(☼ Д ☼) クワッッ!!! 俺の背後に立つな…

【雑談】”さいとう・たかを”先生死去。お悔やみを申し上げます。面白い作品をありがとうございました。

雑談

こんばんは ましゅーです。

(・ε・)ムー  仕方がない事とは言え。

寂しい話ですよね。

ねこーん

驚きのニュースが入って来ましたので、コチラを先におとどけですね。

ここから本編

今回の話題は【雑談】です。

(`・ω・´)シャキーン 俺の背後に立つな…。

ブリーフパンツも有名でしたよね。

ねこーん

キャンプ記事を纏めているところですが、驚きのニュースが入ってきましたのでコチラから記事にします。「近いだろうな…。」なんて思ってはいたのですが、遂にです。いざとなるとやっぱり寂しいです。

それでは早速ドゾ。

さいとうたかを先生死去

(´・ω・`) 寂しい。

ですね。

ねこーん

さいとう・たかを先生死去

劇画家で有名な”さいとう・たかを”先生が死去されました。御年84歳、すい臓がんを患っていたそうです。

「ゴルゴ13」連載53年 劇画家さいとう・たかをさん すい臓がんのため死去

「ゴルゴ13」の作者で知られる劇画家のさいとう・たかをさん(本名・齊藤隆夫)が24日にすい臓がんで亡くなっていたことが分かった。84歳だった。葬儀は親族のみで行った。

Yahooニュースさんより引用

ビックリでしたね。つい先日、”ベルセルク”で有名な三浦先生が亡くなられたばかりですし、劇画家さんの訃報が続いて心配しております。

(ノД`)シクシク シーンが盛り下がるね…。

寂しいですケドね。

ねこーん

さいとう先生の作品

剣客商売とかも有名でしたし、鬼平犯科帳も有名でした。僕はサバイバルも大好きでしたけど。

でも、さいとう先生と言えば、

ゴルゴ13

だと思う。(異論は認める。)

さいとう先生のファンじゃなくても、ゴルゴ13を知らない人は居ないんじゃないかな。僕も初めて読んだ時に衝撃的でしたもん。「えっ、ブリーフパンツなんや!」って。(笑)

そこですか。

ねこーん

( ̄σ ̄)ホジホジ だって、本当にビックリしたもん。

内容もね、面白かったんですよ。超一流のスナイパー、依頼金は高額だが狙った獲物は逃がさない。いわゆる、東西冷戦なんかの背景も良く描かれていたし、「ゴルゴ(デューク東郷)その人には思想がない。」事がまた物語に厚みを持たせる。

マイケル・サンデルの”これからの「正義」の話をしよう”ではないのですが、正義や常識って、「その人の立場や生い立ち、国や人種によってずいぶんと変わる。」ものなので、複雑な情勢が絡むストーリーって、「主人公が変な正義を持っていると話が分からなくなる。」んですよね。

何が正しいのか、何が正しくないかは読者が決めれば良いこと。なので、依頼金さえ貰えれば神まで殺しそうなゴルゴって、ストーリーテラーに向いているんです。

「どうやって調べてるんだろう?」って思えるくらい、ゴルゴ13には濃い内容が書かれている事も驚き。もちろん、創作で書かれているんだろうケド、あるカモ…と思えるストーリは秀逸。

また、世界情勢の勉強にも役立っていたような。さまざまな国のスパイ組織をゴルゴ13で知ったという人も多いんじゃないかな。

( ゚д゚)ウム KGBとかFBI、CIA、MI6とかね。

協力したり、敵対したり…ですよね。

ねこーん

ただ、作品だけで言うと、「ゴルゴ13の連載は継続されるらしい。」です。先生の意志で準備されていたみたいですね。先生の死後も連載を続けられる様、さいとう・プロダクションを再編成していたのだとか。

失うには惜しいキャラクターですからね。だって、臆面もなくブリーフパンツが履ける男だから。

まとめ

お疲れさまでした。

先ずはコレですよね。多くの作品を世に出した功績は称えられ続けるモノでしょうね。ゴルゴなんか、「1968年から連載が始まって一回も休載なし。」ですからね。

これは生半可な仕事ではアリマセン。まさにプロです、プロフェッショナル。そういう意味では、先生こそがゴルゴのモデルだったのかも知れません。

(;゚д゚)ゴクリ… という事は、先生もブリーフ…。

怒られますよ。

ねこーん

ゴルゴの最後は決まっているそうです。さいとう・プロダクションの金庫に最終原稿が保管されているそうですので。先生が万が一の時には…と言う話は昔から有名でしたが、しばらくはゴルゴの最後を見る事は無さそうですね。

(゚д゚)(。_。)ウン とにかく。

ですね。

ねこーん

さいとう先生、長い間、お疲れさまでした。

それでは、今回はこの辺で。

し~ゆ~

ねこーん

6 COMMENTS

あかつき

内容が多彩で国際情勢や社会情勢の知識が必要ですよね
シナリオは専属のライターさんがおられますね
秋田書店に行ったときたまたま打ち合わせされてるのを見たことがあります
偉大な作家さんが亡くなるのは寂しいです

返信する
風のましゅー。

( ゚д゚)ウム 読みなはれ。たぶん好きなジャンルではないが。

返信する
たき子

子どもの頃に親戚の家にあった雑誌で読んだというのが唯一のゴルゴ体験です。
幼なすぎて国際情勢など難しいことは当時は知らなかったのですが、無表情で人を殺したあとすぐに女性のとなりでベッドでタバコをくゆらせている姿は子ども心にも印象的でした(*´艸`*)

返信する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください