってくる、は不可能っぽい?

返信する
風のましゅー。

(((uдu*)ゥンゥン ソレも考えている。サッと行けないかなぁ…。

返信する
Nick Ollie

チェリストと言うとヨーヨーマしか知らないという、、、 美しいチェリストですね。しかも音が力強くて美しいのね。
早くチェロを買えることを祈ってます!

返信する
ビー玉

大阪増えてるからなぁあああ
緊急事態宣言が14日解除される予定だから、その頃にはへってるといいんだけどねぇ(;´д`)トホホ…

返信する
あかつき

マスク手洗いやってても防ぎきれない可能性があるので今はリスクが高いですねー
お昼のテレビで大学中退して東京芸大受けたら受かってその後プロ奏者になった方が出てました
楽器を弾ける人生って憧れます

返信する
風のましゅー。

そうなんですよね。(´・ω・`) 早く行きたいけど、もう少しリスクヘッジしてからかな。

返信する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください