( 'ω')ŧ‹"ŧ‹" 栗の季節だよね。

【映画】”億男” 話題となった小説の実写化。評価をバシッと書いてみます。

映画

こんばんは ましゅーです。( -д-)ノ

(/◎\)ゴクゴクッ・・・ 秋だねぇ…。

お茶をゴクゴク飲んだら、風情がありませんよ。

ねこーん

僕が住む愛媛ではすっかり秋に衣替えをしそうです。残暑がキビシイんじゃないかと思っていたんですケド。温度も下がっており、何だか、「秋も短くて、一気に冬が来るんんじゃないか…。」なんて危惧しています。

遊びに行くなら早く予定を立てねばならんね。コロナを避けつつも。

ここから本編

今回の話題は【映画】です。

( ゚д゚)ウム 豪華だと思ってたんだよな。

スタッフの力が関係してるんですかね?

ねこーん

本屋で小説を見つけてから、ずっと気になっていたタイトルです。

ソレでは早速どぞ。

作品について

おぉ♪(ノ)’∀`(ヾ) 豪華やん。

スゴイ出演陣ですね。

ねこーん

今回、紹介する作品はコチラです。

億男

( ̄。 ̄)ホーーォ モロッコって綺麗だね。

雑多な感じがしますけどね。

ねこーん

原作について

”川村元気”さんの同名小説が原作となっています。2015年に本屋大賞にもノミネート(結果は10位)していたので、見たことあったんですよね。

川村さんは映画プロデューサーであり、小説家であり、脚本家であり、映画監督であり、絵本作家。非常にマルチな才能を持たれている方です。3歳で初めて”E・T”を見て、その後、新約聖書、旧約聖書を読み始めたとか。(wiki情報)

(゚Д゚;) そうなるんや。

E・Tから聖書って想像は無かったですね。

ねこーん

監督&出演者

監督 大友啓史
一男 佐藤健
九十九 高橋一生
万佐子 黒木華
千住 藤原竜也

( ̄。 ̄)ホーーォ いや、むだに豪華。

無駄って言うな。

ねこーん

この他にも”沢尻エリカ”さんとか”北村一輝”さんとか出てますもん。豪華な出演者です。しかし、僕が以前から不思議に思っているのが”黒木華”さん。

正直ね、今までの美人とは少し違うじゃないですか。いや、お綺麗なんですよ。でも、なんだろな、「平安時代的な顔をされていると言うか、何と言うか。」でも、多くの作品に出ているのを見ると好まれる顔なんでしょうね、日本人に。

(゚д゚)(。_。)ウン ホッとする顔なんだよね。

あっ、それ、わかります。

ねこーん

作品内容

兄貴の保証人になった。そうすると、3,000万の借金が出来た。

昼は司書として働き、夜はパン工場でバイト。明け方に家へ戻り、泥のように眠る。この暮らしがあと30年以上。妻と娘は家を出てゆき、生きる希望もない—。

お金という魔物に喰われた一男(佐藤健)。これからの人生、灰色の景色しか見えないその目に、生気は宿っていなかった。

そんな一男に転機が訪れる。ひょんな事から手にした宝くじ。その宝くじが3億円に化けたのだ。

「これで元の生活に戻れる!」

喜びが爆発すると同時に一抹の不安が一男の頭をよぎる。”高額金の当選で身を滅ぼしていった者たち。”今まで気にも留めなかったそんな人生が、いま、彼の前に横たわっていた。

不安に駆られる一男に思い出されたのは、大学時代の親友である九十九(高橋一生)。彼は大学を中退し、100億の資産を持つ起業家になっていた。

「一男君、お金のコト知ってる?」

大学時代からお金の本質について探求していた九十九は、そんな言葉を一男に投げかける。

「先ずはお金を知ろう。そのために、このお金を使ってみよう。」

九十九の家で大きなパーティーが開催される。最初は疎んでいた一男もそのバカ騒ぎに飲み込まれてゆく。泥酔から目覚めると、3億円と親友が消えていた—。

ましゅーの評価

( ゚д゚)ウム 評価してみるか。

作品評価
演出
(2.5)
ストーリ
(3.0)
役者
(4.0)
総合
(3.0)

僕の感想

(`・ω・´)シャキーン では、感想を。

よろしくお願いします。

ねこーん

答えはすぐわかる。

開始15分で、「こういう話なんだろうな。」っていう想像がついちゃいます。そう言う意味では、ワクワクもハラハラも無かったかな。

いや、決して面白くない訳ではないです。どちらかと言うと”啓発本”に近い内容だというコトです。

お金は何も変わらない。お金を変えるのは人なんだ。

この文言には感銘を受けましたね。僕が思っていることを上手に文章へ変換してくれた感じかな。

(((uдu*)ゥンゥン まったくその通り。

真実だと思いますよね。

ねこーん

お金を不要なモノと言うつもりは毛頭ありません。価値として物事を測るスケールは絶対的に必要なので。でも、それに支配されると本質を見失うと思います。

「金は命より重い。」漫画カイジ、利根川の名セリフです。でも、人の命より金が重くなるとバンバン犯罪が起きるんだよな。治安も悪くなるし。

映画と言うより、啓発本として見た方が良いかも知れません。でも、良い勉強にはなりますよ。興味がある人はぜひ。

ではでは…。

映画って本当に楽しいですね。また次回の映画紹介でお会いしましょう。さよなら×3

(。・ω・)ノ゙ し~ゆ~。

ゆ~。

ねこーん

8 COMMENTS

たき子

序盤で読めちゃうのは残念ですね^^;
そうそう、お金は使うもので使われるものじゃないものね!

返信する
あかつき

佐藤健も高橋一生も大好きなので見ました!
もう少しひねってあっても…とも思いましたが
視覚的には満足ですね!!

返信する
風のましゅー。

いや、勿体なくはないのよ。( ゚д゚)ウム 先が読めちゃうだけで。

返信する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください